スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちん痛な面持ち

※きょうの記事は色々と18禁で、かつはんなりと社会不適合な内容なので
読みたい方だけ続きをクリックすればいいじゃない!


さーてホライゾン買ってこよ。
急にちんこのお供が欲しくなったので、またエロゲーを買ってきました。
普段純愛、萌えコメばかりやっている石さん産的には珍しい、純抜きゲ特化のつーか凌辱調教ゲー。
今回ご紹介するのはサイクスの「Divus Rabies(ディヴァス・ラビエス)」です。
mixi時代の日記で言及した覚えがありますが、石川さんはここのメインゲンガーの藤井一葉さんの絵が
もうっ、もんのすっごく大好きで。
(しかし業界十年選手なのに同人どころか自前のサイトすら持ってないとは、どういう人なんだ一体?)

氏の前作「隷嬢学園2」あたりから絵柄がずいぶんとまるまっちくなってしまいましたが、それでも
むちむちプリプリしたボディに、萌えアニメーターのごとく愛嬌たっぷりな中にほんのりシャープさのある
顔立ちは健在。この絵柄のおかげで、劇中果てしなく酷いことになってる凌辱シーンがずいぶんと
落ち着いて眺めていられるのであります。

それだけでなく、石川さんにとってこの人が特別なのは尋常じゃない親近感が湧く絵柄だからです。
アマチュアがプロの方を指して言うのもどうかと思うのですが、藤井氏の絵柄ってそこはかとなく
石川さんのソレと似てる
と感じるのです。
コミカルな表情造形、頭が大きくて胴が短い体型、ヒップラインの描き方、顔パーツのアングルの具合など
当てはまるところが多く、エロ方面では参考にしてる部分もままあります。
ふたなり・アナルが多め、まんぐりアングルがやたら多い、フェラ顔がエロイなどもう色々素晴らしい。

まあそんな自慢だか憧憬だがわからん話はさておき、肝心のゲームの内容。
いまバッドエンドを迎えてきましたが、これは残念ながらだいぶヌルイといわざるを得ないです。
エロゲーの命であるCGに、気抜けする部分が集約されているのが痛い。
描き込みに乏しく、着色・処理も機械的かつ雑で、差分や使い回しを前提にした単調な構図が多く
「またこれか…」と思うことしきり。
システムも妙に重い。オートプレイを止めようとすると再生中のボイスが完全に終わるまで
フリーズ
するという鬼畜仕様…。

凌辱シーン自体はそれなりに多様で、個別の尺も長いんですけどね。
そして使いまわしが多いとはいシーン自体にはマーベラスなものも少なくありません。
個人的にはエルフのクーリエがお気に入り。買う前はナナイが気になってたんだけどむしろ
彼女が一番ヌルかったという(笑)
まあでもCVがみるさんなので、イジメられっぷりはものすごく輝いてます
クーリエのプレイの中には
魔法でふたなりにされ、性具として宛がわれた自分の分身を欲望のままに犯してしまう
という、およそ商業ソフトとは思えない大リーガーな発想のプレイがあったのですが、このシーンは
絵・テキスト共に大変素晴らしい!
すっかり淫乱化した調教後のクーリエがまだ凌辱される前のツンケンした自分自身を笑みすら浮かべて
犯し抜く展開はまさに、新ジャンル・ツンアヘと言わざるを得ません。
白目も剥かず舌をベローンと突き出しもせず、地の絵柄を残したままアヘ顔を描けるだけでも貴重ですよ。

まあでも、きょうびのユーザーは買わないだろうなというゲームでもあります。
まずパッケージからしてなぜかどうにも古臭い。実物を手にとって見ると分かりますが
タイムスリップしたような気持ちになります。前述のとおり、技巧を凝らした絵でもないしね…。
凌辱もののわりにさほど汁気もないし。
そんなわけでジャンルより出来の面で激しく人を選んでしまうゲームですが、絵柄に惹かれるか
異種姦に興味があるならそんなに損はしないと思います。

余談ですが、OHPの発売告知イラストの3人を見て誰が異種姦凌辱ゲーだと思うんだろうか(笑)
デザインがショッパくて顔つきが安定しないことに定評があるメインヒロインのアイシスも、
パッケとこの絵はものすごく可愛い。

好きなゲンガーさんなのに安い買い物とはいいがたいけど、まあとりあえずエロ成分は補充できたので
よしとしよう。

つーか藤井さんで和姦抜きゲつくろうよマジで…
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。