スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロインズゲート

積み倒していた「えろげー!」ようやくプレイ開始。
最近ミドルプライス志向に傾倒しているせいかコレもそれに該当してたらしい。まぁクロアプアニスだしね。

内容はエロゲーメーカーを舞台にした底辺チームの奮闘ストーリー。
マンガ家を舞台にしたマンガとかは結構あるけど、エロゲーメーカーを舞台にしたエロゲーはあまりない。
それは「安易に作り手の事情を晒して同情を買うようなマネはかっこ悪い」という矜持か、それとも
「あまりにもアレな現実の中で作っているから自分達でやろうとすると面白くならない」という
精神的タブーの結果なのか。それはさておきプレイプレイ。

結構面白い。クセのあるメンバーがわりと現実的な欠陥を抱えているため感情移入しやすい。
特に石川さんは某同人ゲーを有志で作ろうとして挫折した残念な過去があるので、こういう共同作業における
残念なぶつかり合いには生々しい感慨を覚える。
グラフィッカーの伊織さんとか、技術はあるのに感覚が育ってないからトータルとしてダメグラフィッカー、
という辺りは本気で生々しい。

尺も濃さもあるエロがお手軽に突っ込まれてテンポいいなぁって感じだ。これこれ、こういうのでいいんだよ。
セルアニメ調のグラフィックはきょうび手抜き感がない事もないけれど、上記のとおりキャラが立ってて
立ち絵演出が細やかなので思い入れ補正が効く。はましま薫夫さんの絵はいつもより肉がぽよぽよしてるけど
マンガ表現たっぷりの表情が可愛くて素敵だ。

しかし、サトウユキさんのエロ演技はすごいな。さすが、かの伝説作「姫騎士アンジェリカ」
「本作って本当に最高のコントだわ!」と言われるだけの事はある。
今回演じるきさらさんも、普段は強気なのにM体質という、サトウさんにやって欲しいがためを通り越して
サトウさんが業界に登場したから定着したようなメスブタヒロインを担当されているため、プレイ途中から
ガチ勃起オスおちんぽ(作中表現)が勃つ前に笑い待ちをしてしまうという奇妙なプレイスタイルに。
「おほぉぉぉ♪」という有り体で短いみさくらテキストを

「ンぅおほひよょよぉおひょぉおぉおぉおお♪」

と発音できるサトウさんのマキシマムドライブには日本の職人魂を感じずには居られません。
しかもそれでいて、単にギャグで終わってしまうならともかく、えろい事はしっかりえろいのよね。

あと背景が何箇所か「こいとれ」そのまんまで噴く。クロアプつながりか。

バッドエンドだけサクッと迎えられた。
結局メンバーと打ち解けるどころか、オトコへの拒絶を植えつけてしまい、余計に歯車が回らなくなった
メーカーの新作はさらに出来の悪い作品になってしまい、あえなくメーカー解散…というものですが、ここで
出来上がった駄作のサンプルがまさに絵に描いたような残念っぷりでちょっと見事だと思った。
あーこれは体験版で切るレベルだね~と。

小粒だけど定期的に濃い目の作品を出してるし、ある意味今一番脂が乗ってるメーカーかもしれんねクロアプ。
こいとれもちゃんとクリアせんとなぁ。うたはかわいいようたは。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。