スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆十字に咲く一輪の花! キュアほりえつみこ!!(ドロローン☆)

若先生がキュアサンシャインを描いてくださるのなら5万は出していい。でもサイバーだけは勘弁な!
こんばんわ、いしかわくらんどです。そう言えばアニメシグルイの三重って桑島さんだっけね。

さてさて、ついに登場しましたよキュアサンシャイン!
界隈でも大ブームになっているようですが、石川さんもご多分に漏れずフィーバーしております。

総作画数5000枚級という狂った所業には確かに頭が下がると同時に、心の中では
「いくらなんでもそこまで描くのは無駄な気が…」と思ってしまうヒネクレ者だったのですが、
実物を見るともうどうでもよくなりますね。
線の一本一本が、太さ細さのレベルでヌニヌニ動きまくる様相は、入魂を感じさせつつも
ある種のキモさすら覚えます。パヤオやディズニーに類する、作画に対する妄執のようなものがある。

しかし細かい技術論はすっ飛ばして、やはりこの変身バンクは凶悪に可愛い!
今まではまだ可愛いもの好きな自分に戸惑いや自重があったいつきが全開(全壊?)になっている様子や
満面の笑みを見るだけでもうお腹がいっぱいで胃がワンナップですよ。

また、今週は新規変身シーンだけに留まらず全体も面白いのが良かったと思う。
これで全体がショボかったらスタッフの限界を感じずにはいられなかったでしょうが、おかげさまで
プリキュアスタッフは新世界の神々で構成されているという事実がよく分かりました。

手術への恐怖から強烈に心を弱らせるさつき。
もともと心の器の大きい人だけに、彼がデザトリアンになってしまえばその強さは恐るべきものになる。
いつもの面々が比較にならないほどの多彩で圧倒的な能力に叩き伏せられるプリキュア。
知り合いが被害者になるケースが当たり前のプリキュアですが、今回は特に熱い展開です。

憧れのプリキュアが自分の家族のために必死に戦っている。
可愛くか弱いポプリがみんなのために力を振り絞っている。
そんな彼女たちのために、そして優しい心の隙を衝かれて苦しめられているお兄様を救うために
たとえプリキュアの夢の記憶が継承されていなくても、自身の心の強さ一つを資格としてプリキュアに覚醒する!!

なんだろうこの少年漫画。そりゃあ島本先生のツイッターも爆発するわ。

そして初変身でも凄まじく強いサンシャイン。
これはいつき本人が武道をたしなんでいたからという説が大きいですが、個人的には
誰かを守りたいという意志の力が最初からバーストしていたからじゃないかと思います。
マリンも最初からけっこう立ち回りましたが、これもブロッサムのピンチを見ていたからであり、
さらにはブロッサムも虐げられた草花を見て決意を固めてから覚醒していますし、プリキュアは
肉体的な素養より心の力に依る所が大きいんでしょう。

さてそしてスパッツですよ
みなさんはヒャッホイしてるようですが、石川さんはやはり不満です。



そこはアンスコだろ、常識的に考えて!!!!!!!!!!!!!!!!
(劇場版ドラゴンボールばりのエクスクラメーションで吼える石川さん)



スパッツでなければ困る理由は分かる。大人のクレームは確かに怖い。
しかしよく考えて欲しい。スパッツである事でプリキュアが面白くなっているわけじゃない
それなのに、ヘソ出しプリプリのルックスがスパッツという微妙なアイテムで
かわいさを押さえ込まれなければならない理由なんて本来どこにも無いのです!
ここまでやるならアンダースコート、しかもフリフリ付き! そう思うだろう、アンタも!?
(戸田泰成作画で迫る石川さん)

服の構造的にレオタードではおかしな事になるのでまぁいいとして、やはりスパッツは変なんですよ…。
ブロッサムやマリンだって、アレは本来レオタードのラインじゃないですか。納得行かないんだよ……。
本当に残念です。大人の事情のせいでデザインを追及できないとかひどすぎます。
そこまで執着するならまずファッションショーモデルのチクビ全員分むしって来いよと本気で思います。
あれこそ大人の事情でモザイク入れるべきだろうに、アレは美だからよいのか。
ちっとも嬉しくねえよあんないい加減な見せ方でドス黒くてありがたみのかけらもない改造チクビ。

そんなわけで狂喜しつつも心の中についたミソが拭いきれないまま終わり
デザトリアン化が期待される石川さんでしたとさ。
フッ、俺がデザトリアンになったら登場から倒されるまで全編モザイクだぜ?
スポンサーサイト

comment

Secret

パフュームを十字に切ってるからそのタイトルな訳ですか

あ、なんかスパムコメ扱いされてたけどやっと書き込めた。

オープンマイハートの掛け声に相応しく内に秘めた可愛らしさと表に出てた格好良さが噛み合った凄まじいバンクでしたねぇ。
ある種のキモさすらってのは分かる気がします、正気にては大業ならずとでも言いますか。
これは島本先生も人間ではいられなくなってしまっても無理はない、つーかいつかマンガのネタにする気がしますアレ。
話の熱さに関しましても、去年の今頃にゃ敵幹部が主人公と雨の中ドラゴンボールばりに殴りあいながら魂の叫びを上げ、
第4のプリキュアとして生まれ変わるっつー壮絶に熱い展開でしたが……
全くどこぞの魔砲少女といい最近の魔女っ娘はヘタな男の子向け番組より愚直に熱いから困る。

>そう思うだろう、アンタも!?
だが断る(荒木飛呂彦作画で返す小生)
いやすいません、私はスパッツも等しく好きですしプリキュアとスパッツは切っても切れないとおもってますんで……
ただあのデザインでスパッツは違和感あるってのはわからなくもないですが。

No title

いつきたんはくじけない花なのよ。

サンシャインは数字が公開されたせいもあって驚愕されてますけど、
ブロッサムとマリンも合わせればとんでもない枚数にはなってると思うんですよね。
決して二人が味噌っかすなわけじゃない。

最近の男の子、というか男大友向けは即物的すぎて、
ティンと来なければ見るのも嫌になるってくらい細分化されすぎてますが、
本来これくらい広く浅く、ベタやきれいごとのあるアニメの方が盛り上がるんですよね。
もうすこし原典回帰して欲しいです。サブカルの特徴を持つのはいいけど
進んでサブカルに行き過ぎるのは別にクリエイターの魂でもなんでもなく、
マイノリティの愉悦ですから。

いや、いっそ初代のブラックのようにバッチリのスパッツなら
ハアハアオッケーなんですよハアハア
(あの衣装でだっさいロングスパッツを穿いて恥らうサンシャインを想像して
途中から挙動が怪しくなる石川さん)

プリキュア5あたりからほぼ明確にスカートがメインになりスパッツは
鳴りを潜めましたけど、コレも裏を返せばプリキュアというガールズヒーローが
言わずとも定着し、スパッツでアクティブなイメージを推さなくて済むように
なったからでしょうか?
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。