スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしろ「きつゆり」が見たい。

マンガのはなしー。

・Fate/Zero(真じろう著)
脂が乗りまくってるZeroのコミカライズ、ついに刊行。
この手の便乗ものとしては極めて絵が達者な作家さんを登用しており、企画側の本気が窺える。
萌え絵よりに見えてクセのあるいかつい画風と、静物のサイレンスな迫力を多用する芸風が
大暮維人先生とよく似てるんだけど、所縁の作家なのかしらん。
ここでもウェイバーきゅんが見事にヒロイン化してて安心。キリツグもかっこいいなぁ。

・アクセル・ワールド1(合鴨ひろゆき著)
食事中の暇つぶしに購入。マンガ版ね。
結構面白かった。原作者の文章は正直上手くないと言うか稚拙な部分が強いので、こういう風にマンガで
ブラッシュアップしてもらうにはちょうどいい。表情の細かい所作がいい。
でも作品自体が正直1巻が最高潮なので早くもお腹一杯感が。チユの可愛さと切なさ、それと
ハルユキのブタかっこよさが全開になるのは2巻。

・ふ~ふ(源久也著)
たしか商業では初となろう、源先生の完全単行本。待ってました。
だるーくあまーくバカップルな百合まんが。和みつつキレている小ネタの充実っぷりはさすが源先生。
得てして運命とかそういう重いモノにコジツケがちな同性愛をまったりやってくれるのは嬉しい。

でもやっぱりどこか一周回って即物的な関係であるような気もする。百合と言うかレズビアンまで含めて
女同性ものはなんかこう、何かへのアンチ・カウンターが付いて回ってるような気がしてならないのだ。
そして、そこには必ず作者の嗜好や芸風はおろか、技術的な問題さえついて含まれる。

単に女同士の掛け合い、絡みが好きというのは分かる。
しかし最近は「男が描けない・描きたくないけど恋愛や性愛は描きたいから女同士になってしまう」
みたいなところもある気がする。
百合の大家たるマリみてでさえも、男連中が出だしてからは芸風に空転が覗き始め、次第に
「やっぱ男なんていらなかったんや」空気をまとうようになっていった感がある。

そういう意味では逆にBLの方が健全…とは言わないが自然な気がする。
そりゃまぁモノによっては手練手管あるベッドヤクザが嗜好も経験もない一般人を取って食って
くやしい…でも惚れちゃったビクンビクンみたいな内容も多いけど、基本的にBLからは百合にある
「異性なんていらなかったんや」感は感じられない。あくまで女も視野に入っている上で男を選ぶという
「選り好みの余地」を感じさせる事が、多少の自然さを残してくれるのかもしれない。

まぁ実際にBLを漁った事があるというのではなく、薄い本やニッチなアンソロで極たまに見かけてしまう
ショタものの恋愛を見ているとそう感じてしまうってだけなんですけど。
BLはなんか項ね、内容と言うか絵で耐え切れない。主にアゴとか、やたらガタイがいいところとか。
ああいうのを見ると本当に男女で求める理想の肉体って全然違うんだなぁと思います。
少なくとも僕はビールグラスの底みたいな輪郭をしたアゴの女の子はご遠慮願いたいし、ジャイアント馬場が
無理矢理ジャケットを着たところでロードローラーに襲われたかのような幅広で薄っぺらい体格は求めてないですし。

あと日焼け半ズボンは全くわからないです。あれって一番性を感じさせないための格好じゃないのか?
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。