スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうみんな。俺たちはこの先ずっと幸せだ。

劇場版グレンラガン・螺巌篇みてきたー!
すっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっごく面白かったぁ~~~!!!!
続きの方にそこそこネタバレのある感想入れておくので観れる人は観てから読んで下さい。

だもんげ、きょうは疲れたから寝る。
紅蓮篇の四天王打破直後からと、前後編に分けるにはチト分量が偏っていたものの
その偏重をまるで感じさせない素晴らしい構成だったと思います。
螺旋王がアバンタイトルで打ち破られるなどオイオイと思うところもありましたが、
それを補って余りあるスピード感が見事。
そのテンポの調律のために惜しげもなく新規カットを導入しているのですが、それが
ブツ切りの間に差し挟むような単純さではなく、TV版の絵そのものの中に入れるなど
劇場版ヱヴァでもやらなかったような採算の悪い事をギッチリやってくれてる事を特筆したいです。
この目論見の素晴らしいところは、新規カットの「挿入」ではなく「融合」の形を取る事で
TV版のカットの古臭さや「一度見ているもの」感を浄化する働きもあるところですね。

客観的に見て印象的なのは
・一見さん視点でも「単なるTV版ファンへのサービス」に終わらない編集力
・それでいて一見への説明に終わらない、充実した新造エピソードの乱れ撃ち
と、相反する二つの印象を持たされるのはスゴイコトだなーと。
それともう一つ、
「劇場版がグレンラガンの最高形態ではなく、あくまでアナザー・グレンラガンだ」
というスタッフの主張が強く伝わってきました。その辺の理由は後述。

シナリオ的に印象強かったのは
「劇場版はキャラクターが総じてより感情的になっている」点。
それゆえに「こんな考え方・言い口はシモンじゃない」と思う反面
「シモンだって人間だ、やっぱりこう考えてるところもあったろうな」みたいな同情も
感じさせられました。
あとロシウの独裁やシモンへの断罪など、ネチネチした部分が大幅カットされてるのも
スカッとした印象の一因かと。
刑務所でヴィラルに見せた螺旋力のビジョンが、かつてのロージェノムと同じ
「下向きのコアドリル」である理由など、なかなか重いです。

あとがきで核弾頭こと中島さんが語っている通り、文庫版4感は螺巌篇の草稿でもあり、
そこで読めたエピソードが随所に再配分されてるのもニヤリとさせられます。
刑務所でヴィラルをかばうシモンとか特攻前のキタンとかね。
ムショを中心に、3部辺りは誰もが仕方なく冷淡になってる部分があったのですが、
劇場版ではその辺がはっきり言えば幼稚に、褒めて言うなら熱く描きなおされてます。

アークグレンラガンもギガドリルブレイクやってくれました。
ていうかアンチスパイラルに占領されたカテドラル・ラゼンガンを単騎で止めるとか異常だろ!
でもアークはホントに一瞬出ただけって印象なので救済乙です。
尺を詰める意味もあるでしょうが、いきなり超銀河グレンラガンになってくれるのも嬉しい。

第四部はほとんどが新規と言ってもいいくらいの大盤振舞いで、上映中ずっとワクテカしてました。
ビクッとなったのは螺旋力の逆流でシモンがしっかり肉体に傷を負っている点。
TV版だとギガドリルが砕けた時に腕を押さえて苦悶しますけど、劇場版は血まみれですから怖いのなんの。

キタンの特攻は…控えめに見てもTV版の方がイイと言えます。断言しちゃう。
しかしキタン亡き後、涙をばら撒きながら敵機を殲滅するヨーコの姿を見て胸が詰まる。
こんな一瞬のカットで帳消しにされてしまうのだからうれしい悲鳴も上がる。

他にも上記ではスカッとすると書きましたがロシウの独裁と苦悩は展開上必要だった。
そしてキタンは特攻するのにゾーシィ他のガンメン乗りは生き残った。
この辺を束ねて考えるに、構成スタッフは
「TV・劇場版の両方を合わせて各キャラの見せ場と救済をイーブンにする」事を考えていたのではないかと
思いました。
キタンやロシウはTV版でもう充分魅せきった。あとはまだ報われてない他のメンバーで行こうぜと。
そしてこういう思い切った舵取りが前述の「最高形態ではなくアナザー」という部分につながります。

そしてラストバトル…圧巻でした。迫力もさることながら、中島核弾頭のスーパーかずきタイムっぷりが。
一旦破壊された天元突破グレンラガンから他のスペースガンメンが超銀河化するのはまだしも、
天元突破グレンラガンを超えた超最強ロボットがカミナの兄貴だとは思わないじゃない…。
そして同時進行するインフィニティ上川隆也タイムっぷりも。ノリノリじゃないか!

最後の最後、シモンとアンチスパイラル、死力の素手喧嘩シーン。
10年の時を経て、ついにスクライドの最終回並みに「ほんとに痛そう」な殴り合いを見れました。

そして結局ニアが生き残る事は無かった。仕方ないのかもしれない。

EDは紅蓮篇と似ています。が、感動っぷりは比じゃない。
ゴメン、白状するとやっぱりエンドロールで泣いてしまったわ…あの転換は無いよ、ずるいよ…。
おもわずEDでは使われなった「みんなのピース」が脳裏を流れて耐えられなかった。

ともあれ、本当に楽しかった!
ロボットものという軸に高密度の喜怒哀楽を詰め寄せ、それを作品のメッセージやテーマで
ギュウギュウに縛り上げた超高級ハムのような一品でした。
よほどのことがない限り廃れえない不朽の名作でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

グレンラガンを愛する気持ちが伝わってきました!
そうかこれが石川さんの螺旋力か。

No title

ウヒヒヒ、螺巌篇最高だ…次のイベントの帰りにまた観に行くわ。
グレンラガンは本当に色々な技術や執念が映像に織り込まれたすごい作品なんで、
一生モノの記念作品になると思う。
これを契機に模写とかして画力底上げでもしようかしらね。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。