スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのうのきょうだが

やっぱり同人がんばろうかなぁとか思う。寝るってすげえ。昨日あんなに凹んだのに3時間睡眠で
ある程度落ち着いてしまった。
(3時間しか寝れてない時点で回復してない気もするけど)
んでも、現状の予定だとほぼ手付かずの状態からあと一ヶ月で140ページオーバーというバカ計算に
なるので分冊かなーと思うようになってしまいまちた。いやしくも資料集と銘打って作る以上は
分冊でも一まとめでも完璧なものを作りたいので
(だからこそ今までの資料集モノは採算取れる程度まで売れたと思ってますし)
そもそもなるかなというジャンル自体が趣味の工芸レベルのニッチさだと思うので、
気が向いた人だけ買うならそんなに急がなくてもいいような気もしてきました。
そも考えたらスピたん本だって残りがあるわけだし、うーんコミケあと一回くらいは神剣かなー。
サンクリは完全にベビプリに割り振ると決めているので。
つうかサンクリに神剣本持っていってもまったく売れません。お客様は皆正直すぎます(笑)

んで、きょうの落書き。

20081109_s.jpg

性的にアレな上に恒例のクソ文がついているので、オリジナルはサイトの方に置きます。
この辺はブログの規約に関わってくるので本当にメンドクサイ。
それにしても相変わらず彼女は描くのが難しい。フツーに可愛い女の子を描くだけでは
なんか違うなーという感触が拭えません。
男性的、中性的とも違う、かといって可愛げがないのでもない。彼女に関しては
カワイイのに可愛くできないみたいな印象を捉えるのが大事かなーと思ってます。
まぁスッパダカの時点でかわいげも何もないのだけれど。

おまけとして今期のアニメ話の追記などを。
ガンダム00を除けば、今回は期待していたものがハズレで、見る気もなかったものが妙に面白いという
いつも通りなんだか意外なんだかな印象です。
特に裏返ったのがケメコとカオスヘッドとまかでみ。
いずれも石川さんが原作を知らないという共通点がありますが、それだけではないものも感じます。
特にカオスの電波空気の作り方はなかなか上手かと。吉野裕行さんのキモオタ萌えです。

期待していたかんなぎとラインバレルがなんだかなぁ…言わずもがなラインバレルのクソさがもはや無惨
あんなにかっこよいロボットモデルを作りこんで手持ちに抱えてるのにガン無視で、原作にない上に
レベルが末期のハヤテ級のクソコントを繰り出してくるしでもう…。
ガンダム00は「ロボットアニメなんだから毎週一回は必ず、ムリクリでもロボットが戦う姿を出す
という自縛を設けていたそうですが、それくらいの気概が欲しかった。
コードギアスのようにむしろ戦争描写は端的にするため厨機体でハデに戦って戦局だけ見せて
物語に注視させるという手法がキモな作品なら縛らなくていいんだけど、ラインバレルはほぼ
ロボットメインの作品だと思うんだがなぁ…。
あと九条さんがチチだけを目立たされてる気がして気の毒。クジョウだけにおっぱい担当なのか。

かんなぎはおそらく今期深夜枠では一番評価高いでしょうが個人的にはどうも…。
そこかしこから山本監督の個人的復讐心や、脚本・倉田さんのくだらない打算が透けている気がして。
(今週ではまさにらきすたの更迭問題について皮肉っちゃいましたしね)
ハルヒっぽいの作って親元見返してやるーとか、原作的に見当ハズレのところ膨らまして
美少女ラブコメディ作ってれば売れるでしょーみたいな感じ。そういうのはいらないです。
メディアにおいて美少女である事はもはや当たり前なので、その中にオリジナリティを感じられなければ
なんの意味もないし、原作を迎える意義も見当たらない。
今手元で見ているストライクウィッチーズみたいに、お色気ならお色気でキョーレツな特殊性を持たせつつも
物語を分かりやすい王道で支えるバランスとかがいるんじゃないかなー。
アニメは金にならないから業界人のモチベ上がらないとかいうけど、金と手間隙のかからないものは
アニメでなくても金にならないと思う。同人誌もそうだしね。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。