スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまった存在自体忘れていた

ブログ拍手レス(笑)

>現与党も野党時代には審議拒否が当たり前、おかげで幾つもの重要法案が先延ばしになりまくった
>過去を持っているのに自民のみ批判ですか? ちなみにモラトリアム法案は審議拒否じゃなくて採決拒否ね。
>その話題を出すのに何故民主党が1日どころじゃなく僅か数時間で審議を打ち切って強行採決に
>踏み切った事には触れませんか?


んー正直どうでもいいし書き捨ての荒らしっぽいのでほっといてもいいのですが
ブログに書く事自体が少ないので拾っときます。

うん、どっかの党ひとつ所が良い悪いっていう話なんかしてなかったです。
政治の行く末が決まる場において場を放棄するという態度を取る事が潔くないと
思えたから、そこにツッコミを入れただけです。今回の対決構図に限った批判じゃないですよ?

意思を見せるなら来場が面倒でもちゃんと出席し、審議なり採決なりに対し最後まで対抗するのが
意見を言うべきものの務め。勝ち目がないから捨てるとか、フテたガキの対校試合じゃないんだから。
不当だと思うならそうであることをアピールするために野党一丸で出席して
それでもなお打ち切られる様子をマスコミに報道させた方がよっぽど党の宣伝になると思うし、
それほどの行動力を辞さないエネルギッシュな団体こそ信用できそうなものです。

無論審議を打ち切る方も良くないですよね。とはいえダラダラ続けるのもいけないし、
どっかで切り上げないといけないのですが、そのジャッジをするのは果たしてどこの誰が最適なのかしら。

すげえダメだなーと思うのは、政党同士のぶつかり合いって、相手の主張から何一つ取り入れようと
しないじゃないですか。わっかりやすく利権が絡みついてるような強硬さで攻め合うから、
どういう結果が出ても遺恨・特定方面への不利益・野党からのツッコミどころが根強く残ってしまう。
ある程度国民の賛成を得られたオッサンオバハンたちが主張していることなんだから、どんな政党の
主張もどこかに汲むべき部分はあると思うんですよ。そういうの抽出合成しなくていいの?とか思います。

まあ、正直やっぱりどうでもイイです。こっちは地元で日々生きるのに精一杯なんで。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。