スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりみんなチ○ポのケアが重要なんだよ

最近「クンニの達人とお伺いしました」という件名のスパムメールが来たので
対抗してスパムなエントリーにしてみました。

20090304.jpg
今月のハガキ。ぷにぷにバンザイ!
青空さんのおべべはバカっぽくて可愛いですよね。マンガの記号的な意味で「おこさま!」って感じ。

G's人気投票も結果発表され、世のトゥルー将軍様方がオオオと泣き崩れているようですが
我らがあさひさんの順位がガツンと上がっているので良しとします。言うてもマスコットよりのキャラなので
この子が上位に食い込む頃には日本の社会が崩壊してしまうと思うから、このくらいでいいです。
続きの方に個別のコメントなどを簡潔に。

それとは別に、順位を上から追って眺めていると3つの傾向が透けて見えるように感じます。
1つは「ギャルゲ的順当感」。ベビプリをギャルゲーの装丁として眺めた時に
「まぁこの辺がメインだよね」と思わせる鉄板風味が上位7名に感じられました。
恋愛対象として難しい幼児組が下に並びがちなのもそれに通じるかと思います。
やっぱりベビプリはシスプリの後継作として、そしてゆくゆくのゲーム化もファンに見据えられてるのかな。
個人的にはノベル形式がベストだと思いますけど。みぶ先生の生産力が明らかに追いついてない以上、
ゲームの原画も別の人が行うでしょうし、sion先生のイラストコミック寄りな絵で長時間、ギャルゲーの画面を
見続けるのは辛そうです。

もう一つは「紙面で扱われたキャラが上位」ということ。
十一位まで全員、雑誌のストーリーサイドで視点になったりメインキャラとして扱われた経験があります。
例外は夕凪さんと星花さんの空気年中マスコットカップルであり、それだけに
二人の不遇と突っ込みどころには涙が止まりません。
奇しくもこのふたり、初期設定からのブレが一番大きいという難点もありまして。
そう考えると人気投票自体を支えたのはネットの評価を廃した購入読者がメインなのかもしれません。
そりゃ雑誌だけ読んでる人にはあさひさんの愛らしさや蛮勇はうかがい知れませんからね。

後の傾向は「エロそうな姉妹が上位」ということ。
オレが把握してる限り、上位8名までは早くもエロ同人が存在しています(笑)
ユキまでエロ要員かよ! おまえらホントーに病気だな!
(かつて観月のエロ絵を描いて自分のサイトで公開している事からは全力で目を背ける石川さん)
まぁこれも仕方ない事だと思います。やっぱ好きが昂じれば恋や性の方に気持ちが傾くのは
キモオタのサガですし、そういう風に見れない面子が上位に食い込まないのはある種当然といえるでしょう。
[1位:氷柱]
まぁ当然ですよね。二連覇果たし、名実ともベビプリのメインヒロインと言える領域に来てしまいました。
ベビプリの良さを人に薦める上で「ギャルゲとしてみてもイケル子もいるんだよ」という点でもお役立ち。
しかしみぶ先生、書下ろしはありがたいけれどますます似てなくなっています(汗

[2位:ヒカル]
「等しく二連覇だが得票差は付いている。その大きさを知れ!」とひょうちゅうちゃんに居反られてるヒカル。
いじり甲斐という点でひょうちゅうちゃんに及ばないのが人気の分かれ目だったりして。
個人的にはヒカルの方がなんかエロいし大好きですけど。

[3位:吹雪]
これはもう、一番以外ですよね。姉妹の中では年少組な上にイロモノですから。
日記上での心に染み入る発言が多く、その草の根活動が功を奏した結果でしょう。
同人的見地からしても、ボケもツッコミも、果てはエロまでOKなのだから万能すぎる。

[4位:蛍]
個人的には意外です。もうちょっと下だと思ってました。
オイシイところはいっぱいある子ですが、日々の発言はわりとおとなしいのでネタとしての人気は弱そうだったから。
やっぱりみんなでっかいおっぱいやモッサモッサのインゲに惹かれているんでしょう
(注:本日現在、ホタの陰毛が濃いという公式設定はどこにもありません)

[5位:春風]
一番意外。10位にも入ってないと思ってました。年代は一番甘くてエロイ所なのですが、なんというか
春風さんの場合、オブラートに包んだ程度で「頭がおかしい」という表現を外せないくらいに
きゅんきゅんしてるからみんな引いちゃってもっと下位かなーと踏んでたんですが。
やはりいかがわしさの持つパワーは偉大だなぁ、みんな春風さんにおちんちんをきゅんきゅんして
欲しいものなんだなぁと痛感しました。靴下ダサいのになぁ、みんなもっと全身を見ようぜ。

[6位:立夏]
これも順当なところでしょうか。個人的にはホタと入れ替わってるくらいが双方丁度良い次第です。
可愛いけれどバカすぎて色気がなさすぎて、却って女の子らしい部分を蹴ってるのが立夏の特徴だから
人気の壁にぶち当たる部分は大きいと思います。

[7位:麗]
下がってしまいましたが上位メンツの濃さには勝てません。
最近では日記進退事件もあり、ツンの部分が下がってきているのも人気を下げた原因かも。
ツンデレキャラはツンツンしてるうちが華ですからねー。
相変わらず電車系のネタ切れを起こさないゴッドだけに、麗のクオリティは終了まで落ちないでしょうね(笑)

[8位:綿雪]
ふぶぶと並んで日記上のエエ話が多い綿雪。石川さんも大好きです。
紙面では「はかなげ」と表現されてますが、個人的にはユキにもっとも相応なイメージは「けなげ」だと
思います。ゲキレッドも納得のケナケナっぷりです。順位的には順当よりやや高めかな?

[9位:小雨]
19候補のどまんなかというビッミョーな位置あいがさすが小雨!
個人的にはもちろんもっと低いと思ってましたが、これも紙面で扱われた事が大きいのか。
いわゆる「いじめてちゃん」傾向が強いのも、おちんちん重視の読者に支えられた結果かなぁ。

[10位:霙]
屈指のネタキャラだけにもっと上かと思ってました。
雑誌だけだと妙にエロい人ってだけで終わってしまうので、やはりベビプリはブログも読まないと
もったいない。携帯サイトでも見れるようになってたりとかはしないのかな?

[11位:海晴]
最年長のオネエサマですが、それだけにハイティーンがメインターゲットというキモオタのサーチャーから
外れることが多いかもしれません。ブログを見ているとけっこうボケたところもあって愉快なのですが。

[12位:観月]
紙面では集合絵の一端としてしか登場していないのに大したものだと思います。こうなると
水着姿まで披露した夕凪さんマジ涙目。
最初はとっつきにくかったんですけどいつからか「言動は建前で思考は幼女」という深層設定が
組みあがってから爆発的に愛されるようになったイメージが強いです。
兄じゃと呼ぶようになってからは実に向き合いやすいキャラになりました。

[13位:さくら]
ヘタレというイメージ以外に定着しているものが意外と少ないさくら。
その自由度のある愛しがいが逆に泥沼の幼児組で上位をつかんだ要員かな。

[14位:あさひ]
企画当初は「コレがいるとギャルもの企画としてタブーすぎるだろ…」と危ぶまれてすらいたあさひさん。
しかし一年を経て彼女の愛され方は、他の誰よりもギャルゲのお約束から外れた微笑ましいものになったと思います。個人的にはやっぱりペットに近い感じです。
ギャグキャラとしても非常に行動力があるのがいいですよね。なんか食ったり汚したり。
ハイティーンだとアンチがつく原因にすらなる「ケダモノ」という動向も、年齢をここまで下げるだけで
むしろ慈しみすら覚えられるとは、ゴッドの手腕は相変わらず恐ろしい。

[15位:夕凪]
なんというか、おいしいキャラなのにゴッドがほったらかしすぎてる感は正直あります。
本来は立夏のやるような野獣のアクションを年中~年少世界に持ち込むのがお役目だと思うのですが
現実は逆に小雨級の刺身ツマちっくなキャラになってますし。
実際こういうファンキーなキャラが相手にされずひとりでションボリしてる姿は、想像するだけで悲しみを
通り越して身を切るような痛々しさを覚えてしまいにっちもさっちも。
二年目以降はひょうちゅうちゃんの出番を減らしてでもスポットライトを当てるべきだと思います。
ウチのサイトでもあまり相手していない子ですが、歳相応の女の子としては適度に痛くて
本当に可愛らしい子だと思いますよ。

[16位:真璃]
個人的にもっとも「どうしていいのかわからない子」です。かわいいけど、設定と外見があまりにも
原点そのまんまで却ってつっこみ所がないというか、マリーは自由にやっててくれていいよという印象。
他の姉妹と違って、長期の連載を通じて見えてきた部分が少ない、悪い意味で軸のブレがない子なので
特にマリーはキャラクターとしての紙面露出がほとんど無かったのも痛い。出てきたのは集合絵と、
あまりマリーっぽくない創作浴衣ですし。
来年次はもっと面白いところを出していかないと、この得票数すら維持出来ないかも。

[17位:虹子]
おっかしいなぁ、もっと上だと思ってたんだけどなぁ。
幼児組では一番キモオタへの訴求が高そうだと思ってたので意外な結果にビックリしています。
虹子もあまり紙面での露出がないですね。
おしゃまで行きたいのかやんちゃで行きたいのかというハンパなところも得票割れの要因か。

[18位:青空]
おねえちゃんのおかげで最下位二連覇を脱したよ!
ありがとう、ほんとうにありがとうおねえちゃん!


そんなわけで青空さん。すごく順当なところだと思います。
この辺が人気投票で上位に行かないのはもう仕方ないです。年齢層で枠を区切りでもしない限り
日の目を見る事はありえない。票で数えて設定する人気とは別のところに良さがある子ですから。

[19位:星花]
というわけで今期の残念賞は星花。
とても残念な結果ですが、ブログの展開においてもっとも初期設定と関係がない人生を過ごしたのだから
仕方ないとも言えます。ゴッドよりもむしろ、公式にコメントを寄せる超実戦派のトゥルー長男たちの方が
詳しいのだからなんともはや(笑)
日記をちゃんと読んでいる方々の大多数が「この得票数はいくらなんでも…」と思っているのでは
ないでしょうか。石川さんは思います。
しかしこれも紙面効果なのか、星花さんはピンナップでは立夏と一緒におっぱいをかじる程度しか
出てこないし、ストーリーサイドの語り手もゴッドの気まぐれで与えられた程度で、彼女らしさが
出るまでには至りませんでした。

だもんで、今後のベビプリは上記の中で紙面露出の少なさに阻まれたり、キャラ要素の堀り下げが
よれたせいで人気を逸した不遇姉妹の救済から始めていくべきではないかと思います。
邪険な言い方になりますが、今回上位に食い込んだ辺りはもう、ほったらかしといても人気が
維持できるでしょう。しかも誰かの仲立ちになれるキャラが多いので他の姉妹の話をしていても
横から出せる他、そういうキャラならマンガという手法で展開するsion先生も多用できる。
逆に今回不遇のキャラをさらに放置していくとsion先生もどうしていいか分からなくなるのではないかと。
(イラストコミックもあらすじはゴッドの筆ですけどまあ一応)

大きなお世話な意見陳情ではありますが、トゥルー長男としてもよりたくさんの夕凪さんや星花のカオを
眺めたいと願うのは本気です。今回の不遇ズが根本的にダメなのではなく、あくまで希望を持たせる
ダメさなんですよね。
時速160kmを投げれるピッチャーはマウンドに立ってボールを投げなきゃ始まらないのに、
サッカーボールを渡されてダンクシュートを決めろと言われてるようなモンです(ワケわからん事を言うな)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。