スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッパイ揉んだら光っちゃいました

さあお前ら、ホライゾン始まったぞ。
きのうFate/Zeroで大いにみなぎったせいで長文書くのきついけど、ぼく頑張ってネチネチ拾う。
あと声優さんはおおむねガチで神ハマリしてるから個別インプレは抜く。
アバン。
竜脈開放により畿内が吹っ飛んでおります。それを眺めているのはちょっと後に不名誉な形で登場するヌルハチ。
未読者はまだ別に覚えていなくていい人です。
前提として言っておきたいですが、ホライゾンというか川上作品にアレルギーを示す人の中には
「一気に登場人物出しすぎてウザイ」とおっさる方が少なくないです。そんな方々のためにアドバイス。
後々全員に超絶の見せ場が回ってくるくらい八方美人なのが川上作品なので、テレビ見てて
見た目だけでも気に入った人だけテキトーに覚えてる程度でOK!
ちなみに俺アデーレな! おめーらの従士ねえから!

OP。
いきなりコンセントぶっささるトーリにゾクゾク来た。
今回チョイ触れられつつ後々判明するけど、トーリは「誰よりも矢面で戦う事が許されない主人公」なので、
物語上で彼がどれだけの器を持ち、仲間と支えあっているかが伝わったら幸い。
構成はサンライズお得意の全キャラ詰め込み→サビでバトるアレだオニ。
この辺は既読組がニヤニヤ全開になる所ですね。陰になったまま動かないフアナさんのうしろで
ちまちまブラシ掛けするフェリペ総長がたまりません。イノケンさもなんかノリノリです。
改めて驚いたのは大罪武装がデカい事。悲嘆はともかく色欲がまるでギガドリルじゃないですかーやだー!
サビのバトル描写に入ると流石はサンライズ、凄まじい映えを見せてくれます。
こういうのを作ったとき、ちゃんと人物同士が組み合って倒し倒されるのがサンライズで、他のスタジオだと
メインキャラが画面外に向けて大砲ぶっ放してパンアウト、みたいのが多くて、地力を窺わせます。

映像はおおむね最上と言えるでしょう。カワカミストからすれば映像化だけでも御の字なのに、ここまでの
クオリティでテレビアニメを魅せてくれるなんて奇跡が幾つ起こったのか数える事もできないレベル。
本業が別個に確立している方とは言え、現・電撃文庫作家でも最古参にあたり、ページ数も最も多く
書いているであろう川上さんに対する、評価と期待と人気の集大成と言えるのかな。
背景は緻密な手描きに偏執したともいえるFate/Zeroに対し、3Dオブジェをふんだんに使って見せています。
一点モノの背景が少ない作品なので、より効果的・効率的な手段を選んだという所でしょう。

キャラデザはややユルすぎる気もしますが、その中でイキイキと魅力的に描かれているので問題なし。
当たり前のように全体的にヌルヌル動き、必要な部分はビシッと止めて見せる、注力のオンオフがよく分かっている
こなれたコンテに安心感。最近は全く無意味でもとりあえずヌルヌル動くカットがあれば評価する人多いしね…。

そして美人ゴリラことオリオトライ先生の模擬戦。既読組からして恐ろしくなるくらい正確にアクションが
再現されてて「このスタッフ、途中で過労脱落出ないだろうな…」と心配になるレベル。
少なくも的確な動作で生徒たちを一蹴する流れは、テキストだとまだ頭数を把握し切れてない部分もあって
混乱したけど、動画と声で把握すると実にカッコイイ。カッコいいテンゾーとか詐欺だろjk。

模擬戦中、色んなホログラフが画面上に乱発しています。
未読者のために説明するとこれは表示枠とまんま呼ばれるもので、様々な情報のやり取りを目で伝えるための技術です。
覚えておくのがめんどくさければ単なる視覚エフェクトで充分ですよー。

そして僕らが待ってたダメ男、トーリの登場。
エロゲの初回限ゲトズザーのために学校をサボり、帰りの足で重役出勤する主人公なんてそういません。
そして買ってきたエロゲは「ぬるはちっ!」。そう、アバンに出てきた人が題材になっている……
と言うか本人がしっかり描かれてんじゃねーかこれ! 歴史モノで実写エロゲとか新しすぎるだろ!
それにしても今更ですが「ヌルハチ」という語感にワイセツを感じ取り、萌えエロゲタイトルのテンプレに
絡めてくるあたりの川上さんの中学生神経は相変わらず衰えを知りません。
とまあ、第1話の時点ではコレから世界大戦が始まるとは思えないようなフザけた空気を発していますが、
目測だと3話あたりからきな臭くなる予定なので乞うご期待。

EDでは一部勢力の顔見世で、完全に既読組へのサービス。
フアナさんえろい! イノケンさんマジ大人子供! エリザベスさんのゴテゴテっぷりまさにゴールデンタマ!
いやあもうイノケンさんのくたびれ常識人っぷりやエリザベスさんの器の大きな破綻者っぷりは原作でも大好き。
さすがに"傷有り"さんは素顔見せてはくれませんでしたか。まぁ重大なネタバレだしね。
そしてこの顔見世だと2巻全巻までやって終了かな?
未完の原作追いかけるよりは貯めて貯めては追い作りつつ、原典の完結を待ってからの最高の映像で
締めて欲しいからそれでいい。人気が出て続編決定して、ヌルハチさんとか朕の人とかも出て欲しいな。

最後に、全員とまではいきませんが、気に入ったキャラなどを。

・アデーレ=大橋歩夕
エイラの中の人がやってますね。マジメでマメな子なのでこういう声はかわいくてイイと思う。
僕の脳内ではメガネつながりもあったのか、サクラ大戦の紅蘭こと淵崎ゆり子さんがしゃべってました。
残念ながら1巻分においてあまり見せ場のないキャラです。1巻以降立ち位置が変わって急に中核に入り込んで
くる子ですので。
マニアックな疑問になりますが、アデーレって機動殻のサイズ合ってないから動き重いだけで、脱いでれば
術式使わなくても足速いんじゃなかったっけ? これだと逆に二代とキャラ被りしてしまうんだが…。

・喜美=斉藤千和
半年前までほむほむ(キリッしていたとは思えないハッチャケっぷり。ついにチンーコとか言っちゃいましたね斉藤さん。
空気読まないほどノリノリで、唄うようにわめき散らすキャラなので、この配役は最高か。

・アサマチ=小清水亜美
乳本人よりも走狗のハナミが可愛すぎてなんか出そうになりました。
小清水さんってこんなゆるキャラの声も当てられたのか! これは蜻蛉切にも期待だぜ!

・ミトツダイラ=井上麻里菜
なんか一昔前の鉄板キャスト感漂う配役ですが、それだけに安定感抜群。

・イトケン=白石稔
こうして聞くと檜山さんみたいな声質もあるんですねー。適度にサワヤカな変態で何より。
オリオトライのオパーイにフラッシュ焚いてる暇があったらコイツの股間にモザイクかけた方がよっぽど
画面が健全で綺麗に思えますね(笑)

・武蔵さん=中原麻衣
この人のすごい所は、色んな作品で色んなキャラを演じてるのに
「この作品に出るなら中原さんはこのキャラしかいない!」と視聴者に思わせるところ。
技量も当然ながら、自分に合うキャラのオーディション選定や、そのための資料読み込みが半端ないのだろう。
毎期覇権作品に出るような華やかな経歴は少ないですが、下手したら同世代の女性声優では今一番すごい人じゃ
ないでしょうか。

最後の最後に、メイン二人を。

・トーリ=福山潤
ドラマCD版では竹本英史さんがやってましたか。
ヤマジュントーリはノリは軽くていいものの、なにか達観したような落ち着きがありすぎるように思えるので
個人的にはややワイルドというかバカ感が増量されてる竹本ボイスの方が似合ってたかなと。
僕の脳内では、とあるのステイル君がだらしなくなったようなイメージで、谷山紀章さんが喋ってました。
最近女装とか裸ワカメとか全裸モザイクとかばっかりでまともに男子の制服着てなかったから、
金属のチェーンがきらびやかな様子をすっかり忘れてた。このチャラチャラにオーラを感じて好き。

・ホライゾン=茅原実里
通し道歌うますぎてぞわっと来た。
OPもカッコイイね。水樹奈々っぽいとか言うな! それはエレガのせいだから!

演技力に難ありと言われ続けて幾星霜ですが、むしろ茅原さんに振る傾向が長門一辺倒な制作業界の方に
問題があると思う。ドラゴノーツでは結構明るくて可愛い声出してたよ?
今回のホライゾンはさほど歌う事がメインというキャラでもないのですが、「長門声優」から一皮剥けるか。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。