スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息をするのもめんどくせえ

グチなのでどしょっぱつから格納。
 
 
 
えー、実はですね。
あたしったら4月に母親が死にまして、リアルぼっち生活もかれこれ半年なんですよ。
以来と言っていいものなのか、最近生きるということ自体にかなり疲労が出てきたというか、
それが抜けないというかみたいな感じでとてもだるくて中二病みたいな日々を過ごしています。

今まで勤めていた仕事も辞め、今はハローワークからぶっちゃけ適当につまんだコンビニの仕事を
やっているのですが、まぁーこれが心身に堪えておりまして(コンビニってあーんなに大変なんだねぇ・・・)
最近気持ちが色々と塞ぎこみがちになっているのであります。
ついでにモバマスも大爆死が続いて、ガチャで一山当てなおすまでは引退無課金状態。

コンビニの何がしんどいって、業種を抱え込みすぎて完全にキャパがオーバーしてる所です。
少なくともぼくの容量はとっくに超えてました。
勿論コンビニといえばアホな高校生でも出来るようにと、業務の一つ一つが簡便なシステム化されては
いるのですが、それだけに工程を一つ間違えたり、時間が足らずに業務を一つ見過ごしてしまうと
生まれるミスが不釣合いにでかいと感じる。アクションは簡単だけどのしかかってる責任がでかいのよね。
ぼくそういうの酷く苦手で、何よりブサイクだと思うのです。
長年ポンチ絵なんか描いてたように、ぼくはどっちかっつーと一つの物事を隅々までやりこむ方が
好きな人間なので、簡単に済ませていいんだからチャッチャと済ませればいいという考え方がどうも馴染まない。

それでいて本質的にコンビニの仕事は無駄が多い。業務的には多分ココが一番嫌いで、イライラしている。
レジ袋やらペーパータオルなんかを床に落とすと
「そういうのだってタダじゃないんだから大事に使え!」とか言われるわけです。
それはもっともなのですが、毎日毎時間アホの塊のような量の廃棄食糧を出すのが普通の業態でありながら
そんな事でイチイチ刺々しくなられるとやる気が出ませんわ。
毎時の仕事が多いのも、廃棄損耗が多いのも、すべてはコンビニという業種特有の
「無駄なほどの便利さを売る」というコンセプトに基づいているんだなぁと実感しましたが、
ぼくはどうもその無駄さが耐え難い。

でも一番痛めつけられるのは、周囲の心無い態度。
ぼくは怒られる時に「ちゃんとやれ」「真面目にやれ」と言われるのが一番嫌いです。
何かしているからこそ発生するミスであるのに、何もしていない事を叱るように言われるのはどうしても
納得いかない。こういう言い口が出るって事はそいつの仕事をちゃんと見ておらず、
成果が出ない事を怠惰としか取ってないってことに思えてならない。
そして前述のようにコンビニの仕事は基本的に時間との戦いなので、仕事の進みが遅い奴がいる事に対して
どうしても周囲が苛立ちを隠せなくなってくる。シフトに同席する学生連中からヒシヒシと
「使えねぇ」「お前がいるくらいなら他の人がヘルプにきた方がいいのに」「社員(笑)」
みたいな剣呑な陰気を感じるわけです。

ぼくは母親の治療や介助の都合があり、長年アルバイトで職を変える回数も少なかったため
基本的に現場に対して甘ったれな部分があるのは自覚しています。
が、家族を全て失い、恋人もおらず、兄弟も家を出て自活しており、モバマスも爆死と
頑張るための何かを特に持たなくなってしまった今、こういう心痛や疲労に対して
踏ん張りが利かなくなってるなぁと他人事のように思う毎日。いついつでも
「なんでこんなことしてカネ稼いでなきゃいけないのかなぁ」としか考えてない。

まぁ遠からずこの仕事からもドロップアウトする事でしょう。
そのあとウッカリ自殺したりするかもしれないけど。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。