スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホライゾンII-2薀蓄(いいタイトル思いつかなかった)

そんなわけで3話を前夜に控えた今更自己確認も含めた薀蓄を。
より詳細なのはwikiとかニコ動見ればいいんだよ!ここ俺ルールだから!
 
 
 
・第二悲劇マクベス
誰もが知ってるW・トマス・シェイクスピアの代表作劇。
脳筋の王様が野心家の妻に唆されて国を簒奪したはいいものの、為政者としてのプレッシャーに負けて
ハッチャケ政治に乗り出したら下克上であぼーんされたというお話らしい。
シェイクスピアは自分の術式でこの劇を攻撃に用い、ネシンバラを襲った。

・シェイクスピアのスタイル
ネシンバラと同じ「作家」。
ベン・ジョンソンも「気をつけろ、彼は作家だ!」と警告を飛ばしているように、ホライゾン世界において
作家系戦闘職はある意味直接戦闘師よりも厄介な存在。
彼らは自分の表現行為で流体を操作し、局地的に現実を歪めて攻撃に転用する事ができる。
ネシンバラの幾重言葉は即興の作文を主神に奉納し、その効果を実現させるのに対し、シェイクスピアは
自分の完成作品を戦場に持ち込み、その状況を参戦人物に当てはめて再現する。彼女は
「同胞に狙われ、最期に倒れる」という性質を持つマクベスに、ネシンバラを当てはめるという攻撃に出ている。

・拒絶の強欲
アスピザ・フィラルジア。
身の程を越えた欲望によって害を撒き散らし自らも破滅するという「強欲」の大罪を含む大罪武装。
でっかいワンハンドシールド。
通常駆動では流体を使用する強力な個人盾に留まるが、超過駆動を開始すると
「持ち主が痛みと感じた干渉」を流体に換算し、盾の中に蓄積して外燃拝気として運用できる。
シェイクスピアはこの武装のOSをネットに常時接続し、持ち主である自分の「作品への批評」を
痛みとして受け止め、常に莫大量の流体を蓄積し、攻撃用の拝気に転用している。

・薬詩人のステキな術式
シリンダーから流体燃料を散布し、周囲の精霊を活性化させてから使役する事で、自身の肉体に
より強力なエネルギーとしてフィードバックする術式。だーかーら
五輪とか金メダルとか剥奪とか注射とかドープとか陸上とか
実在の人物とか一切関係ねーから!!


・「武蔵」さんの超ドリフト
「重力の向きを変える事で、全長10キロ級の艦隊が真下に落ちるような自由落下速度で前進する」という
重力航行というどチート技術で英国まですっ飛んできた武蔵。
そのままでは当然英国にブッコミかましてしまうので、唐突な慣性制御で進路を横殴りに修正し、
英国領海の周回軌道に入り、着港許可を求める形態に入っている。
こうなったら、領海に待機する事で中立を暗示している武蔵に、攻撃を続行すると逆に英国が
領土侵犯・および国際法違反に率先してしまうため、尖兵たちは引き上げざるを得ない。

・突然意味不明な事を言い出す二代
「まさか第一発見者になってしまうとは・・・!」
=裸ロープのトーリが中空に投げ出されて首吊り状態になってしまった事に最初に気付いてしまった
「拙者は味方で御座る(キリッ」
=とりあえずその場にいた一番偉い役職のセージュンのせいにする、というかそういう事になる筈と判断
「白州では有利になるよう証言いたそう(キリリリッ」
自分は白州の上に立つ人間ではない=自分に咎は全くないアピール
かくも二代は生来強度の天然な上に、鹿角さんの薫陶を受けたおかげで自分ルールゲージがパないのである。

・そもそもなぜ輸送艦を切り離す?
浮遊島の英国には仮装ではない本物の海が一部広がっているため、英国の重量圏内に収まっていれば
輸送艦自身の重力制御でうまーいこと海に軟着陸しうるため。
むしろ武蔵の重力圏内で振り回されてよからぬ衝突事故を起こす方が危険なのである。
ちなみに牽引綱を割断する際、蜻蛉切の刃には綱の他に裸ロープが映っているが、これは一度の駆動で
二箇所同時に斬る為・・・に見せかけて
「拙者、セージュンの指図で牽引綱を切ったで御座る=つまり、牽引綱が切れて事故が起きても拙者に責なし」
 or
「拙者、全裸暗殺の証拠を隠滅するために裸ロープを(ry =たまたま牽引綱も切れただけで御座る」
という鬼の論法が隠れていたりする。さすが槍本多、自分に瑕をつけない為ならなんでもしやがる・・・!

・エクスカリバー
英国の本土防衛用術式武装。
英国の地殻にぶっささった国宝「ex.王賜剣・II式(エクスカリバー・カリバーン)」を起動させ、
英国領内にいる敵性存在に対し『英国の外へ弾き飛ばされる』という属性を与える斬撃砲を撃ち込む。
射程は英国領内であればどこにでも。
大罪武装や聖譜顕装とは無縁の、英国に伝来する例の騎士王伝説を再現した兵器。

・フードの人
「傷有り」と呼ばれる謎の人。原作では英語を当てはめてスカード(scured)と書かれています。
横にいる丸いのはミルトンという名のカラス。ハナミやウズィのような走狗ではなく、実在の動物。
ベン・ジョンソンとよく似た精霊術の使い手で、速く走ったり輸送艦を殴り飛ばそうとした
シャイニングフィンガーみたいのがソレ。

・点蔵足速い
この男の地味に恐ろしいところは、こういった早駆けや軽業に、一切の術式を用いてないところ。
無論それには超人的な修練を要し、こういった地味な特技の諸々が彼を第一特務の座に据えている一因でもある。
もっとも最大の要因は「一番えらい実働に据えちまえば面倒事はほとんどあいつに押し付けられる」
というあたりが、武蔵連中の流石と言わざるを得ないところであるが。

・英国って?
人口浮遊島で構成された島。地理的には島根県の外っかわに浮いている。
多種族のるつぼと化しているため、様々な種族の生活様式に対応するため多層構造になっている。
区別がある事の必然として、下層に行くほど貧しい人や脛に疵持つ者たちの領域となっている。
重層統合騒乱の戦後処理において積極的に領地を要望しなかったため極東の歴史再現の役を殆ど負っておらず、
トップメンバーはほぼ全て英国の要人を単独襲名している。
教導院の制度も採っておらず、女王をトップとした親衛隊「女王の盾符(トランプ)」という名目を敷いている。
元ネタは勿論ハートの女王。

・ネシンバラの呪いと風当たり
シェイクスピアのマクベスに同化させられた事で得た呪いは、王を殺して位を簒奪するその役目のままに、
自分の意識とは無関係に、自分が王だと思っている存在に対し害をなそうとする。
そのため今のネシンバラがトーリに近寄ると何をしでかすか分からないため距離を置いている。
他の誰からも隠れているように見えるのは、人のいる所だといつ全裸が賑やかしに来るか分からないため。
ネットでネシンバラ関連の記スレが軒並み炎上しているのは、アリアダスト教導院が
「大罪武装を取り返すためなら戦争も辞さない」という強硬姿勢を提示したのに対し、いざ実戦となった今
明確に「勝利」と呼べる形勢を作れなかったことへの批判。要は
「戦争やるっつったわりに口だけかよ。一般市民の俺らワロエナス」ってことである。

・フアナさん
エスパニアの生徒会副会長。長寿族。
歴史再現にのっとりエスパニアの経済的衰退を達成するべくモリモリ浪費するダメ総長に代わり、
エスパニアの財務を切り盛りする女教師系メガネオッパイ担当。
先年再現したレパントの海戦で焼け出された孤児や貧民に施しをして回っている。

・フェリペ・セグンド
とてつもなく冴えないオッサンにして、エスパニアの総長兼生徒会長。
無能もここに極まれりというクタビレ中年で自覚もあり、暇があれば使いっぱに走ったり
教導院内を掃除したりしている。不思議と人望は厚い。
レパントの海戦に軍人として参加しており、一部の難民を救出している。

・快男児キャンセル→ダブル快男児
冴えないオッサンのくせして、日夜頑張る上に武装やおっぱいまで八大竜王のフアナさんに
出来心アタックをしかけるセグンドを評したギンさんのありがたいお言葉。
原作だとその男気をさらに具体的にして
「二重男根主義(ドブレ・マチズモ)」と唱えているが、
さすがに今をときめくドル声優に口走らせてはいけない言葉なのか、マイルドに修正された。
だのにチワワにはチンーコとか言わせているのが妙な所である。

・長寿族の少女
セグンドが戦地から唯一救出できた長寿族の少女で、今はどこかの孤児院で元気に暮らしているらしい。
助けてもらった事を非常に感謝しており、毎月欠かさずセグンドにお礼の手紙を送っている。
長寿族はいわゆるエルフに近い存在で、数千年単位をゆるやかに生長して生きる人型族。
生まれつき流体や精霊との相性がよく、そういった才覚の差異から人間を差別する気風もわずかにある。

・半寿族
長寿族とそれ以外の種族との混血。
長寿族側から劣等種としてけっこうな差別の対象となっており、逆に自分たちを差別していると感じる
人間たちからは「人間が長寿族と番ってんじゃねえよ」という逆差別の対象にもなっている。
3つの種族を大量に抱えるエスパニアで問題となっている内情の一つ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。