スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうバーローなんて呼ばせない!

今週はさっそくハトプリですよ。もう3回くらい見たんで。

出陣したダークプリキュアにアゴで使われることに憤るサソリーナさんですが、
最も憤るべきはその姿が似合いすぎる自分の体たらくだとわかってないあたりが微笑ましいです。

宿題をやっているつぼみと、彼女にイチャつこうとするえりかが最高の百合おかずで朝から参った。
こんな感じでネトネト絡み合うエロ同人、誰か早く作って!

プリキュアによる風評被害という地味な手段に出るダークプリキュア。
そこはもっととんでもないことしましょうよ。街頭で鳩山批判とか(ちょ)

やってきたプリキュアたちは圧倒的強さで一蹴され、シプコフまで人質に取られてしまう。
えりかの言動からもタルみというか食傷感が見られた矢先だけに、ショックの敗戦である。
コッペ様の放つ得体の知れない癒し力に甘えていると、月影さんに
真の友情とはなんぞやと皮肉られる。この辺の台詞回し、無意味に解釈が難しいのですが
個人的には
「迷っているようじゃシプコフに対する思いは友情足り得ない。
 ともかく助けに向かうのが第一であり、そのこころがプリキュアの力の源だ」

と諭したかったということにします。そうするとゆりさんがプリキュアの事情を踏まえて
横から話しているという伏線が残るので。

ハッパをかけられ無策で突っ込んできたつぼえりを、大量のスナッキー軍団が迎え撃つ。
っていうかようやくまともに戦闘員として出てきたなこの砂ショッカーは。
為す術無し万事休すのプリキュアを救ったのは、学生服姿へとキャストオフした絶望先生、もとい
どこの誰とも分からぬ人。うーん、やっぱりコッペ様なのかなあ。
いちいち取り出すハートのワンポイントは、もしかしたら後期プリキュアがパワーアップするための
追加変身アイテムかもしれません。

危機を脱し、シプコフも取り返して反撃開始。
今回の戦闘シーン、馬越大将を筆頭にやたらとスタッフが豪華で、すわ作画崩壊と見まがう
コミカルなアクションは、グレンラガンでも活躍していたガイナのすしおさんなどが参加しており、
特に必殺のプリキュア大爆発がどうみてもグレンラガンであり本当にありがたくなります。
「OPの技を早くやってくれマリーン!」と切望していた人は少なくないでしょうが、まさか
二人同時で、しかもすしおさんが描くとは完全に予想外。本当に子供向けアニメかこれ…。

しかしそれでもダークプリキュア、略してダークさんは強い強い。
フォルテッシモすら邪気眼パワーで跳ね返し、変身まで解除してしまいます。
ダークさんの台詞や右目の生気のなさからして、どうやらダークさんはサバーク博士から
なんらかの調整を受けているようで、かなり斬新なプリキュアになってしまっている模様。
しかしいつの間にか居合わせていたゆりさんの姿を見つけると、思わせぶりな態度を残して
去ってしまった…。プリキュアがチームを組んでいるのが習わしだと考えれば、ダークさんは
かつてのムーンライトのパートナーだったのかもしれません。

さて、今週のベストショット。
今回は作画がキレていたため一つに絞ること叶わず。結果残ったのは
・「宿題なんて夜にやれば~」としなだれかかるえりか
・コッペ様の腹によじ登るえりか(ちょっと噛み付いてる)
・プリキュア大爆発の顔芸
・無駄に作画に力が入っている女子サッカー部の
 ポニテちゃん


という事で一つ。以下他のアニメについて。

more...

上目遣いは私的嗜好的にも大変相性が良い

さてプリキュアですよ。
初めて大きく作画が揺らいだ感が残った回でしたが、お話が良い感じなので相殺!
今週はつぼみの家族にスポットが当たりました。主人公のバックボーンは、トラウマ伏線以外は
さっさと消化しちゃった方が便利なので、序盤の掴みとしては上々かと。
あと今週からOPが元に戻ってくれてありがたいです。その代わりEDにヘンなの挟まって
ブチきれましたが。

今回の被害者はつぼみパパンの尻穴奴隷、じゃない後輩の小畑さん。
こんなヒョロっちぃ青年が事ある毎につぼみを追い掛け回して「お願いだ!」と頭を下げていると
まるでつぼみの脱ぎたてパンツが欲しくてしょうがないド変態に見えてきます。



ごめん、それ俺だわ



いや違う、やっぱ俺じゃないよ?
だって俺はえりかのパンツの方が



なんか遠くの方からスターライトブレイkなんとかが飛んできて頭が冷やされたので
普通の解説に戻ります。
真面目に解説します、ごめんなさい砲撃とレズの神様

more...

もーも姉になってえーりかのあられもない姿をスニーキングしたーイヨー!(CV:デザトリアン)

二日酔いになるほど飲んだくれてもプリキュアの時間が来るとスパッと起きる。
数年ぶりに子供向けアニメで完全調教されてる石川さんですこんばんわ。

バーローの人だと思っていた月影さんが実はムーンライトらしいという事で普通にビックリしてしまいました。
というか正直なところ御歳も大分だろうに、ローティーンレベルの声を当ててもさほど違和感のない
久川さんはやはりすごいと思いました。
声優ネタで言うならえりかママの声が氷醒さんなのもグッド。この時間帯に彼女の声が聞けると
なんだか嬉しくなってしまいます。こたけー!

今週はもも姉にスポットが当たる=えりかのモヤモヤやムシャクシャが
眺め放題という超弩級の御褒美回
で最高と言わざるを得ませんでした。
デザインを見られて赤面してしまうえりかマジ最高! 人の中心にいて皆を引っ張るポーズを取っているのは
自分の一番誇りたい所に自信が持てない現状の裏返しなのかもしれませんな。

そして姉妹は逆が然り。
自分の夢をかなえるという、えりかにはまだできるかどうかも分からない大業を果たしている
ももかにすれば、そのせいで失い、取り返すことも出来ない「まとも」をえりかが
たくさん抱きしめている事にコンプレックスがある。
ラーメン屋に続きなかなか深いところを捉えていて相変わらず教育的で面白いです。

今週は戦闘シーンでもブロッサムがまさかの活躍。
でも大友視聴者の大半は
「そこはおしりパンチだろJK…」
と嘆息したに違いない。この変態どもめ! ただし俺含む!

んで、こころの種が姉妹揃って収納されていましたが、なにやら次回はついにつぼみが
砂漠の使徒の毒牙にかかってしまいそうな予感が…いいねその展開、どんどんやってくれたまえ!

んで、またしでも食玩に手を伸ばして300円のラムネ付フィギュアを買ってみたんですが
ビックリするくらい出来がよくて食いかけのラムネ噴出すほど感動しました。
塗りの精度、特にブロッサムのが異常。これが300円で買えちゃあ美少女フィギュアメーカーも
立つ瀬がないってくらい。CMで流れてるキュアドールよりリアル頭身に近いのも絵描きにゃうれしい。
惜しむらくはマリンとの身長に大差がないことですが(注:マリンも出来はいいです)
手頃なんてもんじゃない優良コスパ具合に大友冥利につきました。これはみんな恥を忍んで買え。
フレプリ知らない俺もピーチは買うわ。

CDが壊れそうです

ハトプリのCD大回転中。
よすぎる。よすぎて付録DVDとアイマスのMS春に手が伸びてないくらい。
そして今週の番組もますます面白くてもはや困るレベル。

人として最終手段の身内買収でファッション部をムリクリ成立させるえりかが黒かわいい。
でも裏表なくて単純に必死だからズルい感じが不思議としない。
というか前からこうやって部を維持し続けてきたんだろうなぁと思う。番組開始でもいきなり部員辞めてたしね。

そして速攻で終了してしまった誤爆恋愛にバリ凹みするつぼみがたまらん。
ヘタレると眼鏡かけちゃうところがさらによい。
まだ序盤とはいえ、ハトプリのいい感じなところは二人共に見せ場を分けている所だな。

うさぴょんに頬ズリかます会長がヘブン状態すぎて、ありがちだけど萌えた。
でも桑島さん、そこはもっとキャピって欲しかった! アンタのキャピ声は国宝級の威力があるというのに!
ここ数年意欲的に難儀な役に挑むことに定評がある彼女ですが、それに対して売れっ子当時の
キャピキャピバカ声を極力出さないようにしてる気がします。なんかあるのかね。

身体能力に秀でた会長を媒介にしたせいなのか、今週のデザトリアンはスキがなかったですね。
あまりに秀でていたせいでコブラージャまでブチのめされててサイダー噴きましたが。
しかしなんで素材がオヤジの銅像よ。まあうさぴょんヌイグルミだと第二話とかぶっちゃうか。

マリンも新ワザで応戦など、相変わらず多芸です。これでパフュームとか使い出したら手がつけられん。
技に秀でていなくても、肝心要の心構えは誰にも負けないブロッサムもかっこいい。

来週はムーンライトの転生体と思しきもも姉と、バーローの正体?な子にスポットが当たるようで。
友人関係でライバルとか燃えるのう。武者震いがするのう。

more...

拒否された○ーメン!

そんなわけでプリキュアですよ!
とか思ってたらOPが劇場版の宣伝用に挿し換わってていきなりガッカリ。
ニチアサキッズタイムのこれは本気でうざい…。

えーっと今週はなんだっけ。
○ーメンで商売するお父さんが最近遊んでくれなくて不満で体が疼いちゃう男の子の話だっけ
(だいたいしかあってない解釈)

なんかコッペさまの秘密がまたムダに増えたような……胸毛の中身どうなってるんですかっていうか
サラッと腕伸びてません!? どんどんキモくなって行くのに不思議な威厳がたまりませんね。
それにしてもシプレとコフレも元気に動き回っててかわいいなぁ。

とりあえず一ヶ月見た総括として思ったのは、えりかはいわばリア充なんだなぁと。
元気一杯前向きにシャキシャキ生活してて、それが周囲にもエネルギーを与えて華やかに生きている。
つぼみは色々と後ろ向きな分、寝起きやファッションなど生活面でも緩みが見られる。
でも裏返せばそんなえりかだからこそつぼみのような平穏な普通人に親しみを覚えて気安さを求め、
つぼみもえりかのように華やかな隣人と親しくなることに喜びと、自分がひと皮剥ける充実感とを
得られるわけで。よく計算されているというか、生々しい関係ではあります。

今回はジェラシーとエディプスコンプレックスが混ざり気味の、序盤としてはなかなか難しい話に
意欲的に取り組んでいた良作回でした。涙するデザトリアンに不覚にも。
キメ台詞が思いつかないことに悶えるえりかもナイス。

それにしてもえりかがラーメン好きってハマりすぎてますます萌える
流行りものが好きだからってオサレなものしか求めないのはつまらない、っていう雑食系の雰囲気が
絶妙に背伸びの出来ないガキっぽくて愛しい。
事件解決後に早速三浦くんの悩みをブチまけようとする空気の読めなさっぷりも最高。
やはりえりかはこうでなくては。

次回はついに新レギュラーのカメ子ちゃんが登場ですか。
そういえばフレプリといい、プリキュアは作品世界の中で妙に有名というか、地域密着型ですね。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。