スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらいました、その愛。

ハートキャッチプリキュア、最後まで俺のハートをキャッチしたまま終わってくれました…。
シリーズ初の外部チームメインの作品にして、最ッッッ高のプリキュアだったと思います。
細かく振り返るのも蛇足なので、シリーズ通して好きだった点をいくつかピックアップ。

・えりか可愛いよえりか
これはもうどうしようもないと思います。ぶっちゃけ、作品としてのハトプリの主人公はつぼみだけれど、
チームであるハートキャッチプリキュアのリーダーは間違いなくえりかだったと思います。
アホだけど裏表なく相手の心情を察し求め、悩み苦しみを解決してあげる姿はたくましく、
微妙にガキ臭さが抜けない中学一年生っぷりが最高に可愛かった。
最終回の顔芸がみんなに伝染している所もすばらしい。きっとゆりさんだってムーンってなってたはず。
いずれにせよ、過去ここまでアホな顔・ダメな姿を連発させられたにも拘らず、お笑いキャラに甘んじず
むしろ愛らしさを加速させていった姿は本当に偉大。

・アクションシーンがガチ
石川さんは早くもマックスハートあたりからプリキュアを捨てていたのですが、その理由がバトルのぬるさ。
なんか適当に取っ組み合いして、ちょっとドジっぽいところ見せて子供の心を掴んで、
最後はマーブルドーン!でおしまい……みたいな印象がずっと続きました。
しかしハトプリの場合、プリキュアに変身した時点で明らかに常人より強くなってる事がよく見て取れ、
しかもそのプリキュアがガチンコの打ち合い蹴りあいをハイスピードで繰り出す姿が普通にカッコイイ。
女の子が戦うんだからエレガントさや愛嬌がいるとか、それは時と場合によるのです。
ではハトプリにはどういう時と場合があったのか。それは次の項に。

・プリキュアに自主的な目的がある
なにげにシリーズ通すと希有な特異点だったりしますね、これ。
今までのプリキュアはどちらかというと巻き込まれ型の戦いを勝ち抜いていき、その中で
敵や味方と通じて生まれたドラマを見せる手法だったように感じますが、ハトプリの場合
こころの種とデザトリアンの存在が、プリキュアに成さねばならぬ目的意識を与えていました。
街のどこかで見知らぬ誰かがピンチに陥っているから助ける、というのはある種「しかたなく」という側面を
含みますが、ハトプリではほぼ全員、つぼみたちが見知っている人たちがデザトリアンにされてしまう。
放っておけない人間だから助ける。それを繰り返すうちに人の尊さを解し、それを護るため自主的に戦う。
そういう「みんなのヒーロー」的側面を持っていたせいか、ハトプリ世界ではわりと街の人々が
プリキュアの存在を知っているという描写が見られました。こういう、居なくならずに愛されるヒーローって
最近珍しいからなお好きでした。

・キャラが活き活きしている
これは特に主観が強い、というかもう好みの問題に近いですが、キャラの個性・活気・生命力が
例年より高かったと思います。
今までのプリキュア人物はなんというか、とりあえず女の子というテンプレートの中に
役割を持たせている
とでも言えばいいのか、立場や役割優先でキャラの性格が弱かった。
しかしつぼみやえりかは役割より性格が優先して描写されており、その感情のためには
時にダメな姿を見せたり、勢いのよさについていくために描画を崩しまくったり(例:大爆発)と
「アニメの中で人物を動かさなければいけない制約」よりも
「中身のある人間をアニメならではの切り口で見せる」感じが強く、見飽きませんでした。
プリキュアといえば途中でメンバーが仲違いして、ピンチを経て仲直りするという百合百合しい
定番エピソードがあったそうですが、今回そういうのがなくてもプリキュアとして成立していたのは
定番など経ずともキャラの完成度が高かった点に根拠があるんじゃないかと。

とまぁ、こんな感じです。
なんか今年からはまたいつもの絵面のプリキュアに見えたので数回見て終わっちゃう気が。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

終わっちゃいましたね、ハトプリ。
最後の最後までブレること無くハトプリらしさを貫き通した、2009年最高傑作のひとつだったと思います。
いやホントおしりパンチを考えた人は偉大だわ……。

ハトプリのMVPはえりかだというのは完全同意ですが、
それもやはり主人公を張り通したつぼみあっての事だったと思います。つぼみ派としては。
プリキュア同士の繋がりを主軸に置いてきた従来作と違い、
あくまで一人一人の成長とそれを受け止める人達を主軸に置いたハトプリとして
最弱から最強に、「変わりたい」から全てを受け入れる強さを得たつぼみはやはり本作の骨子を支えていたのではないかと。
水樹奈々さんの演技もはっちゃけてましたし。正直つぼみとフェイトが同じ声ってのがいまだピンと来ません。

スイプリはまぁハトプリと同じものは望むべくもないでしょうが、一通り見てみるつもりです。
ハトプリ唯一の心残りとしてつぼみとえりかのガチ喧嘩回が無かったってのはやはりありまして、
そのあたり今から期待できそうではありますので。
あとはナージャ見てた身としてはやっぱその、小清水の存在ががが。

No title

メインの視聴者にするべき子供たちの顔をしっかり思い浮かべながら
作ってるという印象が強かったです>ハトプリ
これまでのプリキュアは明らかに大友どもの脂ぎったブヒ顔も視野に入れて
やってましたから…。

声優としての評価が知名度に比べて圧倒的に低い事に定評のある
水樹さんですが、実際に腕が立つ人であると再証明された点も嬉しいですねえ。
個人的にはむしろ水沢さんのあのえりか声が未だに信じられませんが(笑)

スイートが弾けるかどうかはやはり、テーマを捉え続ける事への
こだわり如何によると思います。
人間関係を音楽のハーモニーになぞらえる主題は当たり前のように
よくありますが、子供向けだけにあまり新機軸を打ち出さないほうが
むしろ功を奏するんじゃないかと。
イチイチ敵との因縁や百合百合なしがらみに囚われたら多分負け。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。