スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タダノグチナリ

アマガミアニメ化かー。ぶっちゃけテレビでやるメリットがない原作なので、どうせなら
R-15くらいにして単館上映映画にした方がいいんだけど(笑)
橘さんはキミキスの相原くんよりストレートに性的な変態野郎なので、言い訳のしようがある
ハプニング的スケベよりは真っ向から変態行為に勤しむエロバカの方がにあうし。

ストレンジジャーニーもいつのまにかドラマCDになるとか。
主人公が力ちゃんというのはすごい。自分の中で力ちゃんがストレートにはまったのは久々。
キャストも全体的にはまってる方だけど、ヒメネスは鳥海浩輔さんで脳内再生してたので
ちょっと戸惑った。東地さんも絶好なんだけど、彼だとやたら年齢が上がったように感じる。
鳥海ヒメネスが外見どおりの青臭さが残る20代半ばくらいだとすると、東地ヒメネスは
実戦経験と老獪さが相乗した30代成り立てってかんじ。
それにアーサーが田中秀幸さんでゼレーニンが甲斐田裕子って神すぎてたまらぬから許す。



それでも最終的にはぼくらのゴア隊長を玄田肉声で表現してしまう時点で
彼がすべてを持っていってしまう
わけですが。根本的にも、ネタ的にも最高ってレベルじゃねーよ。

more...

スポンサーサイト



動画新作。とりあえずNMM制作は一旦終了。次はらのべえで挑戦。
しかしこれ、購入してから半年ほど経つが封も空けてないな。

枯渇…。

久々にやりたいと思うネタが多すぎて、方々に手が止まってるので整理整頓。
単なる覚書なのでスルーしてよろし。

・ニコニコ動画
今描いてる紙芝居はもうそろそろ終わる。その次のらのべえ使ったヤツは素材準備OK。
らのべえ芝居を試運転にして、それが終わったら架空戦記の素材開発。
プレイ動画を入れたくなるけれどうちのマシンはそんな荒行に耐えられないので泣く泣く我慢。

・同人誌
雷刃ちゃんを辱めるエロマンガ開発中。ネタは上がってるというかネタもクソもない製品だが
オカズ部分から設定部分を切り離してテキストにするかを考え中。
石川さんのエロ同人は台詞が回りくどくて抜くのにはジャマ。
立夏か麗にひたすらフェラしてもらうベビプリ同人も描いてみたいが、それはもう
ピクシブでやればいい気がする。

・プリンセスワルツ同人
シナリオはほぼ終わり。細かいテキスト修正やすり合わせはソフト上で動かしながらやる。
立ち絵削減のためにどれだけ画面構成を省けるかは、らのべえ回してみてから考えよう。

・お絵かき
下絵はいくつかあるがペン入れまでもっていくモチベーションが湧かない。
SAIをいれてからこっち、むしろ描く頻度が減った気がするのは気のせいなんだろうか。

・ヴァイス
最近大会出てない。体調的に無理。身内のプレイングに出張るので精一杯。

・仕事
後輩から勤務数を減らしたいと言われた。現状を考えると死にたくなるが
あんな職場で腐っていくのを見るに忍びないのであえて好意的に受け取る。

でもとりあえず寝たい。頭がしゃきっとしないと手が動かない。
この半月ほどで、マジで糖尿病でも発生したんじゃないだろうか。

もうバーローなんて呼ばせない!

今週はさっそくハトプリですよ。もう3回くらい見たんで。

出陣したダークプリキュアにアゴで使われることに憤るサソリーナさんですが、
最も憤るべきはその姿が似合いすぎる自分の体たらくだとわかってないあたりが微笑ましいです。

宿題をやっているつぼみと、彼女にイチャつこうとするえりかが最高の百合おかずで朝から参った。
こんな感じでネトネト絡み合うエロ同人、誰か早く作って!

プリキュアによる風評被害という地味な手段に出るダークプリキュア。
そこはもっととんでもないことしましょうよ。街頭で鳩山批判とか(ちょ)

やってきたプリキュアたちは圧倒的強さで一蹴され、シプコフまで人質に取られてしまう。
えりかの言動からもタルみというか食傷感が見られた矢先だけに、ショックの敗戦である。
コッペ様の放つ得体の知れない癒し力に甘えていると、月影さんに
真の友情とはなんぞやと皮肉られる。この辺の台詞回し、無意味に解釈が難しいのですが
個人的には
「迷っているようじゃシプコフに対する思いは友情足り得ない。
 ともかく助けに向かうのが第一であり、そのこころがプリキュアの力の源だ」

と諭したかったということにします。そうするとゆりさんがプリキュアの事情を踏まえて
横から話しているという伏線が残るので。

ハッパをかけられ無策で突っ込んできたつぼえりを、大量のスナッキー軍団が迎え撃つ。
っていうかようやくまともに戦闘員として出てきたなこの砂ショッカーは。
為す術無し万事休すのプリキュアを救ったのは、学生服姿へとキャストオフした絶望先生、もとい
どこの誰とも分からぬ人。うーん、やっぱりコッペ様なのかなあ。
いちいち取り出すハートのワンポイントは、もしかしたら後期プリキュアがパワーアップするための
追加変身アイテムかもしれません。

危機を脱し、シプコフも取り返して反撃開始。
今回の戦闘シーン、馬越大将を筆頭にやたらとスタッフが豪華で、すわ作画崩壊と見まがう
コミカルなアクションは、グレンラガンでも活躍していたガイナのすしおさんなどが参加しており、
特に必殺のプリキュア大爆発がどうみてもグレンラガンであり本当にありがたくなります。
「OPの技を早くやってくれマリーン!」と切望していた人は少なくないでしょうが、まさか
二人同時で、しかもすしおさんが描くとは完全に予想外。本当に子供向けアニメかこれ…。

しかしそれでもダークプリキュア、略してダークさんは強い強い。
フォルテッシモすら邪気眼パワーで跳ね返し、変身まで解除してしまいます。
ダークさんの台詞や右目の生気のなさからして、どうやらダークさんはサバーク博士から
なんらかの調整を受けているようで、かなり斬新なプリキュアになってしまっている模様。
しかしいつの間にか居合わせていたゆりさんの姿を見つけると、思わせぶりな態度を残して
去ってしまった…。プリキュアがチームを組んでいるのが習わしだと考えれば、ダークさんは
かつてのムーンライトのパートナーだったのかもしれません。

さて、今週のベストショット。
今回は作画がキレていたため一つに絞ること叶わず。結果残ったのは
・「宿題なんて夜にやれば~」としなだれかかるえりか
・コッペ様の腹によじ登るえりか(ちょっと噛み付いてる)
・プリキュア大爆発の顔芸
・無駄に作画に力が入っている女子サッカー部の
 ポニテちゃん


という事で一つ。以下他のアニメについて。

more...

上目遣いは私的嗜好的にも大変相性が良い

さてプリキュアですよ。
初めて大きく作画が揺らいだ感が残った回でしたが、お話が良い感じなので相殺!
今週はつぼみの家族にスポットが当たりました。主人公のバックボーンは、トラウマ伏線以外は
さっさと消化しちゃった方が便利なので、序盤の掴みとしては上々かと。
あと今週からOPが元に戻ってくれてありがたいです。その代わりEDにヘンなの挟まって
ブチきれましたが。

今回の被害者はつぼみパパンの尻穴奴隷、じゃない後輩の小畑さん。
こんなヒョロっちぃ青年が事ある毎につぼみを追い掛け回して「お願いだ!」と頭を下げていると
まるでつぼみの脱ぎたてパンツが欲しくてしょうがないド変態に見えてきます。



ごめん、それ俺だわ



いや違う、やっぱ俺じゃないよ?
だって俺はえりかのパンツの方が



なんか遠くの方からスターライトブレイkなんとかが飛んできて頭が冷やされたので
普通の解説に戻ります。
真面目に解説します、ごめんなさい砲撃とレズの神様

more...

キュアマリン(Lv2-2・Pw9000)

プリキュアはもう1~2回見直してから感想しようと思うので、今日は普通の日記。

相変わらずヴァイスシュヴァルツばかりやってます。正直、日常生活に支障が出てるでしょうね。
大会出るために睡眠時間削って日中の活動を増やしたり、なにより絵を描いてない。
家でやってる事といったらニコ動見るかデッキいじるか、もしくは
フェラチオDVD見ながらちんこいじるかのいずれかくらいです。メシなんて外で食ってるしなあ。
疲れていても手が動かせる人がうらやましいです。

タイトルカップ中はさすがにやり込もうと思ってDC2、小恋デッキをいつまでもチューニング。
正直2-2ななかのCxシナジーがヘタレすぎるのでデッキから削除。
Cx発動してからさらに運任せというのはさすがにナメ過ぎている…。
Lv0茜の能力と組ませれば多少の芽は出てくるけど、ななかを出した時点でLv0茜をいつまでも
出しているようじゃ陣営の整頓がバカすぎるので、結局お蔵入りに。
助太刀を増やしてアンコールのLv2-2茜置けるようにした方がまだマシ。
音楽ネームが薄まるのはイヤだったけれど、アンコール応援のLv2杏も限定が厳しくて
だるい感じだったので、思い切って1-2の久美子先生に交換。かなり重いけれど
ストック溜まりやすいデッキだからそのつりあいに賭ける。
1-1ことりさんを8000で維持できるのは緑音楽デッキなら十分だろ。
チェンジしか能がないと思われていたLv2-2小恋も9000で維持できるなら多少実働できるし。
ああそれにしてもピヨちゃんが欲しい。

だが結局タイトルカップで勝つのは難しい。なぜならLv3音姉が強すぎる
というかタイトルカップ仕様で区切るとぶっちゃけ最強というかチートレベル?
記憶能力で倒した相手を片っ端からほぼ回収不可の状況に叩き込めるのはどうなんだ。
せめてLv2からのチェンジを殺していくくらいしか対抗手段がない。
とはいえ実戦ではくさっているわけにも行かないので、正面からの対抗策は捨てて
場の制圧~維持に向けて頭をひねる次第。助太刀かなぁやっぱり。

んで、全くいじっていない赤黄を放置するのももったいないと思い、主流の朝倉一族を捨てて
あえて黄色でもっともショボクレておるだろうアイシア中心のデッキを組んでみる事に。
DC2まだやってないから知らないけれど、なんだかアイシアがかわいいです。
メイン絵師の朝倉一族より、表情がコミカルだから気に入ったのかなあ。

一通り眺めてみた所、敵キャラを倒すという概念は捨ててかからないとかなり難しい様子。
黄色単色で組むとほぼ完全にソウル系に偏る能力に満ちている。
アイシア自身、魔法をメインにしたいのかメイドなのかと能力がハンパなので、
残された道はダメージを通しつつ被害は軽減する、つまり小恋デッキに見ている制圧維持ではなく
肉を切らせて骨を絶つカウンターパンチャーのような
ますらおぶりにも程がある筋骨メイドデッキになるのではないかと予想。
実際ちょびと回してみた所、メイドネームを持つμさんがむしろメカ寄りなのでジャマ気味。
ネームカテゴリがばらけつつも微妙に自分たちを指してないあたり、スタンダード構築を
大きく視野に入れた中間管理職的アソートのようです。ウェイトレスネームなんてDC2にいねえし。
それにしても響にエリキャロにアイシアと、なぜ俺のハートがキャッチされたキャラは
みんなして中間管理職なんだろうか。

そんなわけで分からない人には全く分からない。分かる人にも微妙に内容が乙ってるという
残念なヴァイスシュヴァリスト日記でございました。以下グチ。

more...

プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。