スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えりか=魔王様ですね、わかります

東京じゃもうそろそろ上映終了の予感という噂を聞き、リリカルなのはの劇場版を観てきました。
その感想は続きの方にするとして、オモテでは相変わらずプリキュアの話ばっかりします(笑)

馬越さんの絵が素晴らしい。色々な意味でこの人にしか描けない。
アニメベルセルクのキャラデザやってたとは思えないわ。新キャシャーンはなんかそれっぽい、
というかクモジャキー様みたいなキャラいるしね(笑)

どれみの頃からそうだったけど、馬越キャラの「動画」にはデザイン上のテンプレートがない
どれみならどれみ、つぼみならつぼみの絵としてのデザインは確立しているけど、動かす上では
そのデザインにいっさい囚われず、好きなようにデフォルメ・コミカル表現をぶち込み
およそ美少女とはいえないようなお笑いビジュアルに容赦なく仕立ててくる勢いが大好き。
それでいて感情表現の限度とかは外さないからただのブサイクにはならない。本当にイイ仕事。

話は逸れるが、現行のアニメだとバカテスがその辺を理解せずしてもう一つのデキだったりする。
キャラデザは葉賀ユイさんのオリジナルを非常に似せて取り入れており、外見では現行でも
文句なしに一、二を争う出色だと思う。

が、(見たことある人は感じたと思うが)とにかく表情が硬い
なまじデキるスタッフと、デジタルの高密度演出が隣り合ってしまうせいなのか
作画が画面の邪魔をしないようにと言わんばかりにおとなしい。
アニメにする妙味を感じない仕上がりになっていると感じる。
形だけの弁護になってしまうかもしれんが、アニメ単品でのデキは良い。
(モブのいい加減さやシャフト一族っぽい背景演出はまぁ好き好きだろう、俺はイヤだが)
けど原作から期待していた人間にとって「アキや雄二、ヒロイン達はこんなにおとなしくないよ?」
って思ってしまった。だから録画はしてるけどあんまり集中して観てない。

どーもシャフト一族の作品に対しては斜に構えてしまうというか、グチっぽくなってしまうんだけど
彼らの作品は自分の腕を頼りにかたよった高品質を第一に作っている気がして楽しめない。
自分たちの技量に道を踏み外させないように作っているというか、遊びがない。
緻密すぎて勢いがない。勢いがないから「ここまで(orこんなこと)するか!(笑)」という感激がない。
ガンダムダブルオーも遊びのない作品だったけど、代わりに容赦がないデキだったので文句ないんだが
絶望先生もひだまりスケッチもバカテスも、密度を見れば結構スカスカしてるからなあ。
個人的にはシャフト一流の「注視しないと見落とす演出」は下の下で、
「注視したくなる雰囲気」を作り出す事が最上の演出だと思うので、やっぱり今後も馬は合わないのかもしれない。
でも繰り返すがやっぱり彼らの腕前は確かなので、それが錆び付く前に俺向きのスタイルで
新作がリリースされるのを待ってしまう。わがままですまん。
 
 
 
で、なのはですけど、面白かった!
超一流の制作技術を持っているとは言いにくいセブン・アークスの、それなりに渾身を振り絞った事が
ヒシヒシと伝わってくる「観甲斐のあるアニメ」でした。

ヒットシリーズの原点を再編しただけあり、話やそのキモは非常に観やすくまとめられてました。
唯一の心残りは、再編した結果、なのはさんの魔法使いとしてのバックボーンが
さらに薄っぺらくなってしまった
事でしょうか(苦笑)
色々とチートすぎるんだよなー、さすが魔王様。
逆にテレビに載らなかったエピソードを詰め込んだテスタロッサ一家方面は見応え抜群。
プレシアさんは暴走しすぎな気がしましたが、こういう状況展開に容赦がない事は
都築節の才能の一つだと思うので、自重するよりはやりすぎてくれたほうがいいと思うし。

動画・演出に関して、というか映像の6割は占めていたろう戦闘パートはえらいことになってました
たった一人の人間がこんだけのパワーを振り絞れるのに魔法世界では物質兵器の方が危険だったとか
ハッキリ言って頭おかしいです(笑)

作画は……まあ、「奥田さんの」全力は篭もってました。
が、本作にとって奥田さんの画風が本質的に向いてたかって言うと、個人的にはそーでもない。
まあ皆様知ってのとおり、なのはシリーズ代表である所の奥田さんの絵柄、特に顔つきはだいぶ硬いです。
人によっては十分ハンコと言わざるを得ないレベルではないでしょうか。
それに対して筋書きはかなり激烈な感情表現を求める展開なので、どうしても顔つきがついてこない。
だからアルフやプレシアなど、ソッチ方面の激情を表現するキャラが明らかに顔の設計を変えて描かれている
で、問題なのは変えていることではなく、むしろ変えていないなのはやフェイトなどメインキャラクターなわけで。
話のためにすり合わせたアダルト組に対し、突っ走ってしまったメイン組の方に違和感があるというのはちょっと…
という印象が残りました。
テレビ版A’sではヴィータの描写なんかすごく頑張れてたのに、もうちょっと何とかして欲しかったかな。

あと、何故なのか分からないけれど女の子走りのシーンがやたら多くて噴きました。
スタッフはあのナヨったランニングに性癖でも抱えてるんでしょうか(笑)

見てて気に入ったキャラはもちろんアルフです。完璧に視聴者の代弁役ですね。
理解を示さないプレシアと意思を捨てているフェイトとの板ばさみになり、苦しみつつ奔走する姿には
なかなか胸に迫るものがありました。イイ表情一杯でニヤニヤできましたし。
戦闘の実力ももうちょっと高くていいと思いました。おかげで撃ち合いになると影が薄くなっちゃう。
個人的には、魔力供給とかの気兼ねなく戦えるなら、格闘ではクロノとタメ張るくらいでいいじゃんと思います。

残念なのはプレシア。一味足りない印象が結局拭えなかった。
取り返しがつかないほど壊れているという姿をぶらしたくないのならもっと下衆にすべき。
母親としての性質が残っていたというのなら「アリシアとの約束」をもっと早くから仄めかしておくべき。
どちらも為さなかったおかげで、テレビシリーズから残っていた
「さすがにこんな人のために頑張り続けるフェイトも理不尽」という疑念が残ったのが悔やまれます。
この辺の心情バランスの悪さはA’sのヴォルケンズにもガッツリ残ってしまったのですが、
次回のスクリーンがあるとしたらどうなるか。
個人的には「事情を知らない、知らせない、知ろうともしない」というのは、頑なな決意ではなく
自分が揺らぐことをめんどくさがる愚昧だと思ってしまうので、この辺を多用する都築節とは
あまり噛み合わない所でもありますが。

先日、はばかりながら棒と評してしまった水樹奈々さんの演技が格段にレベルアップしてて噴いた。
でも魔法名を叫ぶ時は相変わらずだったので、役どころがあってなかっただけなのかもしれない。
とりあえずつぼみはかわいいし。

そんなわけでツッコム余地はあるけど文句はない、良作と言い切れる充実した劇場版でした。
製品出たらもちろん買うよ!

……スターライトブレイカーの威力はどうかしてる。
そりゃあ熱心な厨も「なのはさんなら超サイヤ人悟空も指先一つ」とか言うわ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

雑食通り越して悪食な私はシャフトも結構好きなんですけどね。
高品質かつ独自性があるからこそ意外性が無い、というのは成程言われてハッとしました。

なのは一期は話の筋を知ってるだけだったので先月の映画の日に観ました。
……くそう、面白かっただけに複雑だ。リリちゃ箱で大人クロノと再開した恭ちゃんばりに。
「なまえをよんで」の件で確かにこれは慣れ親しんだ都築節だと魂が理解してしまった以上、次が出たら見ない訳にはいきますまい、と。
またエロゲ作ってくれないかなぁ。桜待坂みたいなダダ甘なのでも、わんことくらそうみたいなビターなのでもいいから。

No title

シャフトは技術力が良くも悪くも看板になっちゃってるメーカーなので
もうちょっと芸幅を考えて欲しいですね。
シュール含みの、自分達に合った作品だけを作りこんでいくか
取り込む原作にあわせて様々な芸風を開発していくか。

テレビの頃から「なまえをよんで」の引っ張りっぷりは見事でしたが
劇場版は演出の間の微調整などもなされていてより見応えアップ。
なにげに作画よりキャラ萌えより、演出の巧みさが光るシリーズではあるんですよね。

作風に色々とクセはありますが、愛されるキャラ造形には定評があるので
今のポジションが理想っちゃあ理想なんだと思います>都築氏
せっかく所属員なんだから、今後はなのは以外にも企画をリリースしていけば
いいんじゃないかと。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。