スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル妹がいない石川くんのばあい

アセリアSPEDはとりあえず買った。やるかどうかは知らない。

それとは別に久々に手付かずのエロゲー購入。今日の題名どおり
リアル妹がいる大泉くんのばあい」を買いました。安かったと言うのもあるが(笑)

まあ、完全な衝動買いと言うほどでもなく実は体験版やってみたりしたのですが
なかなか面白い導入だったので熱が上がったうちにサクッとやってしまおうと思い購入。
主人公たち兄妹の境遇がどこか「こいとれ」に似ていたのも好印象の原因かも。
主人公の「身内のためにがんばる。でもそのがんばりが枷になる」という感じが一緒ですね。
絵柄とか演出の細やかさとかもなんか似てる気がします。
あんまり妹キャラをかわいいと思う事がないので、これを機にドップリはまれればいいなぁ。
と言うにはあまりにもハードルが高い事には業界随一の定評があるライターらしいのですが。

それにしても最近、またまたエロゲの家庭用移植が目立ちますね。
同人ゲーの多発、ブルーレイエロゲといい、そろそろユーザーもエロゲの高さに客離れを起こしてそうな感がします。
PSPへの移植が嬉しい所ですね。PSPはボタンをアクセク押し動かすアクションゲームには
向かないことこの上ない、ビジュアルだけのクソ携帯機なんで、読みモノには向いてるかと。

石川さん的には廉価化、小粒化は上等なんですけどね。
人材一人一人を食いつぶして作るかのような、圧倒的な作業密度。
それが報われるとも知れない、ばくち打ちのような販売攻勢。
マスプロダクトの工程と精度を求めつつ、クラフトのような完成度と夢を都合よく求めるんじゃあ
作る人なんか誰もいなくなるでしょうし。
複数ゲンガーライター上等。要はその集まったみんなでちゃんと顔をつき合わせて作るのが大事なんじゃないかと。
アイディアを受信、発信し、交換する。そのソフトハウスのために使い切るのではなく、
一作品作る毎に得たもので新作の精度を上げる。最近のエロゲは創造の基本をこなしてないように見えるこの頃。
都合のいいところだけ「所詮エロゲに熱上げるとかwww」なんて言い訳のほうがみっともない。
作るものにハイレベルが求められるのに真っ当な情熱を傾けないなら、プロを名乗る資格はない。

日記ほったらかしすぎなのですが、来週からさらにほったらかす予感。
最近体調に不安があり、仕事以外の活動がままならなくなってきているのですよ。
もっとゲームやったりえっちな絵を描いたりしたいのですが。
体調よりむしろ、心からスカッとする体験が足りないのかもしれません。
ヴァイスもやりたいのにぜんぜん機会が合わず、このままだとカードが腐りそうです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。