スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカは最近休戦中

健全絵描いたよ!


元を知ってる人がいたら嬉しい。

アニメ「バカとテストと召喚獣」スタート。
一番期待しているだけに一番不安要素がが多い新作でしたが、期待以上の良いデキで見続けてよいかと。

制作がシャフト一族という事でどんだけウォシャレな画面になるかとヒヤヒヤしてましたが、
キャラデザは非常に良く似ているし動きも良好、なにより試験召喚戦争という
原作未読の方にはまったくわけのわからんだろう狭小な舞台
を上手く映像化してると思いました。
戦闘ビジュアルがRPG風だったりするのも、ちゃんと文月学園のシステムとゆうデジタル機構の上に
のっかってるのだという表現だと分かりやすく、スタッフの表現力と読解力を感じます。

アキ以外情報封鎖していたキャストもおおむね良好。ドラマCDのままだったらちょっと心配だった
下野ボイスも、アニメの活気に充てられてか調子コイてて素敵です。
強いて言うなら美波とムッツリーニが、私見イメージと大きく食い違うことくらい。
ドラマCDでも同じ感想だったけど、公式的ムッツリーニは三枚目っぷりが表面化してるらしくて驚く。
見た目まともで語調も渋く、しかし行動だけが救いがたいド変態なのがムッツリーニの真骨頂だと思ってたが。
原田さん演じるるい先生もとい姫路さんは中原さんVerのセメント臭キツそうなバイオレンス姫路とは
河岸の違う、ストレートにエロっちぃ瑞希でこれもなかなか…さすが原田さん。

木下姉妹(※誤記ではないはず)も上手く演じ分けられてて楽しいことになりそうです。
しかし鉄人=アキ(=明夫)なんてまた勃起が収まらなくなってまいりました。すばらしすぎる。

本編の評価とすべきではないのですが、個人的にEDが素晴らしすぎる。
青春な曲調も好きだが何よりあのBL臭漂うコジャレ感がたまらん。久保くん前に出すぎです(笑)
本編で今のところアキとBL疑惑が囁かれてないのって実はムッツリーニだけだな。大丈夫かこの作品。

え? 秀吉が候補に入ってるわけないじゃないですか。
性別の違う相手を好きになるのは普通のノンケですよ?

そんなわけで次ははなまる幼稚園に期待。今日やるおおかみかくしはどうだろ。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

おや、とらかぷっ!とはまた懐かしいものを。

プルトップの作品は毎回購入候補には挙がるんですが実際に買うに至ったのはゆのはな・プリワル・てとての3本だけですねぇ……
攻略不可・FD無しの呪いがこの身を蝕んでいるのでしょうか。

No title

ウチが一番、なんのつまづきもなく面白かったのはゆのはなですね。
丸ちゃんテキストも昨今のような急激に毒々しくなる悪癖は抑えられてたし
(世間はそういうドロドロが好きですけどね)
作品全体のテンションが高いなーと感心していました。声優も豪華だ!

トライオン結局積んじゃってるんですよねー。
お笑いジェットコースター的な展開を期待していたのですが、
単に学園の特殊性にまつわる内輪的な愉快さを紹介するだけに留まってる気がして
ぶっちゃけ飽きました(汗

FD作らない、と公言しているのは、ウチ的には最もPulltopを
好評価している部分でもあります。
作ってる最中から続き(FD)を考えない事で商売っ気が抑えられたり、
無印が未完成のまま繰り出されるような悲劇の自重に役立っていると思うので。
攻略不可はどうだろう…ウチはPulltop作品に関しては
世間ほどはサブキャラにオギンオギンにならなかったのでなんとも。
メインヒロインたちが優れている証と捉えてます。
プリワルの「ある意味全員攻略不可」については、もうお話になりませんが(笑)
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。