スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もーも姉になってえーりかのあられもない姿をスニーキングしたーイヨー!(CV:デザトリアン)

二日酔いになるほど飲んだくれてもプリキュアの時間が来るとスパッと起きる。
数年ぶりに子供向けアニメで完全調教されてる石川さんですこんばんわ。

バーローの人だと思っていた月影さんが実はムーンライトらしいという事で普通にビックリしてしまいました。
というか正直なところ御歳も大分だろうに、ローティーンレベルの声を当ててもさほど違和感のない
久川さんはやはりすごいと思いました。
声優ネタで言うならえりかママの声が氷醒さんなのもグッド。この時間帯に彼女の声が聞けると
なんだか嬉しくなってしまいます。こたけー!

今週はもも姉にスポットが当たる=えりかのモヤモヤやムシャクシャが
眺め放題という超弩級の御褒美回
で最高と言わざるを得ませんでした。
デザインを見られて赤面してしまうえりかマジ最高! 人の中心にいて皆を引っ張るポーズを取っているのは
自分の一番誇りたい所に自信が持てない現状の裏返しなのかもしれませんな。

そして姉妹は逆が然り。
自分の夢をかなえるという、えりかにはまだできるかどうかも分からない大業を果たしている
ももかにすれば、そのせいで失い、取り返すことも出来ない「まとも」をえりかが
たくさん抱きしめている事にコンプレックスがある。
ラーメン屋に続きなかなか深いところを捉えていて相変わらず教育的で面白いです。

今週は戦闘シーンでもブロッサムがまさかの活躍。
でも大友視聴者の大半は
「そこはおしりパンチだろJK…」
と嘆息したに違いない。この変態どもめ! ただし俺含む!

んで、こころの種が姉妹揃って収納されていましたが、なにやら次回はついにつぼみが
砂漠の使徒の毒牙にかかってしまいそうな予感が…いいねその展開、どんどんやってくれたまえ!

んで、またしでも食玩に手を伸ばして300円のラムネ付フィギュアを買ってみたんですが
ビックリするくらい出来がよくて食いかけのラムネ噴出すほど感動しました。
塗りの精度、特にブロッサムのが異常。これが300円で買えちゃあ美少女フィギュアメーカーも
立つ瀬がないってくらい。CMで流れてるキュアドールよりリアル頭身に近いのも絵描きにゃうれしい。
惜しむらくはマリンとの身長に大差がないことですが(注:マリンも出来はいいです)
手頃なんてもんじゃない優良コスパ具合に大友冥利につきました。これはみんな恥を忍んで買え。
フレプリ知らない俺もピーチは買うわ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ムーンライトがもも姉の数少ない友達ってのもいい立ち位置を用意してくれたなぁと。
しかも眼鏡っ娘とか!名前からして百合とか!うふふ!
あと、今回のベストシーンは帰り道でもも姉にデザインを褒められて悶絶してるえりかで。
基本つぼみ派の私も流石にアレはニヤリング現象が止められませんでした。
そして次回予告で早くもオチ担当のコブラージャさんはもう向こう一年ずっとこんな扱いな気がします。
あーもう、ホント子供から大友まで誰にも優しいアニメだなぁ……。

No title

今週も好調そうで何よりであります。
しかもご褒美満載でしたからねぇ。

「その手は桑名の焼きハマグリ」
のせいで、せっかくのマリンの決め台詞デビューがかすんでしまったのが残念。
いろんな意味でブロッサム活躍しすぎだろ…
おしりパンチ云々もそうですが、もうひとつガッカリしたのは、
スカートの下がスパッツだったということだ!
というわけで、歌音さんの脳内では無地ぱんつに変換することにしましたので良しなに。

あと、HSさんの挙げたベストシーンには、私も兆同意。
いつも以上にころころ表情が変わるえりかに、終始ニヤニヤしながらテレビを見てました。

No title

>H.StypeGB-1さん
ゆりともも姉の関係は、どことなくCCさくらの雪兎と桃矢との関係を
予想させます。作品の真相に近いようで遠い距離をすれ違っているというような。
過去(前世?)の記憶に憂えるゆりに、ある種既に人生を達観しているもも姉が
肩の力が抜けるようなアドバイスをしていくんじゃないかと。

ムシャクシャしたりアワアワしたりバタバタしたりと、基本マイペースなえりかが
もも姉の前でだけは全くの形無しになってしまうというのが御褒美なのですよ。
個人的には空想の中で高笑いするもも姉をひっちゃぶいて暴れるえりか
一番のツボでした。この辺ホントおジャ魔女テイストだなぁと。

雄たけびを上げつつ普通に降りてくるクモジャキー師匠など、砂漠幹部は
色々と面白いのですが、OPを見る限りだと合体ボス化→途中退場の予感が
するんですよね…。後ろには当然キュアバーローも控えてるんだし。
なあなあで生き残って人間に紛れ生きてくれればなぁと今から願うばかり。

>ターン
記事では突っ込み忘れましたが、確かにそのセリフは笑いどころでした。
しかも「堪忍袋の~」の映像がバンクっぽくって、ますますマリンのセリフが
キメっぽくないという。

パンツじゃないからはずかしくないとはいえ、ただのスパッツと侮るなかれ。
フィギュアを見る限りではスパッツよりホットパンツに近く、
これでおしりパンチとかキックとかお尻パンチとかしているのかと思うと
なかなかオツなものがあります。無駄にパール塗装でテカテカだし。

つぼみが相手だとツッコミ、たしなめに回るえりかだけに
もも姉との絡みは貴重ですね。がんばれもも姉!
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。