スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初島杏が俺の唯一の二次元妹

そう思っていた時期が俺にもありました。



が可愛すぎて生きていくのがカラい。


スポンサーサイト

リアル妹がいない石川くんのばあい

アセリアSPEDはとりあえず買った。やるかどうかは知らない。

それとは別に久々に手付かずのエロゲー購入。今日の題名どおり
リアル妹がいる大泉くんのばあい」を買いました。安かったと言うのもあるが(笑)

まあ、完全な衝動買いと言うほどでもなく実は体験版やってみたりしたのですが
なかなか面白い導入だったので熱が上がったうちにサクッとやってしまおうと思い購入。
主人公たち兄妹の境遇がどこか「こいとれ」に似ていたのも好印象の原因かも。
主人公の「身内のためにがんばる。でもそのがんばりが枷になる」という感じが一緒ですね。
絵柄とか演出の細やかさとかもなんか似てる気がします。
あんまり妹キャラをかわいいと思う事がないので、これを機にドップリはまれればいいなぁ。
と言うにはあまりにもハードルが高い事には業界随一の定評があるライターらしいのですが。

それにしても最近、またまたエロゲの家庭用移植が目立ちますね。
同人ゲーの多発、ブルーレイエロゲといい、そろそろユーザーもエロゲの高さに客離れを起こしてそうな感がします。
PSPへの移植が嬉しい所ですね。PSPはボタンをアクセク押し動かすアクションゲームには
向かないことこの上ない、ビジュアルだけのクソ携帯機なんで、読みモノには向いてるかと。

石川さん的には廉価化、小粒化は上等なんですけどね。
人材一人一人を食いつぶして作るかのような、圧倒的な作業密度。
それが報われるとも知れない、ばくち打ちのような販売攻勢。
マスプロダクトの工程と精度を求めつつ、クラフトのような完成度と夢を都合よく求めるんじゃあ
作る人なんか誰もいなくなるでしょうし。
複数ゲンガーライター上等。要はその集まったみんなでちゃんと顔をつき合わせて作るのが大事なんじゃないかと。
アイディアを受信、発信し、交換する。そのソフトハウスのために使い切るのではなく、
一作品作る毎に得たもので新作の精度を上げる。最近のエロゲは創造の基本をこなしてないように見えるこの頃。
都合のいいところだけ「所詮エロゲに熱上げるとかwww」なんて言い訳のほうがみっともない。
作るものにハイレベルが求められるのに真っ当な情熱を傾けないなら、プロを名乗る資格はない。

日記ほったらかしすぎなのですが、来週からさらにほったらかす予感。
最近体調に不安があり、仕事以外の活動がままならなくなってきているのですよ。
もっとゲームやったりえっちな絵を描いたりしたいのですが。
体調よりむしろ、心からスカッとする体験が足りないのかもしれません。
ヴァイスもやりたいのにぜんぜん機会が合わず、このままだとカードが腐りそうです。

いっ つっ きっ ちゃあァ~~ン!!!

相変わらず毎週、皮膚すら剥ぎ取る勢いの全裸待機で楽しみにしているプリキュアですが、
今週はまぁー素晴らしい明堂院いつき生徒会長の販促回でした。

女の子遊びに開眼していく会長がかわいすぎる!
カワイイ服のデザインをと提案されて、心得もないのについつい描いちゃったり
(当然のようにデキがビミョーなのもベタだがイイ!)
そのスケッチがしっかり褒められて喜んだり
素材屋でしっかり好みを押し出しつつ、集まる素材に胸をときめかせたり
お爺様の手前やっぱり服はいいよと断りつつも最終的に自分で作っちゃったり
しかもその服がめちゃめちゃ似合っててつぼみが再アップを始めたり
後ほど登場したプリキュアのコスチュームにワクテカしたりとか



白状します!
今週初めてえりかよりカワイイ生き物を発見しました!




まぁーこれもある程度放送側の戦略ではあるのかもしれません。
色んな所でネタバレしちゃってるけど、どうも会長が3人目のプリキュアのようなので
一気にかわいい女の子らしくしていかないと色々マズイですものね。
テコイレと言えばそれまでですがあえて言おう。いいねえ、どんどんやってくれたまえ!

話は変わって、最近ヴァイスの影響で遡って禁書目録のアニメを見てたりします。
原作はもう言い回しがアレだったりそもそも文章がどうかしてるので諦めたんですけど、アニメは
その辺りのデメリットがキレイサッパリ殺ぎ落とされているため、ファンの心を掴んだ部分だけを
虚心に観る事ができて、けっこう楽しんでたりします。
犯罪臭の漂うような、色々と幼い女子ばかり寄って来る上条さんのフラグっぷりがおそろしい。

原作のどこをどう捨てて構成してるのかはもちろん知りませんが、少なくともアニメとしては
非常によく出来てて、ラノベ特有の身勝手な作品ルールに視聴者を蹴躓かせることなくすいすい見せてくれる。
そりゃまあ、多分にご都合主義なところはあるんだけど。

立ち止まらず走り続けなければ近づけない

ピクシブの方に珍しく連日新作をアップした。エロね。
最近大分SAIの使用比率を上げられて、アナログくささを上げた彩色ができるようになってきたと感じるが、
それでもやっぱり最大の問題である仕上がりの遅さがまだ変わらない。

だが腐っているわけでもない。着実に速くなっている実感もあるからだ。
久々に思い出したが、デジタルツールとはいえSAIとて要は道具である。道具は基本的に使い込まないと上達しない。
ならばさらに使わないとうまくなるわけがない。あまりに長い間写真屋だけを使い、当たり前にしてきただけに
ものを使い込むという感覚を忘れていた。もうちょっと頑張ってみることにする。

いまさらだが、アセリアの特装版が出るらしい。正直な所、あまり買いたくない。
口幅ったいものはあるが、ザウスのためにも買うべきではないとさえ思っている。

永遠のアセリアというシリーズは、石川さんのエロゲー史上もっともやり込んだゲームと断言できる。
思い入れに至ってはその比ですらなく、10数年に及ぶぐだぐだの同人作家生活においても
そのほぼ半数を費やしたほどの実績がある。まあ本はそんな売れなかったけどね(暗黒微笑)

で、そういう作品が明らかに商法くさい売られ方するとすっごい傷つくのですよ。
確かにPS2のアセリアはゴミだった。あまりにも重ダルすぎるローディング環境のおかげで、さすがに
これだけはコンプできなかった。それがベタでもPCに移植されれば、多少なり快適に動くだろう。
しかしそれはプロダクトとしての欠点を安易に解消しただけで、アセリアという作品にさらなる研鑚を
重ねたわけではない。そういう作品に金を支払う事が、果たしてファンの愛情表現と言えるのか。

俺はなるかなも大好き(ある意味アセリア以上の名作といえる懐の広さを感じるので)だけど
アセリアを再び楽しみきる自信はある。なによりようやくPS2版をコンプできるのは楽しみだ。
しかしなあ……。

いやまぁ、ゲーム部分はPS2版でイービルルート復活の18禁仕様とかだったら一も二もなく買うんだけどさ。
でも資料集とかも欲しいし、やっぱり買うんだと思う。なんか残念すぎる。
鬱憤を晴らすために久々にアセリア描くかのう。

インデックス(笑)

最近またものすごい勢いで漫画を買っている。

・いつかのメイン
「ブルジョワ刑事」以来大好きな水穂しゅうし先生の中篇。
あまり中身のないお話ではありますが、先生らしいクールで残虐な暴力と独特な言い回しやノリは
堪能できて非常に楽しい。

・迷い猫オーバーラン!
ToLOVEるでエロ神さまになった矢吹先生の新作コミカライズ。
内容はこれまた正直どうでもいいレベルなんだけど、矢吹先生のオースティンパワーズ力(ちから)
ToLOVEるの時よりさらに超越しててたまりません。
ノーパンの千世が主人公を足蹴にするとき、裸足の親指で絶妙にワレメが隠れるカットは神の業。

しかし黒猫時代はパクリ神だの知欠乙だの色々くさされていたのに、お色気漫画でこうも評価が上がるとは
世の中丁寧な仕事をすれば報われるのかオタクの信頼がいい加減なのか、迷う所。
星の使徒が何をしたいのかわからん烏合の衆だった事を除けば、そんなに嫌いじゃない漫画でした>黒猫

・おせん
ようやく旧章全巻買った。おせんさんはかわいいなぁ。ビールで餌付けしたい。
かわいいという概念は幼い、若い中にしかないという固定観念を徹底的に崩すお茶目さがたまらん。

・淫乱人形ヒメ
発売日に買ったけど、書き込もうとしたら停電して記事が消えたのでほったらかしにしてました。
商業デビュー前からファンをしているしいなかずき先生の新作単行本。
第三の女性器として尿道口を使うのが基本という相変わらず拡張性にすさまじく富んだ
作風ですが、なぜかがっつりお世話になれます。
惜しむらくはコミックアンリアルという土俵のせいなのか話にまとまりを欠くところ。
さすがにゲドマガが母体な雑誌だけあり、夢や妄想を第一義に展開しすぎている雑誌なので
キャラが薄く、濃いプレイの先に愛着がもてない感じは以前とあまり変わってなかった気が。
「こんないいキャラがこんなことまで!」という無二の喜びを、
「この作風だから常にここまでしちゃう」というアベレージサービス感が塗りつぶしちゃってるというか。

それにしても先生。
「漫画の中では修行次第で気とかオーラとか出せるんだから、子宮が出せたっていいじゃない
という思想はハイランダーすぎると思うのですが……。

・ニューマノイドキャム(1~2)
ようやっと単行本完結したうろたん先生の長編。
基本濃い目だったフランス書院の修正がコアマガ流になり、ちんこのぽってりした太丸具合や
女性器描写のむにむにした感じがタップリ味わえて最高です。特にホットミルク掲載分は
修正が完全に乙ってたのでようやく本物を見れた感じ。
2巻はもちろんアニメ同梱版を買いましたが、デキは大分アレなので通常版で十分です(苦笑
キャムの声が榎津まおって言われてもピンとこないしなあ。
まんまももいろガーディアンだけど水瀬沙季とかでよかろうに(笑)
プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。