スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の赤ずきんちゃんは、オオカミのハラワタくり抜いて石を抱かせてハッピーエンドよ!!!

というわけでスマイルプリキュア見ました。
感想のほうは……
 
 
 
今すぐ名前をキュアハッピーハッピーに変えなさい!
じゃないとアンタ死ぬわよ!

(興奮のあまり、かなり昔の細木和子化する石川さん)



いやぁ、すばらしい滑り出しじゃないですか!
ハトプリはどれみスタッフによるプリキュアという補正も込みでありましたが(最後まで良かったけど)、
今回は従来のプリキュアスタッフよりにしていながらこのスタートダッシュ、実に見事です。
何から書きまとめていいかわからないくらい興奮したので箇条書きにしていきますわ。

・ハッピーバースデー、キュアハッピー
第一回の好感触を象徴するのがメイン主人公であるみゆきさんの存在感。
エンジンの掛かり方がちょっと変な、オモシロ系担当のようで。
日常系アニメでヒットが生まれる場合、往々にして「可愛いこと自体がオモシロになっている」という味が
あると思うのですが、それとは逆にみゆきさんは「オモシロが可愛さの一つになっている」のが良いです。
それもいかにもな萌えキャラの仕草ではなく、あくまで普通の範囲で人並み以上に慌てんぼうで、
人並み以上にお調子者で、それゆえにチョイチョイやらかしてしまう感じがたまらない。
「うれしい時はこう、この辺(視界)がキラキラ~ってなるような」って言ってますが、
実際謎の空間に飛び込んだ時キラキラしてるのが可愛い。
ハッピーシャワーを撃ちそこなった時のドヤ顔も超好きです。
性格的にはつぼみとえりかを足したような感じですが、プリキュアとしての才能もそんな感じですね。
最初から力は充分にあるんだけど全力で振り回されてる感が。

・ツッコミ気質の関西弁娘は売れない
なんというか、キャラ単体としては売れない要素をこれでもかとぶち込んだような作りが気がかりなあかねさん。
中の人も一人だけ下積みが薄いこともあり、ちょっと存在感薄いかもしれません。
プリキュアという作品的には彼女のような存在がチームワークを引っ張っていくため、今後重要なポジションに
なるとは思いますけど。なにげにプリキュアとしては、今回の五人の中では一番好きです。
さっぱりしててカッコかわいい。OPの溢れ出る脳筋臭も好き。

・さすがイカちゃんはあざとい
とにもかくにもイカちゃんの人が演じている事で一番話題が先行しているやよい。
ピースしながら戦うというアホさ加減もあいまって、キュアピースというよりはキュアイカちゃんとしか
呼ばれてない感が早くも。OPからすると腐女子属性も垣間見えて、早くも薄い本が厚くなりそうです。
ホームルームの時、あかねにイジられて涙目でぐぬぬってなってるのがもうあざとすぎてやばいです。
OPでも涙目電撃で攻撃してたりしますし、ほんとあざといとしか言いようがない。

・マーチってなんだよマーチって
なんかひとりだけ名前が浮いてる感があるマーチさん。ネタ、足りなかったんだね…。
家が兄弟たくさんという事ですが、やよいという名前の子が別にいてこういう家庭があると
アイマスとこんがらがってフガフガします。
空気弾をシュートしたり壁走ったりと、プリキュアとしては才能溢れる武闘派なんだけど
家の事情もあってプリキュアなんてやってられない…みたいな切り出しになるのかな。
だけど弟妹たちの未来がバッドエンドにされるとあっては立ち上がらずにはいられない、みたいな。
CV井上さんだけど、俺らの業界ではなおを西村さんが演じて井上さんが次のれいかを演じるのが
すごく自然に思えるので、ちょっと斬新。

・薄い本を厚くする女、キュアビューティッ!
ひとむかし前のAV女優みたいなネーミングセンスが特徴的な青木れいかさん。
怒らせると怖いお嬢様という事でドS属性が開発されてサニーやピースを調教する薄い本が出る事を期待します。
順番的にも最後に仲間になるだろうし、生徒会長で名家というポジションからも、大きな悩みを
抱えていそうなフラグビンビンで、第1クールの山場を作りそうな感じ。
西村ちなみさんすごく好きなんだけど、いわゆる深夜系アニメにはほぼまったくと言っていいほど出ないのよね。
本当にご無沙汰しておりました。

・キャンディと契約して、プリキュアになって欲しいっクルッキャブル! ヒーハァ~~~!
そんなわけで今回の淫獣は大谷さんです。さすが日本一の小動物を長年演じ続けてこられただけあり、
最初からその愛らしさが全開。
それにしてもチョッパーを演じてる人のキャラでキャンディって、ワンピースのニューカマーを連想せずには
いられなッキャブル。

・今回のモチーフと敵
絵本をモチーフとし、そのバッドエンドを作り出す者たちとして暗躍する模様。
第一の敵は、これまた多くの絵本で悪い事している狼怪人。
怪獣・アカンベーのモチーフはピエロ。ひょうきんなイメージが定着していますが、本来ピエロとは
サーカスにおいて必ず演目を失敗して(もちろんフリだけど)失笑を買い、花形スターに挽回してもらう形で
スゴスゴと舞台を降りていくのが定番で、彼本来にして見ればバッドエンド一直線でしかないんですよね。
最近はモチーフも結構ひねってきていて面白いかもしれません。

・恒例の神ダンス
またまた大変な進歩を遂げられたようで、造形や動きの良さはもちろん、技術的にもビックリしています。
今回は画面パースによる線のタッチが強調できるようになり、完全に3Dモデルなのに、キメの瞬間は
線が強くなり、まるで描きこんだ2D絵のような味が出る。ここまで出来るともう本気でアニメ一本
一人で作れるかもしれませんなあ。
表情もますます多彩になり、ハッピーの可愛さが強調されてますな。

とりあえずそんな感じで。来週はサニー爆現ですよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

こりゃあ夏コミはプリキュアしかねっすな石川さん!


次回放送がたのちみすぎてOPだけ何回も見るなんてことを久々にやってます~。録画した別のもの見る前にとりあえず再生、みたいな。

僕は主人公とビューティさんが気になってまふ。
黄色い娘は『ちょっと突っ込んだだけで泣いちゃう』ってのがたくさんの同人誌で使われるに違いないかと~

No title

ヒロインにやたらガニ股や凄い顔芸させるあたりハトプリ程じゃないにしろ結構どれみの血も入ってる気がします。
ガニ股でえらいスピーディーな動きさせたりタコ口で頬膨らませたりさせる辺りに特に。
ハトと5が好きな私にとっちゃこの一年楽しみで仕方がないです。

あと、黄色はもうキュアアヘ顔という認識のほうが強い気も。なんだあの薄い本の申し子っぷり。

No title

プリキュアに関しては僕が描かなくても毎年薄い本は山積みになるんだけれど、困ったことにプリキュアは多くの本がよく分からないおっさんやキモオタに犯される本が多くてね。
男根不要主義も困った方向に行き過ぎてて悲しい。

>H.StypeGB-1さん
人によってはプリキュアの独自性が減ったと感じるかもしれませんが、どれみスタッフが新風を吹き込んでくれて、盛り上げのヌルさが消えた感じしますね。

そして皆の期待を裏切るどころか、ますますパンパンに膨らませてしまったイカちゃんの明日はどっちだ。
もう薄い本出てんじゃん、早過ぎだろ。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。