スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレディンガーの箱の中には猫耳美少女(ボニータ)が股おっぴろげてカモンカモン

巷では「非実在青少年」などとゆうものが今ホットな話題のようで。
この辺の規制関連については日々ホットな展開を見せていますが、正直ここまで来るとむしろ
「あれ? 法律って国会議員で徒党を組めばわりと好き勝手増やせるんじゃないの?」
という気さえしてきました。
だれかそろそろ40歳くらいに片足突っ込んだオッサンが
「高度経済成長期、団塊世代(笑)のエロビ目当ての購買意欲に支えられたビデオデッキのように!
 不況の現代にまた、エロに対する特需効果を見込みましょう!!!!!!」
とかいったスパイシーな法案を丁寧に整備してくれないかと思ってしまう。

しかしすごい字面だな非実在
多重人格とか幻想種といった、一周回ってむしろ俺らキモオタの領分に踏み込んでる語感だもの。
仮にも立法力を武器にしようってんならもっと考えろと言いたくなる。

石川さんもこれには反対というか、これに対して大手を振って賛成の名乗りを上げている人間は
「自分は現実と妄想の区別をつける生活能力も責任感もない異常者です」と宣言してるようなものだから
お近づきになりたくはないですね。

石川さんはこれでも社会常識にはそれなりに神経を使う方で、こういうものの取り締まりは
しっかりやるべきだと考えてたりします。例えばレイプ・拉致監禁を扱う作品に対し
そいった犯罪行為を助長・礼賛するような作風はかなり刺激が過ぎるし、規制というか隔離されるべきだとは思う。
ただそれは、作品の方から受け手の理性やコトの可能性に対し積極的に挑発しているからであり、
「少女に見える架空人物が肌をさらしていると目の毒」
「目の毒にやられた青少年が犯罪予備軍になりうるから危険」
といった可能性の側から作品や受け手に対して挑発的な姿勢をとる事は、表現の自由や正当性に
モロに抵触すると考える。
それはむしろ今回の表題ではないが、天下の往来ですっぱだかの美女がビチョビチョの股を拡げて
歩いてるようなもので、今回は
「そりゃあコレ犯せば犯罪だろうけど、女の方ももう間違ってるだろ色々と!」
という加害者?の姿勢に対し、しょっぴく警官が
「んーでもやっぱレイプはイクナイ! みたいな?(笑)」
と開き直ってるようなもの。裁きの境界線を引くなら片殺しはダメだろうに、そんな事分からなくても
法案を国会に持ち込めるとは恐れ入る。日本は思っていたより自由なんだなぁ。

すでに何度か言及してきたことだが、そこまで目くじら立てたいならもう免許作ってくれよと言いたい。
最低ラインを20歳から上に引き上げてくれてもいい。厳罰化してくれてもいい。そのかわり
「やってはいけないこと」と「まぁ許す」ことの線引きをしっかりしてくれと。
お上の自分ルールでいつでも捕まえていいなんて国家からの脅迫と同じで、余計に社会に波風が立つわ。
ぶっちゃけ石川さんはエロが好きだ。未だにエロマンガ家になりたい人だ。
そのために免許が必要なら発布したその日に取りに行く。

話の角度が代わるが、TASPOが制定されたのは、近年規制系の条例で数少ない善行だと思う。
なにせアレのおかげで自重してくれる人が増えた。
正確に言うなればTASPO順応型の自販機によるところが大きいのだが。
人間、抜け道ができたらそこを使いたがるもの。TASPOがあれば堂々と自販機で買えるし、自販機で買えるなら
年齢確認の可能性が残る店頭販売を避けてくれる。万一親のTASPOパクって使ってるバカがいても
周囲の誰にも責任が伝播しない。接客業にとってはいい事尽くめ。
だから酒はもちろん、エロもとっとと免許作ればいいんだけどな。
免許証の通称はもちろんTINPO。ここはわりとマジで。

エロがより徹底して社会的に恥ずかしいものであれば、進んで買おうという人は減る。
タバコのバッシングの結果、禁煙・嫌煙が進んだように、認められてても嫌われるのならば
やめていく
人は少なくない。まぁタバコは周囲に害をもたらすという被害者意識もあるが。
よって酒の方が需要が長生きするのは当然。なんせ味が多種多様でうまい。
美味という需要がある以上どうしてもタバコよりアドバンテージがある。

そこへきてエロなんて「むしろない方が犯罪が起きる」なんて意見すらあるくらい、需要の塊だ。
それに対してTINPOという免許を持ち、自身の性欲需要に対する管理意識が
しっかりしてる方がよっぽど社会的に健全だといえるだろう。
そしてTINPOの親族貸与の回避率はTASPOの比ではあるまい。
借りる方は目先のエロに負けるガキで、貸す方は社会倫理に反するクズと来るのだから。
こういうところにおいてエロが素晴らしいのは、一切のかっこよさ、ハクのつかなさにある。
タバコを吸ってる俺悪ぶっててカッコイイなんて思うバカは後を絶たないが、
二次元にチンポをしゃぶらせる俺エロぶっててカッコイイとは(たぶん)ならない
店頭では従業員に対しTASPOの貸与を強要し傷害事件を起した、なんて非実在キチガイもいるが、
TINPOの貸与を強要してまで店頭でエロ本を買いたい奴はさすがに少ないだろう。
むしろそこまで必死だと何か急を要する病気の気がするので、貸してあげる方が情けか?

そういうわけで非実在青少年にカウンターを打ち込みたい政治家の方、おわしましたら
ぜひTINPOの導入をお願いしたい!
署名するする。草案生成に参加するする。モデルケースにもなるなる。
多少コミカルに脚色してしまったが、石川さんの言いたい事はぶらしてないつもり。
規制に対してまじめに考えるというのは本来こういう事だと思う。臭いものに対して蓋するだけで
全てが成ったと思うような奴こそ政治家になってはいけないのではないだろうか。
ウォシュレット制作のために社員のアナルを借り受けたTOTOの努力は本当に偉大だ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

TINPOで吹いて最初の話忘れちゃったじゃないですか!いちいち太く大きくするもんですから!

まぁでも免許制ってのは確かにいいアイデアかも知れませぬ。うるせー連中への牽制になればそれだけでも。
どれだけ規制したとこで中高生男子のエロへの渇望は抑圧できるようなもんじゃありませんし。
その若い活力と想像力を以ってありとあらゆる手段でエロを求めるに決まってますし。
……もっとも問題の声デカい連中はとにかく自分の価値観に合わないものが世にある事が我慢できない高二病をこじらせた輩って気もしますが。

No title

TINPO素晴らしいと思うんですけど、問題が一つ残ってます。
女性が持つ場合さすがにTIMPOはナイんですよねー。
ウッカリ持ってるのばれたら世間中からふたなりコールの大合唱ですよ。
かといってMANKOだとナムコから商標登録で訴えられそうだし、
OMEKOもなにかダッセぇファッション誌みたいでいやです。

社会的に声のでかい連中の困った所は、往々にしてその社会的地位も
授かりものなりのデカさを持ってしまってるところですね。
政治の世界、カネや学歴にかなう力がなかなか見つからないものです。
せいぜい芸能人ワクくらいかなぁ。
福山雅治あたりがもうちょっとトシ食ってから立候補してくれればいいんですけど(笑)
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。