スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにが最終痴漢電車(ガ●ダムファイト)だ! なにが理想的な戦場よ!

快楽(いたみ)を伴わぬ痴漢(たたかい)に何の意味があろうか!? 所詮はただの凌辱(ゲーム)ぞぉ!!

とゆーわけで、長らく「ぜひ購読せねば」と思っていた「GOD FINGER迅」購入。
一緒に買ったのが「バード(1)」なのだからちょっとしたジョークですらある。

more...

スポンサーサイト

レベルを上げて衝撃波で倒せばいい

さて皆さん、今週は少年マガジンをコンビニで見かける事が少なかったとは思いませんか?少なくともぼくの地元では
古本屋まで全滅というとんでもないレベルでした。そう、今週のマガジンには今をときめく諌山創先生原作にして
巨匠・皆川亮二先生を作画に迎えた怪作「the Killing Pawn」が掲載されていました。ソレがマガジン品薄の
原因になっているかはさておき、今日はソレについて色々と語ってみます。

そもそも話題だからって何をお前ごときが食いつくのかと言うと単なるレス乞食だからもとい、本作が”話題の諌山”作品であることと
格上の皆川先生を作画のみの担当にしている”ということから「ハイハイ巨人商法巨人商法」「諌山調子のんな」みたいな扱い
受けている部分がそこそこあることにフツーに憤りと失望を覚え、ちゃんとした解説を加えることで少しでも虚飾に囚われて
本作を批難する意向が減ればと思った次第です。そんなわけで興味が続く方は格納先へどうぞ。

more...

プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。