スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上目遣いは私的嗜好的にも大変相性が良い

さてプリキュアですよ。
初めて大きく作画が揺らいだ感が残った回でしたが、お話が良い感じなので相殺!
今週はつぼみの家族にスポットが当たりました。主人公のバックボーンは、トラウマ伏線以外は
さっさと消化しちゃった方が便利なので、序盤の掴みとしては上々かと。
あと今週からOPが元に戻ってくれてありがたいです。その代わりEDにヘンなの挟まって
ブチきれましたが。

今回の被害者はつぼみパパンの尻穴奴隷、じゃない後輩の小畑さん。
こんなヒョロっちぃ青年が事ある毎につぼみを追い掛け回して「お願いだ!」と頭を下げていると
まるでつぼみの脱ぎたてパンツが欲しくてしょうがないド変態に見えてきます。



ごめん、それ俺だわ



いや違う、やっぱ俺じゃないよ?
だって俺はえりかのパンツの方が



なんか遠くの方からスターライトブレイkなんとかが飛んできて頭が冷やされたので
普通の解説に戻ります。
真面目に解説します、ごめんなさい砲撃とレズの神様
 
 
 

そんなわけでつぼみに対しパパンが研究職に戻ってくれるよう説得して欲しいと頭を下げる小畑さん。
必死なのは分かりますが年頃の娘を使った搦め手を頑張る営業マンだと考えるとかなりイヤです。

自分の都合で逼迫する小畑さんに、花咲一家がゆったりと逆説得を開始。
その中で語られたつぼみの生い立ちは、幼い頃から肉親との距離感に苛まれていた記憶。

引っ込み思案な人格形成も、好ましい人、大切な人にわがままを言っちゃいけないという
自己への強迫観念めいたものを感じます。十分大きくなってから決壊して号泣してしまうあたりに
つぼみの芯の強さと、それゆえに抱え込んだ苦しみの大きさが窺えますね。

そして今週の御褒美タイム。もちろん担当はえりか!

「言ってくれなきゃわかんないよ?
 小畑さんも、あたしも。」


この時のえりかの上目遣いの破壊力が本当にヤバイ。
こころの種を何個ケツの穴に押し込まれて牛乳浣腸されてから
マリンインパクトを下腹部に食らおうとも
追いつかないくらい危険。
特に叱るでもなく、ある種うつろな表情でふんわりたしなめるあたりに
逆にえりかの性格がよく表れているナイスショットだと思いました。
とても数分前「ベタだが、イイ!」と言って舌ペローンしてるウザかわいい女の子と同一人物と思えない。
その時のつぼみのフフーンって顔も激かわいい。このまるっこい顔つきはさすが馬越キャラだなあ。

今週のデザトリアン職人、匠はコブラージャさん。おもっきし砂風呂を満喫しています。
しかし毎度毎度幹部の方々は、足しげく街に出稼ぎに行っては怪物ばかり作っていますが、
OPよろしくスナッキー軍団を駆使するとかしないんでしょうか。部下想いだと思いたい。
と思ったらその部下にノセられてホイホイ出かけてしまうあたり、コブラさんあまり尊敬されてない。

そして小畑さんがデザトリアンに!
個人的には幹部の皆様には、標的の性質によって出張る人を変えて欲しかったりします。
性別的なコンプレックスを貶すなら、同性としてサソリーナかコブラージャ。
心根や才能を貶すなら粗暴な自信にみなぎるクモジャキーさんとか。

それはさておき電話モンスターになってしまった小畑さんのこころの花を浄化するため、
今日もプリキュアは頑張るのですが、超速かつ飛び道具を使う電話野郎に苦戦を強いられます。
この辺、アクセク働き回って携帯が手放せない小畑さんの心痛がうまく武器に変わってます。
そしていつもはこのあたりでトラウマ暴露タイムが来るのですが……

「研究シタイ……僕ダッテ、新種ノ花ヲ作リタイ!」

えええええお前そんなネタ全然ふってきてないじゃーん!
しかも営業マンなんて、やってりゃやってるほどバックヤードから遠ざかっていく職部だっつーのに。
しかし今の時代、うかつに揉めれば職を失うのは明白。
(この辺が特に説明もなくスルーされてるあたり、本当に不況なんだなあと感じて怖くなりましたが)

そんな小畑さんの迷いを失笑に付すコブラさんに、例の堪忍袋の緒がブチッといきました。
それに続くように、ついにマリンのキメ台詞が火を噴きます。噴いたのですが……
う~ん、なんか作画がへちょくてイマイチ?
前段のブロッサムがバンクだけに、今後もこれなのかと思うとちょっと怖いです。

タクトで浄化し、小畑さんを社会復帰させることに成功。
つぼみの逆説得もあり、花が何より好きな自分に向き合う覚悟を決めた小畑さんは、憧れた
ダーリン、もといパパンのような研究者を目指すのであった…。

次回、早くもダークプリキュアとの戦闘が待ち構えるという急展開。これは素で燃えました。
序盤に段違いの強敵にブチのめされるなんて少年漫画の王道すぎて涙が出てくる。
きっとキック力増強タクトとか麻酔針を撃つココロパフュームで大活躍してくれるでしょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

そちらのベストシーンもやはりえりかのアレでしたか。
ミもフタも無いぶっちゃけの直後にあの仕草とセリフですからねぇ。

しかし2ヶ月程度でもうすっかり名コンビになりつつあるつぼえりですが、まだ大きな喧嘩はしてないんですよね……。
初代然り5然りフレプリに至ってはドラゴンボールばりの殴り合いと仲間割れ回は定評のあるプリキュアです、
ましてや凸凹感の凄いあの二人がぶつかったらどんなエピソードが生まれるのやら……想像するだけで震えます。
まぁ先ずは次回ですね、考えてみたらプリキュアで序盤に大ボスにフルボッコなんて展開初めてですし期待大です。

No title

さすが本気でファッションデザイナーを目指しているだけあり、
「観る」ことに関しては的確な対処力を持ってるのがえりからしかったです。
テニスコンビにバカな言動を呈したのも、逆に考えれば
結果として彼女たちが煽られる事で絆の強さを再認識するキッカケにもなるわけですし。

仮面ライダーのせいもあり、最近テレ朝は本気で
2クール+劇場版商法に移行するんじゃないかという予測もありますが、
確かにハトプリの凝縮感にもソレを感じます。個人的にも賛成。
だもんで定番のガチ喧嘩も意外と近いのではないかと。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。