スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦行とSMは全然別物でござるのこと

携帯電話がぶっコワれた。
電源を入れると大体1~2分おきに勝手に消灯→再起動のコンボを繰り返すというポンコツっぷり。
まぁこれでも3年近く連れ添ったわりに総通話時間100時間も越えてないであろうゴミ愛機なので、
そろそろ引退させてやろうと思いビッカメへ向かう。
世情に疎い俺はiPhoneの最新版でもガッと買ったろうかいと思っていたらすんげえ予約待ちらしい。
どうせ音楽聴くくらいしか使い道のないもののために予約なんてまっぴらごめんだが、
携帯が壊れたままでは日常生活に支障を来たすのもまた事実。ホラ、だって目覚ましアラーム使えないし!

国民的演歌デュオこと東京プリンの代表曲・ケータイ哀歌を地で行く、生ける流行最先端の石川さん。
どうすっぺかなースマートフォンにすっかなーと考えつつ、もう一度余命幾許もない愛機を眺めると

ん? SDカードの挿入口にホコリが詰まってないかコレ。

そんなまさか、こんなんで直るはずがと思いつつもオッサンの石川さんはファミコン世代として義務である
カード抜き出してジャックをフーフーしてから戻すという祈りの儀式を展開。





完璧に直りました。
やっぱり石川さんみたいな無頼漢には最新のナヨったツルツルパイパンケータイなんていらなかったンや!
だってケイタイよりテメエの脳髄の方がよっぽどホコリかぶってるんだもの、使いこなせるわけないよ!

うん、俺死ねばいいと思います。なんだこの時間浪費イベント。

more...

スポンサーサイト

ハイハイ夏休み夏休み

そんなもんにゃあここ10年近く世話んなった覚えはないね。

そんなわけで今週のプリキュアは思いっきり夏休み戒め系の話でした。
ダメ度の高い夏休みの子供達を一斉にデザトリアンにして侵略するという、なかなかスリル溢れる作戦でしたが
プリキュア達の正義の力はそれすらも押さえ込んでみせました~……的なはなしでした。が。



夏休みにかまけて自分のポリシーを
完全に見失ってるえりかマジ可愛い。




そびえるアホ毛と身にまとうは普段以下の普段着のコラボによる圧倒的ヒキニート系ビジュアル。
空腹でもアイス程度しか受け付けないほど弱った胃腸。
砂漠の使徒たちの邪悪な作戦にもうっかり同意しかけるほど腐った性根。
すべてが最低であり、それゆえに最高のネタ回でした。こんなダメな正義の味方見た事ないよ!

最後、学校の必要性を訴えかけるくだりはちょっと力技でしたが、まぁ子供向けの程度で扱うには難関すぎる
ジレンマ問題ですしね。こういう時事に沿った話題を教育的に取り扱えるだけでもたいしたものです。

more...

べっ、別にアイドルなんて好きでもなんでもないんだからねっ!

みたいなニコマス芝居が見たいこの頃。主人公はまぁ千早ですが、じゃあ文明役は真なのか?
とりあえずこずえ役は春香さんしか考えられない。

そんなわけで世紀末オカルト学院がうなぎ上り過ぎてたまらん。
きょうび原作ものが不要なオリジナルエピソードを入れたりOPEDでキャラを踊らせたりして
無意味なユニークさで原作レイプに走っている尻目にオリジナルでここまでやってくれるところを見ると、
業界もまだまだ捨てたもんじゃないなぁと思う。まぁオカルト学院の場合、作りこみや安定性がどうの~なんて
穿った見方をするより先に笑わされてしまう辺りが上手なんだと思います。

むろんプリキュアも面白くて良い。
テレビアニメってある意味リプレイ性が極端に低いから、一回の視聴で大体が分かる方が本道だったり
するのですが、エヴァやらのおかげで難解要素や投げっぱなし部分があるほうが奥行きを感じさせて良作って
敷居高い風潮が定着しちゃってますよね。その点、この二つともは制作は入魂だけど伝えたいモノに
肩肘張ってない感じが非常に素晴らしいです。
ああそれにしても今週のえりかの久々のウザ可愛さといいちょいデレ入ったマヤといいたまらぬのうたまらぬのう!
マヤはほんといい主人公だなぁ。
姿形から性格まで鋭く強いキャラクター。
とはいえ特別有能でも超人でもなく、ただ持ち前のタフな精神で荒事を切り抜けようとする前向きさ。
それでいて情緒に富み、他人を見捨てたりヘンに意地張ったりしない心の柔軟さ。
まさしくB級ホラーエンタメの主役を飾るに相応しい。

バイクで事故りました。単独で電信柱にぶつかるという。
どうせならソバの岡持ちでも持ってれば良かったのに。俺のお笑いスキルがあれば
頭からソバ+ツユを被った状態で頭の周りにお星さまを回すくらいの芸当は出来たはず。
でもバイクは中破という笑えない状態に。でも昨日修理に出したら今日戻ってくるとのこと。速いよ。

最近ブームのちょい辛ラー油。
ネコも杓子もゆりかごから墓場までラー油でベットベトの食品市場の昨今ですが、しかしまあやはり
ブームが来ると必ず狂奔するみっともないバカがいるもので、俺の勤め先にもそういうのがいます。
こちらの入荷を計って一人で大量に買い占めていく。もちろん店には「品薄につきお一人様一個まで」という
常識的な張り紙は常備しているのですが、それさえ無視して厚かましく買い占めていく。
ぶっ飛ばしたいというか個人的には警察に通報していいレベルなのですが、客商売ってこういうクズにも
あまり強く出れないのよね。相手が非常識なバカだってのは見てて分かるくらいだから、迂闊に刺激すると
何のためにどういう手段に出るのかも予測がつかない。

何が一番残念って、こういうバカがはびこるとせっかくのラー油にアンチがつきそうな気がすること。
石川さんは基本辛党なのですが(ココイチのグリーンカレーおいしいお)
このラー油は激辛などのネタもなく、普通に鉄板でおいしい食品だけにブームで終わらず生産を安定させて
家庭の定番に浸透して欲しい
と思ってます。

しかし前述のようなゴミがのさばってると「ラー油厨きめぇ」という認識もついて広まり、いつしかこの美味が
ただのブームに終わって生産自体が終わってしまわないかと心配でならないのです。
まぁコンビニで売ってるラー油おにぎりとかは終わっていいですけど。まずいし
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。