スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさひマンガ続編執筆中。

あああベビプリのマンガをもっと描きたい。
やっぱなるかなとかうっちゃっちゃっていいですか。

それはさておきこの数日の買い物。

・バカとテストと召喚獣(5)
4巻はちょっとテンション下がったんだけど復帰。表紙のおねーさんがステキ極まる。
嬉しいのは、本シリーズの学園ラブコメとして最大の魅力であるところの「暴行」
俺を魅了した際のレベルまでガッツリ戻っているところ。
開始30ページでバスローブ姿の美女にマウントポジションで暴力を振るわれる主人公とか
井上先生の文章上じゃないと存在が許されないと思うんだ。最高だよ。

お笑いの部分は程ほどにして、ラブの部分も結構多角的に進展を見せています。
前巻のこともあり美波のフラグが揺るがなくなったものの、まだ姫路さんも猛追しており、
しかも工藤さんとよりにもよってムッツリーニがなにやら微妙な空気を出している上に
あの久保利光くんが本気を出し始めたり、ついには秀吉が明久と一緒に風呂に入るとか
言い出したりと、明久くんは男女に秀吉と人類が含有する全ての性別から愛されすぎて
死亡フラグがバキバキです。まぁ実際に死亡回数が多いのは愛がセメントすぎる霧島さんに見初められた
雄二であるわけですけど。

血筋ゆえに明久と玲さんは似てるなー。思考回路がだいぶアレなのは当然として、
異性から好かれるモテモテ外見でもあり、自覚なき他人への思いやりに溢れている。
こういう、モテてしかるべき人物こそラブコメの主人公に相応しい。
エロゲの主人公は大仰な生い立ちや、こんがらがったトラウマ抱え込まされたりするせいで
モテてはいけないようなひんまがりキャラに成り下がるのがイヤなんだよねー。
世の萌えゲ主人公は吉井明久を見習うべきだと思う。
「手首関節の一本や二本外されもしないくせにモテるな!」と言いたい。

・コラボアンソロジー2「"文学少女"はガーゴイルとバカの階段を昇る」
いくらバカテス関連でも、参加作家の半分を知らないなら読むのは難しい、やめようと思ってたけれど、店頭で葉賀ユイさんのイラストを見ていたらそんなんどうでもよくなってきて購入。
まだ読んでません。野村美月の文章読むなんて卓球場シリーズ以来ですけどねー。

・天元突破グレンラガン(3)
モリコタ先生のグレンラガンでも、ついに兄貴が召されました…。
ストデビ時代より画面作りが簡素だという評判もあるそうですが、実は原作のグレンラガンも
部が進むにつれて描きこみを増していく構成なので、今のところはこれで合ってたりします。
先生のスペックに対しこれくらいの画面がいつまで続くかで、手を抜いてるか否かを判断しましょう。
マンガ版グレンラガンのいいところは書評で中島かずきさんも触れてましたが、既に展開したエピソードや
派生作品からネタを拾うスタイルの、そのチョイスと整頓が上手いところ。
すでにキヨウに一目惚れかましてるダヤッカとか、負傷したグレンのモニターを見て青ざめるリーロンとか
うまいなーと思います。
そして連載から大幅に手直しされたギガドリルブレイクの流れは圧巻。
紙面はトーンレスでもすごくてワザとやってんだなーと思ったんだけど。

余談だけど、最近「単行本で手直しとか卑怯じゃね?」って評判を目にした事がありますが、
今現在の連載マンガ執筆密度と単行本商売の連携においては、むしろ単行本作業での手直しすら
セールスポイントにしないとワリに合わないと思います。
週刊連載だと直す時間すら惜しいから一気に仕上げちゃう作家が普通のようですけど、月刊連載、まして
大王のようなライトメディア系の雑誌は現場スタッフさんも少なそうですしねー。

・アイマスベスト「マスターオブマスター」
メリーが聞けるのが嬉しいけど、やっぱベストだから既存版コンプしてる人はいらないのかもー。
後発ユーザーでCDリスト穴だらけの俺には嬉しいアイテム。

・ユニティマリアージュ
2話でさっそくマリエがフェラ、柚乃とベランダで合体してくれたりと嬉しい展開。
エロゲは基本的にこうでいい。行為が即物的である事は作家やブランド個々のスタイルではなく
エロゲの前提であるべきで、「それでも泣ける(萌える)」「だから抜ける」はあとからついて来るべきだと思う。
受け手にとって面白いかどうか、最後まで読まないと分からない紙芝居のご褒美にするには、
最近の業界のエロシーンはあまりにも抜けないんだし。
最近は「話やギャグが面白いのにエロも濃い」ことが作家の好評を生む要素になりつつありますが
本来は逆で、おちんぽに優しい上に他にも楽しませてくれるってのが本道ではないかと。
実質的なエロはないものの、バカテスの井上先生なんかはちゃんとこういう楽しませ方をしてくれますしね。
ギャグが笑えるのを前提に、人物があり、舞台があり、恋愛がある。
メインに据えられているものが作家の持ち味と合致してるから全ての要素が引き立つんだと思う。

話は戻るが、ユニティのお話自体はだいぶぬるいです。残念。
人妻戦隊アイサイガーみたいなもんで、燃えていいのか抜くべきなのか萌えとけばいいのかよくわからん(笑)

・超像クイーンズブレイドVol.2
てのひらサイズのエロフィギアシリーズ。前はノワとリスティしか揃わなかったけど、今回は運良く
3キャラコンプできました。お嬢がエロすぎる…正面から見るだけで乳首丸出しはおかしいだろ。
しかし相変わらずよくできてるなぁ。
エロフィギアは「おっぱいやはいてないが完備されてればあとはどうでもいい」みたいな粗悪品もあるけど
QBの立体は全部いい仕事してますよね。こういう信念で製作できる人を尊敬します。

そんなかんじで。マンガはまた夕方くらいにアップできればいいなぁ。
あぁ湯楽の里いきてえ。明日の仕事明け行ってみようかなぁ。
んーでも石川さんはウスラハゲの粗チンで体型もややブヨっているという人類の汚物なので
公共の場でスッパダカになるのは銭湯でもきついんだよなー。
ゴンゾさん、ストライクウィッチーズ放送中に一騎当千の活躍を果たした湯気さんを貸して下さい(笑)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。