スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようならココろちゃんの巻

遅ればせながらミルキィの特番見たんだぜ。いやー面白かった。
バレもクソもない気がするけど一応細かい話は格納。
 
 
 
相変わらずココのスタッフのパロディに対する執念と着眼力は異常
とりあえず見てて分かっただけでも
・咲のノーパソ=ボンバーマン
・M資金サギ=戦後日本で実在したメリケンかぶれの悪質サギ
・「アーイドールニー、ナチャーウヨ~!」=アルシンドのアデランスCM
・「ココロ、普通のアイドルに…ナチャーウヨ~~~!!」=キャンディーズ
・「勃ち上がれボクの分身(チクビ)! ライドっフオオォーッ♪」=ヴァンガード
・KOKORO全般=中の人のユニット衣装、及びコンサート風景
・ドラえもんパロ
・なうなうなうなう…=シュタゲ
と、一体何のアニメだか分からなくなるくらいのネタ量。

何よりもずるいのは、危険球なネタになるほど技術を多量に突っ込んで精密にパロってる所。
ドラえもんパロでもちゃんと鉛筆画っぽくして今のドラえもんらしくしてるし、G3の部屋で体育座りしてるシーンは
アホみたいにぬるぬる動く。
あとシャロがアルセーヌにしがみつくシーンで、アルセーヌのおっぱいをボヨヨンしすぎで笑う。
それにしてもシャロってよくぶん殴られるよなぁ。中の人みもりんなのに。
クズや変態が多いミルキィメンバーですが、一番肉体的ダメージが多いのは間違いなくシャロだと思う。

欲をかけば大半のキャラがチョイ役なことと動画が一部適当な事が不満ですが、それもスペシャルの都合だし
演出の一つじゃないと思えてしまうのはさすがミルキィのエネルギー。
2期も大決定したし、最近色々と順風満帆じゃないですかねブシロード。
ヴァイスPSPのCMでしよ子がアッカリーン気味になってて不覚にも萌えてしまったし。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

おぱーいが、ポヨヨン…だと…?

やわらかそうではないか

No title

あのボヨヨンっぷりにはスタッフの執念を感じる。
というかあんなにボヨヨンでギリギリなのってアニメ限定なんだよね。
たにはらルセーヌはむしろスレンダーでシックという。

No title

ニコでも配信始まりましたが、シャロはペドいわネロはクズだわエリーはエロいわコーちゃん扱い悪いわと
全てにおいて相変わらずですんげえ安心致しました。
アルセーヌにしがみついたとこでボヨヨンでバレるだろうと思ったのは私だけじゃないはず。
いや、しかしこの作品に関してはニコで突っ込みコメ入れたりテンプレ張ったり緑や解説見ながら見るのが一番楽しいなぁ。
冬の第2期が今から楽しみです。

>パロ
あと、ニュースキャスターがムスカとか。つーか全体的にネタが古いですなアレ!

No title

あのボヨヨンは真正面から谷間にダイブしないと分からないんですよきっと。
僕もアルセーヌ様のボヨヨンの谷間をペロペロしたいです。
でもトゥエンティのTKBはしゃぶりたくないです。

ニコ動がアニメ新番の発信地として定着して以来、
視聴が楽しくなった反面、いわゆる「ウニメ」「カオス枠」が
異様な市民権を得ていると実感します。
文句のつけようがない駄作や名状しがたい怪作も、なべて
良くも悪くも注目を得られるようになってしまい、ある意味で
アニメコンテンツ全体が生き残りやすくなった反面、競合力が失せて
何を放映しても変わらないような状態になりかねないのかな、と。

具体的に言えば、ゆるゆりのキャッチーさがバカ売れしている中
大家サンライズがホンマモンの実力をブッ込んで作っている
セイクリッドセブンが空気化している現状は如何なものなのかと。
イヤどっちもすっごい面白いんですけどね。

ミルキィのパロは完全にオッサンに向けて作ってますね。
「さようならドラえもんの巻」は燃えも哀愁も感動もあり、
非常に教育的なエピソードなのですが、最近はこういう話を
リフレインやパロディの中でしか見られないのは如何なものなのか…。

僕らが子供の頃のアニメは、観る方も作る方も
「アニメが僕らを育てた」という実感がありますけど、今の世代は
「単にアニメを楽しんだ」「アニメは食うための手段」
という感じがしなくもないです。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。