スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ブラーックローックシューゥター どーっか行ーってよー♪

今期トップクラスの電波クソアニメだと思っていたブラックロックシューターがにわかに面白くなってきた。

「BRSたちのいる世界は、マトやヨミら現実世界の人間の心象と相関を投影した実在しない世界である」
という、全8話のうち半分を過ぎてなおひとつも説明なされてないような大前提を理解・容認しないと
観ても何一つ得られないという、ゴミみてえな選民設定は相変わらずなのだが、そこを許容、と言うかスルーすると
本作なりの面白さが見えてくる
(※ここでの選民に弾かれた自分を呪ったり、追いつこうと努力する必要は全くありません

ヨミに依存し、束縛する電波ニートだったカガリが社会的好転を果たしたはいいが、あまりにも突発的かつ
理由が全くの不明。その上、カガリが自分から剥がれて行く展開に言いようのない虚無感と焦燥感を覚えるヨミ。
理由や意義はどうあれ、ヨミの生活はカガリに縛られる事を前提に悪い方に安定していたため、その戒めが
解けてしまった途端、自分の立ち位置や精神構造が把握しきれず、自らの心を蝕み始める。
変わっていくカガリ、自分たちを変えてしまったマト、そして鬱屈の理由をカガリに押し付けながらも
カガリがそばにいるおかげで安定していた自分の弱さ・醜さに苦しむヨミ。
この歪んでいるけど幼稚で真っ直ぐな情念の錯綜は、なかなか良い鬱っぷりです。
カガリはかつて置いていかれた事で打ちひしがれた自分を、全てヨミのせいにしたかった。
対してヨミは現状を何一つ変える事ができない自分の無力を、全てカガリのせいにしたかった。
だがカガリの方から一方的に手放されてしまい、弱々しい自分だけが残ってしまった事で、生活環境の
あらゆる要素に痛めつけられ、逃避先にカガリを求めてしまう情けない姿は、周囲に悪用される事を
拒絶しながらも、自分に自信を持てる要素が疎ましさの元凶であるEVAパイロットとしての自分しかなかったという
エヴァンゲリオンのシンジくんを髣髴とさせる。
(実際発狂寸前のヨミの顔なんてまんま旧劇のシンジ君だったしなあ)

どういうカラクリなのか、BRS世界で打破された存在の主は、心から悪感情・記憶の一部とともに
こころの原動力的なものを根こそぎ喪失してしまうらしく、ヨミを蝕んでいた、自身の感情や記憶がないばかりに
カガリの言動が逐一ヨミを追い落としていくサマは中々にスリリング。
どう見ても黒幕は能登カウンセラー=BGSなのですが、果たしてどーゆーことなのやら。

BRSはリョナられることに定評が付いてしまったけど、この姿は
「BRSが他の存在を渡り合える力を持っていない」
=「マトが他の人物のこころと向き合う覚悟や意志力をまだ持ってない」
っていう状態のメタなんだろうねえ。

それにしてもメガネかけたデンマさんはやたら可愛いな!
どう見てもBRSパートいらなさすぎなんだけどメガデンマさんだけは保存の方向で。
スポンサーサイト

生命の平和を身勝手に守るために国際的犯罪行為を頻発するヒーロー、○リーンピースマン!

合言葉は「1年365日ずっと地球美化週間!」

そんなわけでついに俺らの期待と妄想と我慢汁を一身に背負ってキュアイカちゃんが爆現しました。
いやー予想通りに予想以上のあざと可愛らしさ炸裂
皆さんの股間もサンダーボルトだったんじゃないでしょうか。

イカちゃん、綿雪、そしてやよいと、中の人はどこか真面目というかスレてない、芯が入ってないイメージが
ウリですが、やよいもそれに漏れずどこかホワホワした感じが非常に可愛い。
いちいち表情がヌケてるところとかもうたまらんね。

イカちゃんを目立たせるためにハッピーとサニーの必殺技がしくじられましたが、たった3話にして早くも
みゆき・ハッピーの顔芸が堂に入り始めており、やっぱりハトプリの功績は偉大だな、と。
しかもハトプリの影響に留まらず、あくまで本来のキャラデザの中で顔芸に挑んでるのも細かいけど好印象。
悪かったわけじゃないけど馬越キャラはマンガ顔まで崩すからねー。

変身前も変身後も変わらない涙目アワワ顔はもちろん、所々でヘタレっぷりが噴出してるのもいい。
勇敢に出てきて奇跡的に変身できたのに速攻で逃げるし、自分で出した雷にビビるとか本当あざとすぎる。
5人の中では間違いなく一番のヘタレなだけに、「この子があきらめないなら私たちも負けられない!」
みたいな、最後の精神的支柱になっていくのかなー。ダイでいう序盤~中盤までのポップ役ですね。
しかしやっぱりピースサインで戦うのは無理があるだろ・・・早くもアヘ顔コラが氾濫してるじゃないか
いいぞ職人もっとやれ!!!

EDに細かい修正というか、パターニングができてて吹いた。
開始1秒でいきなりズッコけるし鼻打って顔赤くなってるし、モデリングでここまでできるのかと感心。
最初は描き起こしてるかと思ったBメロばっくの寸劇も全部モデリングなんだよなー。すげえ技術。

そして来週はキュアマーチ登場。
髪型のセンスは今更ながらにお察し下さいってレベルじゃねーのですが、風にあおられる姿は勇ましくて
カッコイイじゃないか。仮面ライダーや戦隊にも通じますが、デザインの段階ではオワタと思えたのに
動いてキャラが付くとかっこよく見えるってのは大事ですね。
それを意図的に仕込めるのもやっぱりプロなんだ~と感心する。

そして生みの親までリアクションを取るというこの後方支援の充実が素晴らしい。
イカちゃんはアニメになったことと、金本さんの好配役・好演が原作人気の支援にもなったし、心温まる
いい連携だなーと思う。

アイオニオニョニ・・・・・・噛んでないわよ

2/13 ヴァイスシュヴァルツとかの今日のカード。
応援厨のあんこちゃんとアラララーイ。
あと戦略発表会で発表された情報云々。

more...

Ku-kai?

2/8~2/9 ヴァイスシュヴァルツ今日のカード。
謎な応援と最強あんこちゃん。ほかイベント。

more...

さやかちゃんは死なぬ! 何度でも蘇るさ!

2/7 ヴァイスシュヴァルツ今日のカード。
便利屋ほむほむと不死身のさやかちゃん。

more...

マミさんの時代なんてなかったンや

2/6 ヴァイスシュヴァルツ今日のカード。
もう何も怖くないことなんてなかったマミさんと、程ほどに強いさやかちゃん。

more...

絵本の赤ずきんちゃんは、オオカミのハラワタくり抜いて石を抱かせてハッピーエンドよ!!!

というわけでスマイルプリキュア見ました。
感想のほうは……

more...

カネをモゲ

えー、ごぶさたしております。
まどかのWSカードも公開され始めたというにサボってすみません。来週のからちゃんと触れていきます。

何をこんなにほったらかしていたのかと言うと、モゲマスことシンデレラガールズに手を出してしまったためです。
いやーイイ歳こいてモバゲーに手を出すなんて思いませんでした。

ソーシャルゲームらしく典型的な時間つぶしのポチポチゲーなんですけど、やっぱり杏仁先生による
描き下ろしアイドル軍団はとても個性的で大変かわいらしゅうてのう。
僕の目当ては進撃の巨人(奇行種)こと諸星きらりさんだったので、早々に少々課金してゲットしました。
ほんと少々ですよ少々、5000円弱ですし。

世間で人気なのはたぶんこのギガース諸星さんと、ニートこと杏なんでしょうが、現在SRカードとして
絶賛配布中の彼女を入手するための課金比率があまりにも極道すぎてさすがに手を出すのは辞めました。
ヴァンガードの最強RRRだってもうちょっと良心的ですよ。
でも杏かわいいよね。全身でアイマスの新境地というか、ニコマス臭・2ちゃん臭を公式に持ち込んできてるし。
まったく愛想のない苦々しい営業スマイルとか微妙に汚らしいぬいぐるみとか萌えます。

100人以上いるという触れ込みのキャラですが、それぞれに個性的であざとくも、定型的なアクの強さを
持たないさっぱりした子もいれば、明らかに元ネタがわかる、どこかの業界でアイドルと言われた芸能人
そのまんまの子もいるし、ネタに走り倒したバラドルもいる。
(アイマスの世界でバラドルって、ノーマルエンド愛ちゃんくらいしかいないから新鮮だわー)
そういう子達を時間つぶしにポチポチ成長させ、レベルアップしてリアクション取ったらニヤリとする。
課金しなくても充分楽しめると思います。というか、課金するとなんか焦りが出て楽しくないかもしれない。

ヒマがあれば、これから始める人の為にダレずにプレイできるコツでも紹介しようかなーと。
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。