スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が受けるのか分かる才能があれば、今だって同人誌描いてるよ

最近、家でのお絵描き中、また「まかでみ・WAっしょい!」高回転中。
いつ観ても高品質でくだらな面白い。でも、放映中はまるで注目されてなかったんだよねえ。
映像化の時点で既に作品としてやや旬を過ぎた感があったんだろうけど、
こんだけ作りこまれた作品が陽の目を見てないのはアニメ好きとしてはいたたまれない。

つい最近、古本屋を巡ってようやくまかでみ本編と短編集を一通り揃えて読破したんだけど
(ネウロ同様もはや本屋に新品が置いてない)
アニメ版は一つのエピソードに他のエピソードからのネタを盛り込んで濃くしているなど、
アニメを見る時に一番注目しにくい、脚本の点で物凄い努力と技量が見られる。
作画動画なんて言わずもがな。元々BLADEさんのデザインだけにクセがある絵柄を
うまい事動かしてるんだけどなあ。
タイムリーでない、ブヒりにくいという点だけで売れないのはすごく不健全。
最近伊瀬茉莉也さんが売れてきてるし、その点から再チェックしてくれる人大募集。

そんな中、今期も始まりました新番の中からまずひとつだけ。



ロウきゅーぶ!
 
 
 
ブゥッヒイイィィィィヤッホオオオオオ!!
 
 
 
と、思わずブヒらずにはいられない出来物っぷりに転がりました。

元々がロリな舞台設定と思いきや、その実小学生レベルならではの実直で純朴なやり取りや
チートな技術や超能力の持ちようもない、本物の実力と根性勝負なバスケットシーンがウリなので
単なるブヒアニメになるとヤバいと思っていましたが、バスケのシーンはかなり真面目に作りこもうという
意気込みが感じられました。
バスケ特有のストップ&ゴーを絡めた動きの表現が妙に上手いのが好印象。

そのほかにも、テキスト上では簡単に表現できるけどビジュアル面でめんどくさいシーンなどが
イキに調理されてるのも良い。SNSの会話シーンとか簡単かつ効果的でいいですよね。

第一話の限りで上手いと感じたのは脚本。主人公の昴がいかにして高校バスケを追われ、
小学生女子たちとのグローリーデイズに転向しなければならないかの部分が短い説明の中ですごく分かりやすい。
説明の上手さもさることながら展開の順番を入れ替える事で飽きさせない工夫も見事。
最初に智花たちとの対面を持ってきて、ある程度人物紹介が済んでから回想という形で状況を短く説明している
ため、視聴者をまず引き込んでからという、実践的で効果的な脚本技術が発揮されている。

キャラデザもなかなか。もともと原作のてぃんくるさんの絵はあまり好きではないのですが
(なんというか、現実的なバランスを無視した域でデフォルメもなく精度が高い絵ってニガテ)
適度に動画向けのデザインにリファインされてる。
でもアイリーンこと愛莉のおっぱいはデカすぎると思うんだ。
あんなもん、ピクシブ住人にパイズリ絵描けって言ってるようなもんだろ。

声優さんは全員大体合ってる感じですね。日笠さんの無理矢理っぷりが楽しいです(笑)
ひなただけは、声質はともかく独特の「おー、」のイントネがイメージと違ったので
(もっとダルな感じかと)
イメージ修正に手間取っております。
しっかし花澤さん、ここんところテレビに出てない月がないなあ。大丈夫か?

まあそんなわけで、前評判と実物のデキが上手く噛みあって、売れそうな作品だとは思いました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。