スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双剣覚醒→Q4解散

ヴァンガード。新弾が発売されてかつてない盛り上がりを見せております。
3弾、4弾の時はこれほどではなかったかな、と。やはり旧来のクランが目に見える強化をなされる時は
手持ちのカードが腐りにくいので盛り上がるようですね。以下雑感。
 
 
 
・大まかに
ロイパラ、かげろう、シャドパラが強くなりすぎたとしかいいようがない。
ばーくがる以来のゲーム構造的に無理があるほどのアドバンテージを生んでしまうので。

ばーくがるファーストヴァンガードにして、手札を減らさずに盤面を増やし続けられるので、
威力が盤面依存のアルフレッド型と組み合わせると他のクランでは太刀打ちできないという欠陥が露呈したため
ファーストを禁止された。
対して今回新登場のジエンドとPBOは、能力を完遂するとパワー常時13000になる。
この数値は凶悪で、今まで構成必須と言われていた16000ラインの攻撃を5000ガードで防いでしまう
こうなるとジエンド・PBO使いはひたすら5000ガードを放っていればいいだけで、数ターンもすれば
圧倒的に盤面に差をつけつつ手札を洗練してしまう。無論、その間の攻撃においても相手を圧倒できる。

ロイパラのMBLは12000と若干パワーで劣るが、その横に常時クリティカル1が付くという凶悪さ。
個人的にはこちらの方がどうかしていると思う。12000の時点でヴァンガードの構造上13000と大差ない上に
クリ1という数字は絶対に防がなければ勝負にならない必殺姓を持つからだ。コレを通してクリティカルでも
トリガーすればゲーム終了というのだからお手軽にも程がある。

細かい数字の話を掘り下げると、12000、13000というガードを効率的に貫くには17000、18000という数を作る
必要がある。ところがこの数字、かなり手札運に任せるハメになってしまうのだ。
前衛のラインが10000~11000とすると、後衛に置かなければならないのは必然的に7000~デメリット付き9000
などになる。しかしほぼ全てのクランにおいてこのような後衛を任意に呼んでくる能力がないのが問題。
あるクランにしてもそれが上記3つの強クランだというのだからひどい。
しかし古参のプレイヤーもしたたかなもので、この鉄壁をすり抜けるための工夫に余念がない。

・強キャラメタとそのメタ
面白いもので、総じて今回登場したカードには一つの性向が見られる。それは
ガードに5000を浪費させて後々まともな盤面を作れなくさせる」というもの。
とにかく今回はG1から、アタック数値が低いのにVにヒットさせないと発動しない能力が多い。
逆を言えばパワーが低くてもヒットすれば大きな恩恵を得られるという事でもある。
これは一見地味で消極的だが、堅実に繰り返し行うと大きな効果を持つ。
5000という数値は一見使い捨て感覚があり、コレで防げるならむしろ良いという気もするが、その実
この数値を持っているユニットのほとんどが実働部隊として盤面に置きたい物なのである。
つまり前半から飛ばしてペチペチ殴っていけば相手に手札を浪費させられる。
しかしこのスタイル自体はグランブルーや一部のノヴァグラあたりが普通にやってきた事。
対しても、最初は喰らい続けて後でまとめて盤面一掃すれば手札逆転してオシマイというメタプレイはあった。

しかし今回は能力が付くことにより、ヒットを許すのが本当にしんどくなっているのが見事と言える。
特にロイパラ、むらくもなどは直接の特定ハンドアドに繋がるためヒットを許すとかなりやばい。
故に無理を圧してもガードせざるを得ない時があり、そうなれば5000ガードに対しても10000を投じたり
しなくてはならなくなり、数ターン咲の相手の手札を大いに掻き乱すことができる。

こういった、いわばパワーラインのミスマッチを逆手に取った撹乱戦法に対しても既にメタは取られている
(取れるジエンドとかがやっぱりどーかしているのだが)
といってもやる事はほぼ同じ、12000オーバーラインが完成するまでは盤面のR、というか5000ガードを持つ
カードを浪費させるようにRを叩き、相手にRの能力を発動させないまま撹乱を返すだけなのだが。
この撹乱の応酬をいつ見切り、一気に構成に移すかが現環境の最大の見所といえるかもしれない。

・それを踏まえて?マイクラン
ネオネクタールです。平均的かつ新弾っぽいバランスが取られてて楽しいよ。特色としては

1・Rからのヒットによって成長するユニット
ファーストVからG2Rまで成長できるため、相手の手札を見極めつつ効率的にアタックすれば盤面が
どんどん強くなる。かげろうの除去には弱いけど、それは多分どこも一緒。

2・維持しやすく、それなりの高火力を持つ盤面
なつかしのキングオブソード的な20000ラインを作れるほか、7000のG1が多いため比較的簡単にR16000を作れる。
ネタキャラと思われていたパイナッポーは、実は他のクランより簡単に11000アタックを維持できるため
かなり必須と言える。ハンドアドが狙えるグラスビーズやサモナーできるイルミンズールなどで盤面を増やし、
現環境の最新戦術とも言えるR叩きに腐心してよい。

3・カウンターブラストが節約でき、シメにも強いG3
最優のVユニットはトレイリングローズで決まり。かげろう相手でないなら、遠慮なく最初の内からVの後ろに
ポップコーンを置き、21000ラインで締められる用意をして良い。
Vヒット時のCBは、多少運任せだが16000以上のラインを再構築し、山札シャッフルできるため
何気に後半戦でも息の長い戦い方をできる。仲間のスズキさんが使うジエンド相手にデッキデス直前まで戦えて
楽しかったぞ。
なにより同じトレイリングローズを捨てなければいけないという制約はあれど、1カウンターで4回攻撃が
できるのは強い。状況によっては両翼の前衛だけを作り直して5回攻撃も夢ではない。
今回のRR系G3では相当強い能力を持っているといえる。

というところか。
惜しむらくは新興のクランであるためトリガーユニットの配分ができないこと。
正直ドロートリガー減らして覚醒を増やしたいです。

まぁプレイヤーとしてはそんな感じで。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

マンダラとジエンド足りないので余ったらくだちぃ⊂((・x・))⊃

あと、プレメモルール覚えました。

No title

うるせーテングでも使ってろ。

そうそう、プレメモやってみたいんだよ、早くやろうず。
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。