スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカンこれ ~角川、コレヨリ危険な領域ニ突入ス!~

またまた唐突に。

角川が艦これを題材にした投稿作品を「艦これ大賞」を立てて公募していたが、なんだかの理由で休止したらしい。
正直なところそもそもそんな事をやっていた事自体ほとんど知られていなかったでしょーが、まぁ集まらないにもそれなりに理由ってもんがあるだろうと思い、記事を立ち上げてみました。

角川というと少年エース。少年エースといえば涼宮ハルヒだかで同人作家がやらかした雑誌です。
いまだ頑張っているツガノガク先生やぷよ。先生ではなく、かなり昔の話なのでひとつ解説を入れておくと、ツガノ先生のいわゆる「原作コミカライズ」より先に、とある同人作家を起用し公式作品としてのハルヒが描かれていたのですが、この作家さんが連載中にハルヒのエロ同人を出してしまい連載自体が途中でなかった事にされたという経緯がありました。
後日譚として、また別のエロマンガ家&エロ同人描きさんにオファーが行ったものの
「活動の自由が制限される仕事はお断りしたい」という話もあったらしいです。
ともあれ、公式作品とエロ同人のダブルスタンダードはまぁさすがにアウトでしょう。
矢吹健太朗先生がコミケでモモやヤミちゃんにちんぽ突っ込む漫画を描くようなモンですから。
そんなんより本編の方がもっとエロいしな!

それが今回のなにと関係があるかと言うと、まぁ角川に限った判断ではないと思いますが
「商業でコミカライズを担当すると完全自由な同人活動ができなくなる」という一つの職業倫理的な常識を改めて浮き彫りにした事件だったのは間違いないと思います。
で、「艦これ大賞」が維持できるほどのペースと質で作品が集まらなかったのもこの辺に理由があるかなーと思ったりするわけで。もしかしたら大賞の募集要綱にその辺の記述が既にあったかもしれませんがそこまでは知りませんし調べようとも思いません。ていうかコミカライズ業の常識だと思ってました。

ぼくは艦これはヴァイスシュヴァルツ程度しか知りませんが、おそらく世の中で提督業と同人活動を並行している作家さんたちにとって、少なくとも艦これはそういう戒めをかけられたくない作品なのだろうなーと思いました。言い換えれば、遊んで楽しむ作品として艦これは多くの人にとって現在トップすぎるのでしょう。
それだけ人気と認知があるだけに角川さんも公募に乗り出してみたんでしょうが、世間は商業が思う以上に同人的な楽しみを求めていたというところでしょうか。察するに大賞で作家を募集して、艦これを題材にした、今で言う「学園チャイカ」や「まんがタイムきららマギカ」、まさに「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」のような『公式同人』を立ち上げたかったんでしょうね。
艦これもPSvitaに移植されるらしいですし、そうしてまた間口が広がる前に「艦これの漫画と言えば角川雑誌」みたいな門戸を開いておきたかったのかもしれません。ケロケロAという冒険雑誌をブシロードに食い取られた、じつに角川らしい企業戦略です。
こういう作品の場合はなまじ腕の立つ漫画家さんよりも、たった今ネット等で集中的な人気を集めているアマチュアや同人屋さんを引き立てた方が支持が付き易く、人気は後からついて来れば良いというのは既に実例がいくつもあり理解できますが、まぁ今時そんな守株みたいな小賢しいマネをするくらいなら今連載を持っていない漫画家さんに艦これを与えた方が手っ取り早くて手堅い気もします。

そもそも同人屋を同人屋のまま引き上げて使うのは商業市場が不健全・努力不全に見え、並べて読者からはいい感情を持たれにくいものだと感じますが、まぁクールジャパン産業(草)なんて売れれば何でもいいのでしょう。そんなしんどい市場で何年、十年と生き残っていく作家さんが即売性を殺ぎ落とし、本物の技量とセンスでナショナルなクリエイターになって「日本のオタクエンタメはこんなにすごい」みたいな感じになってるんだと思います。

この件とは別に最近、とある作家さんが
「企画会議も通った作品を納得いかない経緯でボツにされたのでネットユーザーの皆さん評価して下さい」
みたいな感じで自作を公開していましたが、ぼくはそれよりも
わずか12作品しか集まらなかったという艦これ大賞の応募作
が見てみたいです。応募した作家さん、大賞が完全に白紙になったら同人誌にしてくれませんかね?
スポンサーサイト
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。