スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがあざとい

初音さんが箱が黒い方のアイマス2に出演ですよ。マジかよ糞箱レイプしてくる。

写真を見る限りだとあくまでアイマス2のキャラデザに合わせ、ややアニメっぽさを削いだ感じの
シャープな顔立ちに。たぶんDIVA版をそのまま競合させたらつくりもの感が半端なかったと思うので
コレでいいんじゃないでしょうか。

ただ現時点でのゲスト参加曲がワールドイズマインというのはさすがに古いと言うか引っ張りすぎじゃないのかなあ。
まぁ僕がそんなにこの曲に熱意がないというのもありますが、もっと別の曲でもいいんじゃないかなあ。

この辺、「アイマス2参加のために新曲を用意しました!」っていうサプライズを用意しにくい
ボカロ文化の泣き所かもしれません。
普通の企業キャラならそれくらいしてきてもおかしくないですが、ボカロ曲はなんせ腕の覚えしかない素人が
無責任に作り上げて適当にアップしているもの
なので(※制作姿勢と品質は別物だとは言っておきます、いちお)
企業の方から「コレを公式に」という太鼓判を押すのが難しい。取り上げられなかった有象無象のボカロPが
アンチになりかねない。

話は変わるが、ボカロPで本気で売る曲を作る志向がある人は、そろそろ何とか自分の立ち位置を明確にして
いかなければならない
時期なのかもしれないとも思う。
理由は上記の通り、せっかく売れるレベルの水準になって久しいのに肝心の作曲者達のポジションが中途半端な
おかげで、企業やメーカーが個人の才能に対してオファーしにくい部分が強くなってきたのではないかと思うからだ。

本屋とかで「『神曲を唄ってみた。』の本を作ってみた」とか「『~~を踊ってみた。』の人たちに聞いてみた。」
みたいな本が一般書籍として結構出回っている。内容は表題字のごとく。

盛り上がってはいるんだろうけど、その中に「本気」の人がどれだけいるんだろうと不審に思う。
ウケてるから、たまたまうまくノれたからと言う理由で狂奔してはいないか。
全てが狂奔であったなら時を待たず風化していくであろう。ただ、狂奔が本物の才能を掘り起こす確率も
ゼロではない。ブームで自分の才能や人脈を掘り当てる事ができた幸運な人は、それを長生きさせ、果ては
ライフワークにまで高める意識があるだろうか。

アート業界での本気の示し方は
「専門学校に入って有名事務所へのコネを作ること」でも
「誰もやってない事を見つけて、もしくはムリクリ導き出して悪目立ちでもいいからとにかく最先端になる」
ことでもない。もっと穏やかに、そしてかなり狂ったところまで行ってないといけない。
「活動していない時の自分はオマケ」「活動でいい成果を出すために日々の生活を整え、活動を支えていく」
くらいの事でないと、楽しく、そして血肉に変わる成功はできない。

相当に流行っている反面、まだボカロには「流行らなくなったらもういいや」感が残っている。
それを覆して更なる根付きを見せるためにどんな事件がおきるか、楽しみではある。
 
 
 
まぁ人を楽しみにするヒマがあったらお前の同人誌はどうなんだよという事でもあるんだけどな!

いやまぁごめんなさい。僕どっちかと言うと日常の合間を縫ってちょこちょこ作業できる人じゃないんです。
まとまった時間が取れた時に寝食削ってでも突貫できるタイプなんで、今の生活様態だと非常に進みが悪い。
早くバイト変えたいor減らしたいのもそれが理由。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

とはいえ、好き勝手に楽しくやって結果を出してる人が
勤勉になったり責任ある立場になると途端にダメになるって事もあるから難しいんですけどね。

ボカロはなんというか、ムーブメントの核がどこにあるのか私ゃ今ひとつ見定めらないのですよ。
親はクリプトンで故郷はニコ動なのは確かですが、東方における上海アリスやアイマスにおけるアケマスのようなものが無いから
育ての親はPか聞き手か売り手か弄り手か、主戦場はネットかCDか同人かメディアミックスかフィギュアか。
この何が何なのかはっきりしないのに勢いは凄いという原初のスープじみた在り方が何が起こるかわからなくて面白い。
ま、そのまま時代の徒花として散っていく可能性もありますし、それもまた華のひとつの在り方ではありますが。

No title

それはありますね>責任の重さでダメになる
でも責任感が生み出すクオリティというのも無論ありますし、人材や作品を扱うにあたり、人を見極めないといけないというのが当たり前ながら結論でしょうかね。

こういうブームはなにか権威や知名度のある人がディスると、どっちかが消滅するまで炎上するのがいただけないところ。共存ってできないモンなんでしょうか。
つい最近もMMDの作者がバカなユーザーにぶち切れて更新停止を宣言しちゃいましたし。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。