スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブリデッキお手軽パワーバニラ

ヴァイスの大会散々だった。
どーも僕は脳筋スタイルの方が性にあってるらしいので、小技や派手なCxシナジーは諦めて
今後はバニラを活用した安く手堅いパワーラインを上げていく事に腐心しようと思う。
皆様のような上手なプレイにはもう付いていけない、俺は先に帰るぞ! 待って一人でなんて危険だわ!
離せ! 化け物なんて返り討ちにぬわーーー!!!

とまぁ、そういうはいはいパパスパパスな小ネタはおいといて。
多分ねー、大会に出たときとかの「対戦相手としての僕」はだいぶ安パイだと思うんですよ。ぶっちゃけ、ザコ
結果としての負けや勝ちはともかく、そういうのが透けて見える参加者というのは彼我面白くない。
どんなに地味でも、とりあえず戦える水準まで持っていかないと話にならん。
というわけでさっそくリライトのデッキ全部ばらして地味ーな具合にリビルド中。バニラ強い。

続きの方にまたアニメの話を。
 
 
 
ペルソナ4見た。
元々ペルソナシリーズがあまり好きではないのですが、なかなか面白そう。
でもこのシリーズは悪魔がほぼ完全に小道具っぽいと言うか、人間たちの下に置かれているように見えて
苦手なんです。もっとこう、強大で禍々しい悪魔と契約一つで均衡を保っているのが前提で、戦いの中で
悪魔と友好な関係を育てる感じが好きなのです。

堀江由衣さんはミルヒオーレのような典型的直姫様ヒロインより、チエちゃんのようながさつな感じのキャラを
演じた方が華があると思う。
いまさらだけど僕ゲームの方はやってないので、イザナギのサイズにビックリしました。あんなデケエんだ。

フェイトゼロ2話見た。
ロリヤが愛くるしすぎて股間の令呪もイスカンダるってもんですよ。
ライダーの声にチト豪放さが不足しており、底知れぬ豪傑というよりは陽気なオッサンって感じに
留まっている気が。ハリ倒されるメインヒロインは流石の萌えっぷりでした。

そして問題視されているリュウノスケ君たちが出た途端、画面が真っ暗になりすぎてもう何がなにやら(笑)
リュウ君の飄々としたウザさとか旦那の容赦なさとかじつに素敵でした。
遠坂邸に攻め込んだときのアサシンのオモシロダンスっぷりが「かごめかごめ言峰君NDK? NDK?」なみに
物議を醸し出しそうですが、アレはアレでカッコイイと思うんだけどな。
あとアーチャーのくせにあの威厳はずるい。臓硯と並ぶ威厳サギっぷりだ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

私ゃP4が初メガテンっつーニワカなんでそのあたりの感傷は分かりませんが、
SJみたいな吉野家コピペばりに殺伐とした世界観知ってると抵抗あるってのはまぁ理解できなかないです。
P4自体もリア充ジュブナイルっつーシリーズでも異色の明るさみたいですしね……。
ともあれP4のアニメ化としては原作村に優しすぎて逆に心配になるレベルなので楽しみです。

Fateはもー、もう30分!?と素で驚きました。あれでもかなりはしょってるのに。
ロリヤにウェイバーに曇りないキラキラした本物のヒーローを見る目の龍ちゃんとかやたら萌えキャラが多かったなと。
あと、ようやく動くハサンが見れてちょい感動しました。格好いいですよねアレ絶対ネタにされると確信もしましたけど。
ギルっちはまぁ、あの頃は、まぁ。

しかし今期はFate/Zero・P4に加え未来日記までやたらと出来が良く、こんな原作組期待作が続いたら僕はもう……!

No title

SJはイロモノくさいとか言われてるけど、現代のメガテンとしては良い感じだと思います。悲しいかな人間の仲間と行動するのは最近の規制的にやばいらしく(怪物化したり食われたりが)、真Ⅲ以降仲魔を強化したり主人公の人間が独りだけだったりするのが寂しいですが。
あとP3以降音楽がオサレすぎる上にそのセンスが演出全体にくどいくらい絡んできて、どんなに本来メガテンらしい事をしてもオサレの範疇に留まってしまうのも寂しいなーと。
異聞録の人気に火をつけた功労者として目黒氏の地位は大きいでしょうが、従来の異聞録をぶっ壊したのは逆に目黒氏一人なんじゃないでしょうか。

アニメP4は未プレイ組のぱっと見でもゲームっぽさをそこかしこに詰め込んできてるのが分かるのが良い点だと思います。
ゲームが原作なんだからゲームらしさが垣間見える方が楽しいですよね。
その辺、ギャルゲー系だと単なる紙芝居なので遊び心の入れようがないですが。アマガミ2期どうなるんだよ。せっかくだから今からでもミルキィ組に作品レイープさせてみて欲しい(笑)

Zeroが今期を飛び越えて今年ナンバーワンというのはもう確定ですかねー皮肉なしに。
精緻を極める品質の中、持ち味のシリアスなバトルロイヤルを演出しつつ、萌えやネタの供給にまで余念がない。
懸念は原作自体がわりと尻すぼみな終わり方をするのをどこまで充実させて終わらせられるかでしょうか。

ザイードさんはさっそくセクシーダンスつとか\アッサシーン/とか言われてますけど、あのクネクネやキメポーズは本人の驕りとか、中世の暗殺者の儀式めいた動きとかを上手く取り入れてるとも思います。必要が全くないとか関係ないのです。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。