スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふかふかさんが○○○作りを始めるようです 【第一回】

アマガミファーストプレイ、無事里穂子のスキルートをベストクリア。ふにゃふにゃしてて可愛かった。
TLSから今までは良くも悪くもおままごとのような男女関係を表現してきてたんだけど、アマガミは
けっこう色っぽいというかあざといというか、流行りの漫画のような媚びがあって面白いです。
とっつきにくそうなシステムだけどわりとサクサク進めましたし。
でも運任せの要素が全くなさそうだから神風起きなかったりするのかも。

次のターゲットは河岸を変えて中多さんに。ワケあり。
そのワケは続きの方に。ネタバレ含みますので最低でも一周終えてる方だけどうぞ。


キミキスもそうだったけど、中盤ちょっとイベントがすかすかでダルい感じでした。
ひとりの好感度を上げると他が距離を置くよう調整されているせいか、プレイの選択肢自体が減って
しまうのが厳しい。エピソード自体は笑ってしまうほど多いためなまじの事では飽きないのですが、
周回プレイ向けという点では不足気味。上記の通り運任せが希少なので選択肢が狭いのは戴けない。

マッチング会話は程よくぬるくてプレイしやすい。エッチな会話がヒットするとガッツポーズが出ます(笑)
でもいまだにTLSSの篠坂さんに対する「官能小説って読んだ事ある?」を超える変態攻撃には
お目にかかれませんな。

[綾辻=ソエン]
メインターゲットにすえない限りものすごく面白みのないキャラで終わってしまうのは、そういう
仕様だから仕方がない。なにか家族関係に鬱屈を抱えてるような素振りを見せたくらいです。

[里穂子=スキ]
ふにゃふにゃだけど女々しくない、良妻的なヒロインに仕上がっているのにびっくり。
適度にこちらを頼り、適度にこちらを甘やかしてくれる、真の意味での癒し系ではないかと。

[薫=ナカヨシ]
中盤2週間ほど出てこなくなったと思ったら、里穂子へのポッキーゲームアタックを見咎められて
素でうろたえた俺マジキチ。
それにしても薫はかわいい! 萌えるとかエロいじゃなくて、なんつうか女の子
乙女と言うのともちょっと違うんだ。浮世離れしてないけれどしっかり色恋に煩悶がある様子が
しんぼうたまらんのです。次にプレイしたかったんだけどふかふかのせいで断念。

薫を進めていると痛感するのですが、今回の主人公はわりと心身ともにイケメンぽいですね。
仲の良いクラスメイトも多く、見知らぬ人に話しかけるのもさほど物怖じしない。
校内にスケベ本を隠す紳士的行為も変態のそれというよりは悪童のイタズラに見える。
何より、こんな馬鹿みたいにアクティブな主人公と薫のような子が付き合いイイという事が
主人公のサワヤカさを助長してる。

[七咲=ソエン]
まさに黒猫のごときクールさを纏いつつも、思いのほかニコニコと笑う気まぐれなスタンスが好印象。
口をあけて笑わないけど屈託なく笑って見せるという、アスリートライクが気持ちいいですね。
でも普通に話している時より、目を伏せてスッ…と横を通り過ぎるときが一番「らしい」と思います。

[森島=ロミオソエン
これはもう、ソエンに入ってからずっと血祭りに上げなければいけないアイツのおかげで
見ていられなかったからほとんど覚えてないです(^^)

そして……

[中多=………ソ、ソエン?]
正直、里穂子は可愛かったんですけどクライマックスからエンディングまでが印象に残ってません。
なぜなら疎遠になったふかふかがあまりにもインパクトありすぎて。
だってキモヲタ集団の同好会に勧誘された結果腐女子&レイヤー属性に目覚め、BL本作り上げてコミケに参加決定とかどこの三文エロゲコメディだよと。
しかもおぞましい事に作り上げた同人誌が主人公とウメちゃんのカップリングだというから
そりゃあみゃーも距離を置きますわな。というか今現在ヘビーローテしてるアニメがまかでみWAっしょいの俺にとって
その構成は生々しすぎる(梅原的な意味で)
ギャルゲーにおいてここまでバッドエンド感を俺に痛感させたのは「同級生」以来ですとも。
そんなわけで次回はこの苦痛を緩和させるためにふかふかのクリアに挑む所存。
それにしてもアノ中身を見てしまったみゃーはショックだったろうなぁ…め、目覚めなくて良かったね!

……とまぁ、苦痛の裏には「もしかしたら腐女りかけのふかふかとコミケデートできるんじゃあねーのか」
という淡い期待を持っている事は否定出来ない。というかアマガミはマジでどこに向かおうとしているのか。

[その他雑感]
そんなわけで触りプレイの時点ではこの「ソエン」が痛手を伴いつつも面白い構成だなぁと素直に
感心してたり。ふかふかが腐敗したりモリシマンがあんな事になってしまったり(^^)するのが痛手であり、
逆に「他のヒロイン一直線のプレイでも、そういった他ヒロインの違う一面が見れる」点を評価してます。
懐かしいときメモでいうと良雄が他ヒロインと付き合うまでの経緯を見れるような感じで、ある意味
なんとも古めかしい。石川さんは、ギャルゲーのヒロインは主人公を初恋とし、その奴隷になる事を
必ずしも美点と思ってはいないので、こういうイフによる掘り下げが見れるのはむしろ好ましいです。
ふかふかの件もダメージはすごいですが面白いしね。

うん、とりあえず充分面白いです。期待に応えるデキじゃないかと。
しかし今更ながら、この作品のビジュアルが立ち絵からイベントビジュアルまで目パチ口パクするのは
すごいよなぁ。おかげでキャラがすごくイキイキして見える。里穂子の可愛さの数割は演出に
支えられてると言っても過言ではないですよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

にししし

ふう。ようやくアマガミ逢ルートクリア~したので拝見させて頂きました^^
いや~恋愛シュミレーション初めてやりましたが、おんもしろいですね~♪
個別入っても他のキャラが見れるのとか選択肢がやたらあったりするのが個人的に新鮮でしたぁ。(会話モードはうまくいくよう何回もロードしたりしました)

それよりなによりヒロインみんな可愛すぎますわ☆
これはもう同人作家様に期待するしかない…いやお願いしますマジで!

ただ…
アマガミで今のところ唯一、要望と言うか不満みたいなものなんですが

なんでミャーが攻略できないんダァあああああぁ!

Re: にししし

アマガミは時間を進めるコマンドのおかげでワリと早くエンディング迎えられるから、
こまめにロードするくらいなら何周もする方が達成感あるかもしれませぬ。

みゃーはね・・・うん、そのうちなんとかなるよ、きっと。
あのビミョーにボサボサした頭とか、実にかわいげがなくて愛らしい。

アマガミの場合、うかつなエロ同人よりも
主人公の変態行動を4コマ仕立てにしてレポートしたほうがよっぽど面白いと思う(笑)
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。