スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺もうカードゲーム辞めるわ

今まで集めたカードは全てオナニーした後ちんこを拭くためとトゥエンティごっこのためだけに使う。
花澤さんのサインカードは細かく刻んで炊き込みごはんの隠し味に使う。
 
 
 
って思うくらいのボロ負けをしてきました。ヴァンガードで。
って花澤さん関係ないじゃん! P4完全版登場おめでとうございます! 多分買わねえけど!
P4格ゲーはちょっとやってみたいけど「あのブレイブルーのスタッフが制作!」って触れ込みはアオリよりもむしろ爆死フラグだと思うんだ!

まぁ基本運ゲーだし相手がアルフレッドとスパイクという時点で多少の物分かりはあるんだけど、いくらなんでも毎試合毎回100%クリティカルトリガーかっ喰らうってどんな星の下で受精したんだよ俺はって思います。

自慢じゃないけど石川さん、そこそこパック運はいい方で
(そのぶん量も買うけど。今日は貴音のサインとLv3でこちゃん引いてきました)
それが裏目に出ているのか、無闇にドラマチックな現象をファイト中に引き起こしてしまうのです。
ヴァイスで言えばLv0の時点でクライマックス6枚以上見えたり、Lv3素通りなんて当たり前。
ヴァンガードで言えば相手にヒールとクリティカルを同時に引いて頂くなんて起きない方が不調ってくらいですよ。
もちろん今日もヒールクリで3点差をひっくり返されてきました。

こういう時、ぼっちプレイヤーは厳しいと痛感する。
「あの時どうだった」「この構築こうすれば」という反省会や相談をする場所がない。
それが結局後々の構築のための知恵を引き出さなくなっていく。
ショップの上位常連が大抵ある集団の一人だったりする点からしても、ひがみではないと思いたい
(んで仲間がいる=ショップによく連れ立つ=常連ゆえん、上位連中の中には調子こいてて見目ウザイ連中が多いとも思うけど、これはひがみでいい・笑)

んー、なんかもう結局勝てないのなら普通にファンデッキいくつか作ってプレイングを練り込んで行った方が楽しいのかな。今使ってるアイマス2大会用デッキもクソ弱いし、素体のメインである響ストリームを骨子に響デッキにして、大会用は適当にぶっぱデッキをぶち上げておこう。

ランスクエストが動かなくて悔しいので、またソフマップ眺めてたら結構興味を引かれる内容の新作が多かった。大半が抜きゲーというのもどうかと思うが、やっぱ最近の大作美少女ゲーは人を選びすぎると思うのよね。それも内容の毛色によるものじゃなくて、人によって考えナシに受け入れてしまうようなモノと、サブイボが出るほど拒絶反応起こしてしまうようなものとで。

たとえば虚淵さんと蒼樹うめ先生が手がけた「魔法少女まどか☆マギカ」は、客観的に見るとイロモノな外装だらけで構築された、とてもじゃないけど万人受けするとは思えない、というよりしてはならないような雰囲気を放ってるんだけど、最初から最後まで魅せる力があるし、その満足度も高い。それはイロモノが思ったよりウケたという事ではなく、イロモノに見えていたものが全て計算ずくであったからこそ。

それに対して最近の美少女ゲームはまさにイロモノ、不要な要素に溢れかえっており、最後まで楽しませる力がない。流行の外皮を詰め込み、説得力もエンターテイメント性もないテキストをこれでもかと垂れ流し、オチまでも貧弱。そりゃあ楽しくねえわ。
そこへ行くと抜きゲーは途中途中挟まれるエロシーンこそがメインであると完全に決めてかかれるので「最後までやらなきゃダメなのかもしれない」という、本来ワケのわからん強迫観念に取り付かれる事がなく、肩の力を抜いてチンーコをバッキバキにしてプレイできる。

同じような感慨が漫画の方まで侵食しており、最近エロ漫画ばかり読んでる気がする。
長編漫画と違いエロ漫画は一冊で色々と完遂できるため「面白くなるまで買う」「面白くないけどシリーズだから買い続ける」という必要がない。そして抜きゲー同様エロを主目的にしていいので、全体的につまらないと感じてもオパーイやマンーコが眺められれば充分なのである。

ゲームでいうとどの辺からこうなってきたのかなーって回顧してみると、なんとなく「月姫」シリーズとタカヒロ作品な気がしてきた。あの辺が大ヒットしてから妙に
「物語の核心以外では笑いで引きつけたり萌えでキャラに補正かけた方がイイ」
「そのためには劇中でキャラ崩壊しかけたり話が横道に逸れてもイイ」
みたいなテイストが濃厚になってきた気がする。今20代のユーザーはそれが当然の世代だからそういうもんだと思えるだろうけど、僕はもうオッサンなのでわざわざメーカーに萌やして頂かなくていいんですよ。思い入れを燃料に萌えるのはコッチの自主的な仕事なんで、そのぶんの力を牽引力と、感動や爽快感の構築に回して欲しい。もっとも、最近のスタッフにその地力がないから今みたいなゲームが当たり前になってるというのも分かるんだけど。
古くはエルフの蛭田達也さん、アリスのとりさん、企画屋の丸戸さん、ニトロの虚淵さんらあたりの作品も嗜んで来たろう作家の作品を、さらに受けたきょうびの作家の作品がこの体たらくだと結構堪えるものがある。
あと、厨路線が流行りだしてから未完成・投げっぱなし、無責任な内容のゲームが増えたせいもあるのかもしれない。

経路や深度はどうあれ、最近「謎解き」要素のあるゲームって全然やってなくて寂しいなあ。
あれは「ゲームの攻略」とまた違って、主人公と一緒に考えたり驚いたりできるから好きなんだけど、最近はテキストが全てを説明しないとわからないアホユーザーが購買層のメインだからなのか流行らないし、それゆえ作る人がいなくて、結果作れる人が育たない。見事な悪循環だよなー。

うーん、それにしてもTCGの話に始まりP4まわりを軽くディスってエロゲー批判に落ち着くとか、俺のブログの方がよっぽど文章が破綻してる気がする。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

とりあえず石川さんのカード全部使い切るとなると三世代分くらいオナぬーしないと使い切れないのでやめましょう!

それにフローレスとかで拭いてるときに石川さんのが再び『ゲット、クリティカルトリガー』になっちゃいますよ~

抜きゲーいいっすよね。ただ最近シーンでヌルヌル動くやつばかりやってて動かないと残念に思いますわ~
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。