スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメまみれ

秋の新番組いろいろ。

・輝きのタクト
トップをねらえというか、エヴァ以外のガイナックスっぽい作品。力一杯視聴者を置いてけぼりにして
あとで拾い上げてくれそうな感じはグレンラガン見てたときを思い出す。
第一回の時点では面白くなかった。現在最底辺だと思う。
でも映像は綺麗だし、悪いと言っても展開先行&設定イミフ状態のせいだから、これより悪くなるとも思えないので
見れるのは見れる。が、視聴を続けたくなるほど飛ばしてる第一回だったとも思えないのよね。

・そらおとF
いきなりひどい(ホメ言葉)。こんなにも保志ボイスを有効悪用しているアニメも珍しい。
そはらのスーパー痴女タイムが注目を集めているが、お色気をちゃんと笑いと萌えにまで持って行ってくれる辺りは、相変わらずたいした豪腕スタッフ。

・俺妹
お話自体が、正直なところ好きではない乱暴さを孕んでいるのだけれど、原作つきアニメとしては
極めて優秀な部類に入ってる予感。なんせ原典そっくりのキャラが滑らかに動く。
けいおんのように躍動と緩急を付けすぎてブヨブヨモタモタした動きではなく、さらっとした動き。
しかしキョンといい、こういう口数だけは達者な男キャラは本当にイラッと来るなあ。

今のところこれだけ。今期もまた見るべきものが多くて弱る。
んで劇場版ダブルオー見てきました。ネタバレがトランザムするので続きは格納。
 
 
 
でも映像は綺麗だし、悪いと言っても展開先行&設定イミフ状態のせいだから、これより悪くなるとも思え

結果的に言えば満足。近年めっきり少なくなった「テレビアニメ発の映画」としては及第以上。
「ガンダム」の映画としても上々の完成度だと思いました。
が、「ガンダムダブルオー」の完結編としてはいかがなものかと思うところがかなり多く。

まず、最後の敵となった「来るべき対話」の相手、ELSのガッカリっぷり。
さすがに宇宙人はないかもしれないとは思ったけど、まさか知的生命体ですらないとは思わなかった。
ダブルオーのテーマの一つとして「分かり合えるはずの相手と分かり合えない悲しさ」があると感じたが
その話のシメに「分かり合わなければ皆殺し」という殺伐とした展開を持ってくるのは不始末に感じる。

ELSがイノベイターの持つ脳量子波を狙ってくるという設定もかなり不味かった。
結局ELSは脳量子波を食い荒らしに来た侵略者と大差ないし、エンディングを見るに人類は
ELSに迎合するかのごとくイノベイターが増えているし、刹那も半ばELS寄りの存在に変じてしまっている。
見方にもよろうが、個人的には人類がELSに一方的に頭を垂れた、許してもらったという気がする。
ELSの特性や、生態として持つ技術が人類に供与されてる姿でも垣間見えればだいぶ違ったんだけど。
もしくは、最初に地球に降り立ったELSを人間が虐待し、それにELSが怒り、絶望するシーンとかあれば。

次の不満としてMS戦闘の単純化。
ダブルオーのMS戦闘は近年のガンダムの中でもトップクラスの面白さがあったけど、それは
複数あるガンダムが機能特化型であるがゆえに、色々な戦闘パターンを見れた強みがあった。が、最終決戦で
とてつもなく大量のELSを相手にするにあたり、ほぼ全機が大口径のビーム砲やビット兵器を実装するように
なり、みんな同じような戦い方で一掃するだけの火力戦に変貌し、悪い意味でグレンラガン的な、大味な
スーパーロボット戦に落ち着いてしまった。カッコイイのはカッコいいんだけど、人型機の戦いなんだし
もっと動きがよく見える戦いにして欲しかったわ。
ラファエルなんか出てきて早々撃沈してしまったため、ガデッサシリーズの後継機というコンセプトも
「単にデザイン新案を渋っただけじゃねーか、セラヴィーさんの方が存在感あるわい」と思わされる。
とどめに、真打のクアンタが武器を持っているわりにほぼ全く戦わないというガッカリイノベーション。
どうせなら武装を一切持たずクアンタムシステムで戦闘空域を停止させるくらいの平和的チートが良かった。
結局武器を持てるんじゃあ刹那の願った平和には辿り着けないだろうし、うそ臭く感じる。

対して、人間キャラに関しては全体的に見応えがありました。
群像各個に適度に見せ場が与えられ、懐古や成長を見届けられたりして。
スメラギおっぱいと同棲した経験がありながらますます増大するビリーさんのGN30台半ば童貞力が素晴らしい。
エロ釘ことミーナ博士も非常に淫乱アダルティ。いいぞもっとやれ。
フェルトが御都合的にヒロイン枠に収まってしまってることに批難の声もあるが、フェルトは旧世代の
最も秘匿・閉塞していた頃からのCB生まれのCB育ちなので、仲間内で孤立する刹那に心を痛めるのは
無理からぬと思うんだけどなあ。とりあえずあやひーは相変わらず素敵だし。

軍人サイドから死者が幾人か出たのも惜しい。結局犠牲を伴う変革だったのかと落胆する。
アンドレイはすでに前世代のセルゲイ、ある意味同世代のルイスという犠牲を得ていたのに結局未来への
捨石役として死んでしまうし、グラハムのようなベテランも「戦争を捨てる事ができた軍人」の象徴として
生き残るべきだった。彼を殺すのなら最後にマネキン夫妻くらい出しとけよと。いいよクラウスとか。
その点コーラサワーが予想通り生き残ってくれたのは流石です。あの超土壇場で生き残ってるのは
むしろおかしいんだけど(笑)

新キャラのシャーマンはまぁ、なんか客寄せだったんだねやっぱり、って感じです。
某「今までのエヴァを破壊する新ヒロイン(核爆)」真希波といい、客寄せ嫌いなんで特に語る事がない。

話のオチが分かりにくいのもマイナス。
結局投げっぱなし感が残ったのはきつい。ワケの分からない敵と戦ったんだから結末くらいはわかりやすい形で
表現しつくした方が綺麗だと思う。投げっぱなしって話題を後引きやすいから作る側には好都合なんだろうけど、
見る側にとってはほぼ不評要因にしかならないから止めた方がいいんだけどなー。

最後に。これはダブルオーに限らない、ある一定の作品全般に対する感慨。
狭い知識の中から申し上げるなら、トップをねらえシリーズ、エウレカセブン、グレンラガンなど、
宇宙に進出する、もしくは宇宙存在が関わってくる作品の大抵において、地球外存在は人類にとって
圧倒的な敵性存在として描かれますよね。これって結局、作り手にとって宇宙に対する想像の天井であり
その中で多くの視聴者に納得してもらおうと思ったら、宇宙の持つ未知の部分を
「見えないもの」「理解しがたいもの」「怖いもの」として描かざるを得ないんじゃないか、と。
プラネテスなんかは宇宙の未知に対して憧れや希望、妄信、縋りを見せる人類の姿を描いていたため
宇宙は人類にとって強大で恐ろしいけど敵ではなかった、中性の上位存在なんだと解釈できる。
しかしトップの宇宙怪獣やエウレカのコーラリアンは熾烈な敵に留まってしまった。
これを悪しき慣習と言いたいのではなく、この固定観念を覆す展開を推敲するのは、商業作品として
険しいけど大当たりを引く近道になりうるんじゃないかなぁと思ったりしたのです。
グレンラガンを贔屓目に見れるのは、宇宙の未知より先に敵の存在を描き、それがたまたま宇宙にいたという
展開に持っていった妙味にあるんじゃないかなぁ。

以上。劇場で見る価値は十分にありましてよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

兄妹三人とあおいのメンバーと計2回見てしまうほど僕は好きですね今作。


コーラサワーのイケメンっぷりに濡れました。こいつもはや主人公じゃないかと思うレベルです。
我が家ではコーラサワー大人気です。印象に残りすぎてたまにコーラサワーごっこしちゃいます(主に僕ww)

僕は今回石川さんと同じくハムの件と刹那が最終的にああいう風になった点とエピローグがもうちょい他のキャラ出しておくれよ~ルイス&サジとかマネキンとか(マイシスターはアレルヤがなくてお怒りですた)思った以外は満足でしたが、言われてみればたしかにMS戦について同じ感想を持ちましたね~劇場で見てる時は敵たくさんいるし仕方ないかなとか思って見てましたがたしかに高火力兵器ばかり出張ってましたね。サバーニャがフリーダム的に乱れ撃ってたのはともかくハルートまで大型ビーム兵器使ってたのは違和感でした。
オメーはスピードタイプじゃねーかwあと関係ないですがラファエルはプラモ化した時絶対自立できないと思いました。
シャーマンさんは「劣等種が」とか言ってたのでELS側になってラスボスか?とか思って見てましたが普通に人類のために出張って退場したので個人的に以外でした、声優さん知らなかったのですがあれはSEEDの時のTMみたいに歌手かなんかですかね~?

マリナ様には悪いですが僕は今回の終わりかた好きです。なんか刹那が変な色してましたがきっと本編終了後、待ち続けたマリナ様を貫いてあげたと信じてますwwメタルち○ぽで。でないと良い終わり方でしたがかわいそすぎるヒロインですわ~。
何を見てもどうしてもシモに考えが行く僕はもしかしたらイノベーター?変革のはじまり?

とりあえず作品通して伝えたいことが結構わかりやすく伝わってきたし00はかなり好きなガンダムになりました~☆

No title

秋の新アニメ、私的にゃパンティ&ストッキングwithガーターベルトがダントツで面白いです。
カートゥーンで主人公が1話前半で男3人に抱かれるビッチってのはいいとして、
それを開始5分でう○こまみれにするとか今石監督バカなの!?そしてそんな内容に技術を全力で無駄遣いするグレンラガンスタッフバカなの!?
とまぁ、そんな豪勢極まるジャンクっぷりが見ていて痛快です。
9日からニコ動でも配信するらしいのでもっかい見よう。

No title

いっそのことELSじゃなくて木星に本拠を置いていた
リボンズ軍団が黒幕で、リボンズの遺伝子元の人(レイさんだっけ)は
脳量子波の生産地として地球を植民地化するために
イオリアを触発した尖兵とかの方が良かったと思う。

ハルートがビットで空間戦を行い、サバにゃんが高機動戦までこなすという
でたらめっぷりがね。イノベイドでもないライルがここまでできるんじゃ
もはやニールさん無駄死にレベルだし。

シャーマンの中の人は俳優ですね。正直まったく知らないのが恐縮だけど。
全然西川さんかガクトあたりでいいと思うんだけど(笑)

マリナも、終生人としての営みはほとんど出来なかったろうし
結局平和への犠牲者になってると思う。そういう所のつめが全体的に
甘いのがダブルオー全体の泣き所。変に生々しい現実味を残さず
清潔なくらいのハッピーエンドでよかった。

No title

ようやく第一話見ましたが、とても実験的な感じがする作品で
速攻大好きになりました>PSG
展開している表現手法的に、
「一つのアニメハウス内でどれだけ海外カートゥーンのように
 枚数を稼ぐor動いてるように見せかけられるか」

を追っている感じを察しました。要するに作業体制の見直しや進化を
計りつつやってるのではと。

国内で流行るか、そして海外で放映できるかどうかは未知数ですが
野心的な作風とビッチすぎるパンティさんに惚れたので
最後まで観続ける所存。
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。