スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ同人買ってきたよ!

給料入ったから、夏コミで買えなかった分モッツリ買って来た!
おっかしいなあもう今月分の生活費が残高1万くらいまでガタ減りこいてるんだけど。

このくっそ暑いのにわざわざ秋葉原くんだりまで出かけたのは、唐突にアイマス、もちろん特に
我那覇さんの同人誌が欲しくなったからです。
やはりあまりないものですね。あっても貴音の添え物、みたいな感じが多いようです。
結局一番イカしてたのはエロじゃなくて、愁☆一樹さんのはるひび本。
まさに「くーっ これこれ これですよ!」って感じのナイス我那覇さんでした。

他にも石恵さんの新刊とか色々買ってきたり。相変わらず彩色力が人類の範疇じゃねえなコリャ…。
そういえばけいおんも咲もたいした人気だけど、やっぱり東方は桁が違うな。別の商売みてえだった。

べびプリ本は正直下火ですねー。観音王子さんとか、ウチも参加した灯炉さんのアンソロくらいしか
置いてなかったです。イベント見れば解るんだけど刊行数自体は結構あるのに委託サークルが
極端に少ないのが原因なんでしょうね。みんなもっとさらけ出しちゃいなよと言いたい。
あとアンソロの虎の穴サンプル、見本で俺の漫画がほぼ全部載ってるのはどうなんだろう(笑)

うぎゃー、我那覇さん本作りたいー。なんかみなぎってきたさー。
でもとりあえずTmFまでのべびプリ活動は責任全うする予定ですのでご安心を
(そういって夏コミ落としたわけですが石川さん?)
しばらくはピクシブのエロ絵で我慢します。

最近また思うんですけど、同人誌って高っけえーですよね。質・厚みのどちらから見ても。
「この雑な画面はどうなのよ…」って流行ジャンルの同人誌も6~700円でモリモリ売られて
モリモリ買われていく。少なくとも儲けのために流行ジャンルに手を伸ばすつもりは毛頭ないのだけれど
(そもそも真っ向から流行を理解できてるようなら未だに聖なるかなのファンなんかやってねえよ)

「本つくりてえ!」の熱が冷める前にズビビーと突発で刊行して、その分お値打ち価格で売るのは
ダメだろうか。16ページくらいの鉛筆我那覇さん本を店頭2~300円くらいでシュピッとコンスタントに。
ただでさえ体を壊すほどに働き、漫画を描くために時間を割けない状況なのだから、継続のために
犠牲にしなければいけない要素はいくつかあるんじゃないかと最近思えてきた。
そして、犠牲を出しつつそれを減らしながら継続する事で、ようやく仕事を減らしてまで描くバリューのある
レベルに辿り着くんじゃないかと。反省は完成品を出してからせえよという事ですね。

仕事の時間を犠牲にしろよと言われるだろうし実際そうしたいのですが、さすがに趣味と実益を兼ねて
なお向こうの方が重い事情を抱えてるものだから、よっぽど収入が確実に見込めない限り
定収を犠牲にできないのですよ。この事情に関しては常々もったいぶっているけれど
単に笑いに持っていけないだけでどこの家庭にあってもおかしくないような事情だとは言っておきます。

最後にすんげえ話変わるけど、ガキの使いのトークビデオすんげえ面白い。
スポンサーサイト

すごいぜ漢方薬

先日から飲んでいるおしっこ漢方薬(ひどい略称)が効いたせいか、腰がやや良い感じに。
仕事しながら今までのように同人誌を完遂できるか…というとちょっと怪しいですけど。
一日抜いただけでまたガタガタになったし。なにこれ、今流行りのシャブでも入ってるんじゃないの?

ガキ使の、トークのDVDだけ借りてきた。
ラジオ感覚で垂れ流し、原稿に集中するために。
今ゼンゼントークやらないんだよなあ。つまんねえなぁ。脚本があるとかないとかどうでもいいよ。
お笑いに、見て聞いて面白いこと以上の正義なんかねえよ。

more...

じん痛とコミケ

というわけでお疲れ様でした。
会場現地では立ち上がるのも億劫なほど腰痛がクラスアップしていたのですが、今はそこそこ
落ち着いております。コミケちょいレポは続きの方に。貯めてた日記を貼り貼り。

・このエロマンガがすごい!
最近よく見てるのはイソラシ先生と無有利安先生の本。ためになる。
前者はアヘ顔とヒップライン、後者は卑語と、夢中になってピストンするときの必死さ&卑猥さで。
フェラチオ関係に関しては相変わらず藤ます先生が素晴らしい。一生勝てなくていいと思います。

・腰痛について
とりあえず市販薬から飲むことにしました。腎臓の薬という事で、必然的に聖水方面の薬棚を物色。
薬剤師さんに聞いたら漢方薬を勧められて、用途を見たらなるほど「腎臓の疲労や炎症からくる腰痛」
とか書いてある。値段も手頃だ!(=民間医療&医薬品的に死亡フラグの判断基準)
で、一晩ぐっすり寝てみたらさすがに症状出始めに対処したせいか、安物でもそこそこ利いた感じ。
プラセボだったら怒るが。

・積んでるエロゲの内容忘れた。
トライオン、ユミナ、メモリアと忘れっぽくなってきたのでいっそ最初からやり直した方がガガーッと
進められるかなーとか考え中。特にユミナは一回くらいはクリアしておきたいしね。

more...

とにかく大失敗

さて、ここまで沈黙を破ってしまいましたが…というかそれゆえに皆様の予想通りではありましょうが
新刊おとしました(涙)

夏コミ現地にはわざわざオフセで刷った準備号を持ち込み、タダで配る予定です。
一応十八禁となる本を無料配布するのはモラルが低い行為かもしれませんが、ご容赦アレ。
で、結構早く帰る予定なのでただなら貰っとけーというひとはぜひお越し下さい。余るだろうしね。
貰ってくれた方にはTmF3でなんかする予定です。あとTmF3本では一つ発表がある予定。
そのTmF3にもまだ申し込んでない始末。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、最近pixivを地味にやってたりします。
評価や閲覧が即来るので目立ちたがり屋でものぐさ(=人としてどうかという障害)の石川さんには
なかなかピッタリ。今後は健全絵に限りブログのほうにも貼っていこうと思います。


腰が本気で痛い…。
それに伴うようにこの一週間ほど、しょんべんの色が妙に不健康に。
もしやと思ってグーグル先生に診てもらったら、腎臓と腰痛には密接な関係があるんだゾイと来た。
このまま悪化するようだったら病院とか行かないといけないのかなあ。

ペルソナが面白くなってきた。ストーリーというか合体が。メギドくっつけたリリムを鍛錬中。
メガテンシリーズはやはりやりこませるなあ。もちろんストレンジジャーニーは購入し、
デモニカスーツでヒャッハーしますとも。

あと、初音さん買いました初音さん。プロデューサーさん、ディーヴァですよディーヴァ!
プレイした感じはやはりゲームの面白さよりも初音さんのアクションの可愛さが目に付きます。
スペースチャンネル5を作った経験から…とはとても思えませんが(笑)
なかなか愛嬌のあるダンスを見せてくれます。

音ゲー部分は…「それなりにやり込めるけど愉快ではない。良くも悪くも携帯機向け」という感じ。
既存の音ゲーに普遍的な、ビートやメロディなどを叩いて追うアクションではなく
アイマスL4Uのようにリズムにひたすら合いの手を入れる作業なので、ノリが合わないと判定に
不合理を覚えると思う。でもPV画面全体を見ながらスコアを目で追える構成は評価したい。
これでPVごとにスコアカーソルの色合いを変えて、目に優しい構成にしてくれたら大満足なんだが。
曲はミラクルペイントとワールドイズマインがお気に入りです。みらこーぉぺーいーん♪

コミケについてはまた後ほど。
ここ最近見ているアニメに対する不満がまた沸騰してきたので解消のためにエントリエントリ。

・蒼天航路
改悪が酷すぎて見てられない…。放送終了までつなぐために作り捨ててるのが丸わかり。
本当にコレ、数年前から温められていた企画だったんですか…?

話をひたすら進めるためだけに面白みのあるセリフを伐採し、時世の流れはナレーションに投げ捨て一任、
結果面白みのまるでない展開を少しでも見やすくしようと水増しされるポリゴン雑兵のゆるい殺陣。
まさか世の蒼天ファンも、天下のマッドハウス、しかも定評のある高屋敷チームがこんな体たらくに
陥るとは思っても見なかったろう。

特にヒドイのは前回、カクてんてーにハメられて大打撃を受ける話。
原作の曹操は自分の退屈すら雄大に楽しむ器の大きさが感じられたが、アニメだと事業に飽きて
単なる疲れたオッサンに堕してしまっている。これ、別人というか他人ですよね。
脱出の際に曹昴がスウ氏を斬り捨てても全く激昂しない。あの人妻病患者がお気に入りのタレを
眼前で殺されて完スルーですよ。どういうことなの…。
ココは自分の妾を殺された怒りに燃えつつも、息子の合理的な判断は認めてブチキレながら
息子の命令に従う所がかっこいいんじゃないか!

あと気になるのは、視聴者の解りやすさを過剰に意識しているためか互いに姓+名で呼んじゃってる
ことが多い点。字か、もしくは名だけで呼ぶのが時代の通例なのに、妙にかっこ悪い。
大体曹昂を名で呼んでたら曹洪とかぶっちゃうじゃん。そっちのほうがわかりづらいわ。
あとカクてんてーの声が立木さんなのは個人的にダメだった。ドスが効き過ぎている。
俺の脳内では青野武さんくらいの、テンションの高いジッチャンって感じだったので。

・GA
質が低いわけじゃないが、肌に合わない。
なんというか、展開や絵ヅラがすっごいガツガツしてて騒がしい。落ち着けと。
蒼天とは逆に、悪い意味で作り手が原作を愛好しており「俺にはココがこんな風に面白くってさあ!」
的なプッシュがクドく、しかもマトを外してる気がする。

具体的に言うと、原作が4コママンガであるように見えないのが難点。起承転結のテンポを
感じられず、ネタとオチをだらだら単調で流し続けてる印象が付きまとう。

例えば先々週だったかの「だっこしてニャー?」の話。
(ギャグネタに解説を入れるのは作者に対する愚弄に近いとは思うが、まあご勘弁)
アレはネタ二本分を使って

・なんだか知らないがノダちゃんがヒドイ目にあったらしい。準備室に魔物がいるですと!? (起)
・美術室にきたら何か怪しげな雰囲気のある奥部屋が… (承)
・開けてみたら中にはカワイイねこちゃん(ペンキ塗りたて)が!!! (転)
・触っちゃダメって解ってたのに……くやしい…くやしすぎる……! でも触っちゃうビクンビクン (結)

という流れであり、笑いどころは
「ペンキまみれだとわかっているのについ抱っこしてしまった女の子の悲しいサガ」
だと思うのだけれど、アニメだと普通に衝動的に抱きついちゃうだけで、ペンキのパンチが効いてない。
俺だったら「キサラギちゃんとネコが見つめ合う」カットを長尺で取ったあと、一気に水道場まで
持っていっちゃうんだけどなあ。
アニメのままで良しとするならペンキネコは「魔物」っていうか「ワナ」じゃないか?

そんなわけで、もっと「間と呼吸」を雄大に理解し、常時ハイテンポではなく、スイングと緩急の利いた
展開にした方が4コマ原作モノは面白いと思うこの頃。
ていうかいくら美少女いっぱいでも、基本は4コマのギャグマンガなんだから、ギャグに力を入れないで
女の子をブリブリに描いたってしょうがないじゃない。眼目さえ正鵠を射ていれば、愛嬌や魅力は
あとからついてきますよ。



そして。



・けいおん!
えっ、石川さんもついに見たの!?

知り合いに勧められてようやく観てみたのですが、アレな感想しか出てこなかったので続きの方に。

more...

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。