スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政のことを考えるのはさっぶいぜえええ

今日の寝酒はラム酒、バカーディでござる。キツいけどうめえ。
アテは母親の持ち物からパチった「大学スルメ」なるおつまみスナック。
ゲロ吐きたくなるほどあまじょっぱい伸しイカなんだけど妙に後を引く。

バイトの休憩中に早朝のニュース番組を見ていることが多い。よく政治の話をする。
そんな中、最近思ったことを。

・自民党ってあたまわるいよね
モラトリアム法案だかの議決の時に、自民党員が結託して全議席ボイコットしたという事件があったはず。
政治的な意図としては
「一大政党の俺らを差し置いて可決される議論なんて許されないし、価値もないよプギャー」
というアピールなのかも知らんが、ニュースの視聴者はもちろん支持層にも不愉快な話だと思う。

なぜ議会を放棄する。
お前らは国民の総意とやらを持って選出していただいた、日本の神経の脈絡たる国会議員だろう。
それがテメーラの意にそぐわない法案に劣勢を強いられているからって放棄していいのか。
否定するならちゃんと全員出席否決に投票し、支持層から捏造した法案否決嘆願書でも何でも
持って来いよと言いたくなる。
こういう姿勢を見ているとつくづく、日本の政治家はポストに就くまでがゴールであり、
政治家としての活動は単なるボーナスステージなんだなぁと感じる。

・まあ政治自体どうでもいいよ、俺に関係ねえし
話は大きく転換して、先日うすらでっかい液晶テレビを買った際に、今流行の
エコポイントについて説明を受けた。
簡単に言えば政府が特定の家電新製品に買い換える市民のフトコロを支援する制度なのだが、
これがまぁーまた「国家的サギじゃねーかwww」と言いたくなるほど
めんどくさく、非効率的な制度なのである。

店頭だと「○○○○○点=実質○○○○○円分の値引きでさらにお得!」なんて銘打たれてるが
実際店頭で払う金は売価と一緒であり、エコポイントによる控除額は
しかるべき手続きを成した後に、数ヶ月のブランクを待たされた上、特定の店舗でしか使えない
ギフト券やビール券などで立て替えられるんだと。
(そしてその手続きが鬼のようにめんどくさい)
当然「なんで?」って店員に聞いたらさもメンドくさそうな顔で(よっぽど同じ質問受けてきたんだろうな)
「政府が直接国民や企業に金銭を支給する事はできないので、金券類で充当するのが最大限の方法」
なのだそうだ。

この話を聞いて、この制度つぶれればいいのにと思った。
経済効果はあったとか言って期間延長とかしてるけど、正直な所ポイント獲得した大半のユーザーは
手続きも待ち時間もめんどくさくて投げ捨ててると思う。
リピーターのない愚策マジお疲れ様ですとしか言いようがない。
そういえばエコポイントの説明を店頭でしている事は殆どない。その場でのキャッシュバックじゃないと
最初からばれてしまったら、めんどくさすぎて誰も買わなくなるのが分かってるからだろう。
さすがデンキヤはプロだ。

で、ここまでエコポイント日記して何が言いたいのって話だが、つまるところ
「エコポイント程度のことにもわずらわしい建前を何重にも挟まないと動く事もままならないような
 鈍重な政府のやってることなんて、俺ら小市民には関係がない」
ということである。

政治なんてものは民と直結してて初めて意味がある。
直結しているという事=福利がでかいという事ではない。
福利の多寡より先に、必要とされる福利にどれだけ早く手を届かせられるかという事に眼目がある。
毎月の入院費がかかる患者に対して高額医療費の還元が数ヶ月かかるのに
税金や健康保険の納付が一期でも遅れれば督促状をポストにねじ込んでくるようでは市民もおっきしない。
(あ医療費と国税を一緒くたにするのはやや的外れだが)

エコポイントなんて公共企業の一環として扱えばいいじゃない。
店頭では割引価格で買わせて、新設の公的機関が店舗から販売証明でも買い上げればそれで済む話。
それなのに「政府は仕事シテマスヨー」「個人情報守ってマスヨー」感を出すために無駄な手順を踏む。
国家予算の増額とかもどうでもいい。どうせ払った税金は二度と帰ってこないの分かってるから。

そんなわけで政治不信なんてものはワリと手近な所から来てるんじゃない?という
石川さんのグチでした。さーてPSPやろ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。