スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス(笑)

最近またものすごい勢いで漫画を買っている。

・いつかのメイン
「ブルジョワ刑事」以来大好きな水穂しゅうし先生の中篇。
あまり中身のないお話ではありますが、先生らしいクールで残虐な暴力と独特な言い回しやノリは
堪能できて非常に楽しい。

・迷い猫オーバーラン!
ToLOVEるでエロ神さまになった矢吹先生の新作コミカライズ。
内容はこれまた正直どうでもいいレベルなんだけど、矢吹先生のオースティンパワーズ力(ちから)
ToLOVEるの時よりさらに超越しててたまりません。
ノーパンの千世が主人公を足蹴にするとき、裸足の親指で絶妙にワレメが隠れるカットは神の業。

しかし黒猫時代はパクリ神だの知欠乙だの色々くさされていたのに、お色気漫画でこうも評価が上がるとは
世の中丁寧な仕事をすれば報われるのかオタクの信頼がいい加減なのか、迷う所。
星の使徒が何をしたいのかわからん烏合の衆だった事を除けば、そんなに嫌いじゃない漫画でした>黒猫

・おせん
ようやく旧章全巻買った。おせんさんはかわいいなぁ。ビールで餌付けしたい。
かわいいという概念は幼い、若い中にしかないという固定観念を徹底的に崩すお茶目さがたまらん。

・淫乱人形ヒメ
発売日に買ったけど、書き込もうとしたら停電して記事が消えたのでほったらかしにしてました。
商業デビュー前からファンをしているしいなかずき先生の新作単行本。
第三の女性器として尿道口を使うのが基本という相変わらず拡張性にすさまじく富んだ
作風ですが、なぜかがっつりお世話になれます。
惜しむらくはコミックアンリアルという土俵のせいなのか話にまとまりを欠くところ。
さすがにゲドマガが母体な雑誌だけあり、夢や妄想を第一義に展開しすぎている雑誌なので
キャラが薄く、濃いプレイの先に愛着がもてない感じは以前とあまり変わってなかった気が。
「こんないいキャラがこんなことまで!」という無二の喜びを、
「この作風だから常にここまでしちゃう」というアベレージサービス感が塗りつぶしちゃってるというか。

それにしても先生。
「漫画の中では修行次第で気とかオーラとか出せるんだから、子宮が出せたっていいじゃない
という思想はハイランダーすぎると思うのですが……。

・ニューマノイドキャム(1~2)
ようやっと単行本完結したうろたん先生の長編。
基本濃い目だったフランス書院の修正がコアマガ流になり、ちんこのぽってりした太丸具合や
女性器描写のむにむにした感じがタップリ味わえて最高です。特にホットミルク掲載分は
修正が完全に乙ってたのでようやく本物を見れた感じ。
2巻はもちろんアニメ同梱版を買いましたが、デキは大分アレなので通常版で十分です(苦笑
キャムの声が榎津まおって言われてもピンとこないしなあ。
まんまももいろガーディアンだけど水瀬沙季とかでよかろうに(笑)
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

おひさしぶりです~
単行本も購入して頂いてありがとうございます。
ちょくちょく見に来ているのですが色々参考になります。
そっかーハイランダーすぎますか(笑)

>迷い猫オーバーラン!
個人的にはシャワーシーンのある部分の水滴の描き込みに吹きました(笑)
ジャンプ系列でアレやるなんて矢吹先生は神です

No title

うおっ、トラックバック打ちに行こうとしたら先手打たれた(苦笑)

商業を始められてだいぶ経ちましたが、その中で作風がぶれないというのは
きょうび実にたいしたものだと思います。
今後ともモリモリ女性器の未来と幻想を開発して下さい。

個人的には、ユキ姉やディアのように
まともな理性や常識を有するタイプがガッチリ拡張調教されるのが燃えました。
ちょっとズレてたり、足りない子だったりすると、なんか
「まぁ拡張できてもおかしくないよね」とか帰結してしまったりするのです
(すでにそう考えられる辺り、ウチの脳がしいなイズムに拡張されてる証ですけど・笑)

あの水滴はまあ、見れば見るほど言い訳きかなくなりますよね(笑)
精緻に形を取りすぎてて、水滴の周りの書き込みを忘れたようにすら見えるという。
他にも幼児体型のおなか周りと足の細さを完璧に描ききったりと、どうも集英社は
変態に技術を与えて育て上げてしまったようです。

No title

ハイレベルな変態の方々だ……!

>矢吹先生
適材適所の一言に尽きるかと。貴重なジャンプのアクション枠を何年も塞いでたら、まぁ。
実はなくとも華はある方なので、戦う場所と戦い方を間違えなければ頼りになりますね。
http://2r.ldblog.jp/archives/3112629.html
こんなのとか。

No title

しかしボク程度ではまだまだ甘ちゃんなのであったり。

どこぞで、迷い猫がある程度進んだら切り上げて本誌で新連載があるという噂も
ありますね。個人的にはこのまま萌え系コミカライズ担当でよくね?と思いますが。

だってホラ、「月刊ジャンプ」ってすっごいお色気の感じするじゃないですか!
昔は当たり前の認識だったのに、今はぜんぜん通らないんですよこの感覚。
BADだねヨシオくんとかつきあってよ五月ちゃんみたいなお色気漫画は
いついかなるときも必要なのです。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。