スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと更新だよ!

20081226_s.jpg

というわけでいつもの横長とは尺を替えたG's基準の投稿用4コマです。
絵的にはこっちの方が引き締まってていいかもしれません。小ネタを好きなだけぶち込めるので
いつものの方が自分としては好きですけど。
とりあえず今からボツる気マンマンです。G's向きの、微笑ましいというか良くも悪くもヌルいネタが到底
思いつかん…。このトシになるとヌルいネタを思いつける方が才能あるんだという事に気付かされます。
発想はヌルく広く、技術は狭く尖るのが理想ですな。

FALLOUT3はもうそろそろ終わりと思ったらまた話しがでっかく伸びたので一気終えは断念。
いよいよウェイストランドを縦横無尽に動き回ることになりそうです。次の目標は奴隷商人の街を
壊滅させることか。

ザウスからなるかなカレンダーが届いた。人丸氏によって描き起こされたクリストたちが
手を使わずに射精できるほど可愛カッコイイ。ホントにこの人はこういうとんがった萌えが上手いなぁ。
全員アセリアの各色ヒロインに合わせた意匠になっているのは愛嬌と言うにはあざとい気もしますけど(笑)
まぁともあれ、人丸さんの絵はもう「ぼーん・ふりーくす!→ルミナスアーク」でおなじみ櫂人さんバリに
ファンタジー系のCSゲー作れる会社に入っちゃった方がいいくらい、絵が輝いている。

対してまさはるさんのほうがちょっと…。
2枚看板のうち片方だけをこき下ろすのはズルイと言われるでしょうが、それでもあえて。
まさはるさんのなるかな絵はなぜか塗りが致命的に合ってない事が多い。
ゲーム中のCGはさすがに入魂のものが多かったけど、販促系のイラストはかなりヘタッていると
言わざるを得ない。神剣シリーズという雰囲気に合わせて彩色も人丸シフトにしているのは分かるが、
そもそも二人の絵は毛色も売れ筋も全く違うので、何も工夫を凝らさずに同席させるのはまずいんだ。
人丸さんの場合、色々とリアリティを無視しているというか当たり前のようにファンタジック・オカルティックな
意匠を混入するからこそ、とにかく描き込みっぽく見えるムラ塗りが似合うけれど、頭身も体型も
リアル寄りのまさはるさんの絵が人丸イズムでそのまま塗られると、ムラからは味より先にアラが
目立ってしまう気がする。フロラリやゆんちゅは華やかな塗りが合ってたのも好印象だけに、
なるかなの絵は「PC操作で色数を減らしたように見える」絵がいくつか見られたような気がしていました。

フロラリやゆんちゅのままの塗りでもまずいと思うが、かといって今のような有り体なデジタル水彩に
見られるムラが、まさはる絵の端正な感じをかなり殺してると思う。個人的見解ではあるが、
まさはるさんはキレイに仕上がった絵に、人丸さんはアホみたいに描きつめた情報量に威力があると
思うので、どっちかの味わいだけを持ち上げるのはまずくないかと感じてしまう。
他のメーカーにも塗りがあってナンボって言う絵師さんはいくらでもいるはず。むしろ特に、
売れてるメーカーほどそういうところに気がまわってると思う。
ユニゾンシフトはものすごくのいぢ、もとい伊東雑音絵をそのままにエロゲ化しようと頑張ってるし、
判子と言われて久しいオーガストのべっかんこう絵もあのパラノイアなまでに緻密な塗りが全てを
カバーしてると思う(まぁべっかんさんは顔は判子でも絵が普通にメチャクチャ上手いんですけど)。
ウチの大好きなたけやまさみさんなんかがムラのある透明水彩調だったらやっぱりつまんないしなぁ。

といっても、別にまさはるさんの絵で絶対に水彩をやってはいけないわけではない。
やるならもっと圧倒的に塗り込んで、ムラもアラも含めてより端正さを極めないとまずいと言うこと。
なるかなでもカットインや望関係のビジュアルは極めて質のいいものがいくつもありましたしね。
要はグラフィッカーの技量なんかのう、やっぱり。

噂によるとザウスのついに出る新作のゲンガーは人丸さんらしいのだが、果たしてどんなジャンルで、
かつどういう塗りで来るのか。なんだかんだ言ってザウスのどこか狂った企画センスが大好きなので、
もっとその辺の発想力と実は優秀なスタッフの力を活かす事を考えて欲しいです。
最近はスピンオフやファンディスクばっかりで企画にスタッフが隷属している感じがするので、ここらで
メインスタッフの力を極限までヒリ出して中心に据えたタイトルでリフレッシュを狙ってもいいんじゃないかと。
まさはるさんプロレス好きなんだからレッスルエンジェルスみたいなの作ればいいと思う(笑)

と、カレンダー一冊ごときでそこまで想いを馳せてしまう俺はやっぱりザウスファンだと思うよ?

そういえば飯島愛が往生しましたねぇ…。
セクシーアイドルやAV女優はなぜか若くして変死・怪死で鬼籍に入られる方が数年に一度出てますが、
ヒトの性状を武器にし、客のサガをあおってカネにする業界なだけに色んなところにダメージが溜まったり、
荒んだりするのかもしれません。
この辺、同じセクシャルな商売でもエロ漫画やエロゲーとはまた微妙に違いますね。

しかし亡くなった途端一面記事でAV女優としての経歴を晒すのはどうなんだろう。
ズルイとまでは言わんが、なんだお前ら今まで言いたかったのかよと思ってしまう。タレントとして特に
思い入れのある人ではなかったですが、マスメディアの掌返しは相変わらず苛烈だなぁと思いました。
スポンサーサイト

そろそろ一周目おわり?

FALLOUT3、親父を発見したものの速攻でくたばってしまいました
未プレイの諸兄に言っておきますが、本作において親父の存在は物語の開幕におけるキーパーソンなので
ネタバレかましてんじゃねーよと思われるかもしれません。
しかしその心配は全くの杞憂。なぜなら
本作の自由度とフィールドのだだっ広さの前では、親父の行く末ごときがばれたところで面白さの限界が
狭まるような事は一切ございません。
むしろ親父関係の話が刺身のツマといえるほどに広大。
親父ごときに心を惑わされているようでは、とてもあの荒廃しつくしたヌカワールドで生存など
不可能なのですから。初回プレイ時でクエスト5つ6つ掛け持ちなんて普通でございます。

ああぁでも親父頼りがいあったのになぁ。
ナイフ一本でヤオ・グアイをブチ殺したり、高所からランチャーぶっ放してくるスーパーミュータント相手でも
どこからともなくガレキをよじ登ってこれまた豆鉄砲でエクスタミネったりとまさに親父無双。
なまじ不死のNPCなもんだから、息子の背中に隠れるどころか自分から近隣の敵に向かって突っ走って
いくほどの蛮勇を誇る
ため、護衛対象どころか超高性能エネミーコンパス状態。むしろ経験値稼ぎの
ために、瀕死の標的を親父の毒牙から守り抜いてキッチリ我が手で殺すことに努力を要する始末。

あとモイラさんの異常者っぷりが怖い。不思議風味の天然ちゃんかと思いきや本気で狂人らしい。
「ひとっ走り地雷原行って来て」はまだ我慢できますが、
実験用に放射能浴びてきて」「再生医療試したいから重傷負ってきて」と笑顔でのたまうDQN牝豚が
なぜメガトンのますらおどもにSATSUGAIされないのか不思議でなりません。
そんなこんなで親父亡き後B.O.S.と連携してエンクレイヴとコトを構える様相で、いよいよ終わりが
見えてきたかな?二周目は女性でプレイしたい所存。本作の女性は全く可愛くないけどね(笑)

それとは別にプリマステラもプレイ中。今5話が終わったところ。
話数形式のテンポの良さもさることながら、毎回の終わりごろにギッツリエロシーンを入れてくれる
イイ意味でのお約束感がすばらしい。なんだよかぐや、萌えとエロを両立するのがこんなに上手なのに
ダンジョンでクルセってるヒマないだろうが。まぁM&Mさんの絵でプリ☆ステというのもきついが(笑)

主人公がキモイくらいキレイすぎると思うけど、でもそのキレイさが他人に迷惑をかけたり、不快な独善を
帯びたりはしないので好印象。主人公が好意に値するほど、それに惚れるヒロインも魅力が深まる。
無能で強気で優柔不断なオレサマ主人公にぞっこんだと、ヒロインが救いようのない馬鹿に見えてきて
辟易するが、本作はわりと大丈夫。とはいえ財閥のお嬢に片っ端から処女を捧げられても動じないのは
さすがに男前にも程があるけど(笑)

あと、エロシーンの毛色が俺の嗜好にマッチ気味なのもいいかんじです。
回数自体も萌えラブコメと考えれば十分多めと言えるし、各ヒロインも
初出撃(ストライクウィッチーズ的表現)でもしっかりよがってメロメロになったり。
言ってもエロゲーは仮想の世界なんだし、そこらの純愛ゲーみたいに
「ロストバージン=二人の愛で乗り越えるイニシエーション」みたいな面倒な扱いじゃなくていいと思う
石川さんにとってこのご都合はむしろありがたい。巴のふにゃふにゃっぷりがかなり愛しい。
でも巴の体型で起伏がないってのは説得力ないです。某・如月さんが泣きますじょ?

実はいまだに「ナースにおまかせ」のエロマンガを描いてみたいと思っているので、もっと仕事や他ジャンルの
活動に余裕が出来たら、同人誌として刷り上げないまでもナスおまやプリ☆ステのヤルだけ漫画を
描いてみるのもいいかもしれません。
なんだかんだ言っても、即物的で適度に濃厚なエロを楽しむメーカーとしてはアトリエかぐやは強いなぁ。

非核的生活。

今現在、「寝て起きて即仕事」みたいな生活が主流だったのだが、
昨日一日だけたまたまかなり早く起きたので原稿描いてから出勤した。
絵もそこそこ描けたし、仕事も快調。おっ、この生活リズムでいいんじゃあないか?
なによりもFallout3起動せずに原稿にかかりきりになれた事は奇跡と言っても良い。

かの赤木しげるさんも「命の本懐は活動すること」とおっしゃってますし、ただ体力を維持するだけでなく、
ある程度動いて消耗して…って感じで、エンジンを回すように一日一日を生きないと逆に元気が
失せるんだなーと実感しました。そんなわけでまたきょうも絵を描いて出勤して寝る。
要するに仕事はフォロースルー感覚でやっつけていいってことなのか(笑)

今じつはG'sに投稿する4コマ用の原稿を描いてます。お正月ネタ。
と言っても載る頃には最速でも1月末なので完全に時期外しなんですけど。
いいじゃない、時期を外しても面白ければいいじゃない!
(その面白さこそが一番の石川さんマンガの不安要素だろうが)

鋼の錬金術師(21)とハイド&クローサー(4)購入。どっちも面白い。
ハイドはWeb連載に移行という事で、紙面ではビックリするくらいの説明回で打ち切ってたけど、単なる
小学館のWebビジネスの試金石で終わらない事を期待します。
春瓶もちゃんとかっこよくなってきてるし、感情表現が熱くてカッコイイです、このマンガは。
鋼は結末への収束に向かってますが、ばら撒いてきた伏線の回収が実に丁寧で、いつもながら
勉強になります。

あと追記として、なるかなの同人について。
資料集が凍結気味ですが、どうも原因は自分のなるかな愛の欠乏だと思うので、ここ最近ヌカりつつも
実はなるかなのデータをフォーマットして最初からやり直したりしてます。
んでもう一冊くらいマンガのペラ本を出して自分の心意気を固め直してから資料集をまとめようかなぁと
思ってたりも。相変わらず動作も重いのでグラボ買い換えようかなぁとも思ってますし。
クルくるなんか動きやしねえからインスコして積んだままですよ。

あーあと動画作りたい。手書きのアイマスの。
頭の中にコンテは出来てるんだけど、ニコムビメーカーで出来るのかどうかもよく分からん。
あとsaiのムックが出てたので買っていじってみたい。時間ないときに限ってやりたいことしか浮かばない。
どうですかこのダメ人間。

19Princessには直参しないことになりました。

………みんな核が悪いんだ

そんなわけで確か来年の2月くらいでしたか、こそっとショップ直販で本を出すかもしれません。
俺がまじめじゃないからとかもう言い訳しません。Fallout3が面白すぎるだけなんです。
なんなんだろうなぁこの、せきたてられるようにプレイしてしまう没入度は。
本腰を入れてクエストを進めると絶妙な時間間隔で関門を一つ一つ突破してしまい、次が気になる。
寄り道をしてマップを拡げるとこれまた絶妙なタイミングで新しい街や狩り場を見つけてしまい、
そこで新しいクエストの話を聞いてしまう。
ワシントン記念碑の公文会館でいつの間にか地下坑道に突入していた際の自然な推移っぷりには、マジで
脱出後に冷や汗が吹き出た。ほんの数十分前までスーパーミュータント相手に殺戮を繰り広げてたのに、
ふと弾薬が切れたのを思い出す今にはロボット軍団と戦ってるんだろう? って。

もうこれは封印とか回避とか言ってられません。とりあえず一周クリアします。
でもベビプリには癒されますねー。この数日実にいい感じの日記が回ってきております。

・観月
口調はババアなのに感性は歳相応と、老獪ロリの本領発揮がじつにラブリー。
「かわゆい」って素で言っちゃってるのがたまらんね。

・青空
なにげにそらさんの日記が大好物な石川さん。こういう取りとめのなさが魅力です。
しかし0歳児のあさひより知能が低そうな日記な気がするのは、青空さんのせいではなく
あさひ師匠が過剰なだけだと思うが(笑)

・ふぶふぶ
断定・断言で語る口調がクール。でもその断定思考のせいで自ら考察の迷路にはまってる姿がかわいい。
しかし
「私がみんなの前でサンタクロースの話をしようとすると、
蛍姉が少し緊張した顔をするので――」

幼児の夢を脅かしすぎですふぶふぶ。

・立夏
歳の離れた妹がこんなに切れる発言をしているのに、バカ丸出しの日記で返す姉がキレすぎている。
ウッキーとかウシシーとか、明らかに年頃の娘がぶっ放す感嘆詞ではないだろうが。
しかし「ニセモノのサンタが流行っている」という逆説はなかなか新鮮。バカだけにきれいですこの妹。

・綿雪
……ユキは俺の心のRADアウェイ、もしくはチャーチ医師のうさんくさい注射だよ……。
毎度それくらいに、ユキの日記には心を洗われています。
本当に、何の嫌味もへつらいもなく無欲な姿が庇護欲と涙を誘います…って頼むから
卑語浴って変換するなマイPC。

さて、そんなわけでぼちぼち、色々と始めますか。

放射能汚染レベル、留まる事を知らず上昇中。

うーん、やばい。

なにがってウェイストランド珍道中ですよ。はまりすぎた。
昨日は職場でまた原稿描いてたんだけど(描くな)ペン取って3分で中止。



……絵が、ヘタになっている……!



本気でびっくりした。
練習して積み上げた技術は一日怠れば三日後退するとはよく言ったものですが、fallout3は
その性質に放射能汚染をガンガン加えてくるので俺のかわいいあさひがとんでもないクリーチャーに
なってしまいました。これは本気でナイ。自分大好き石川さんですが、ここまで自分が「ねーよww」と
思った瞬間はさすがに初めて。きょうはさすがに核ワールドに没入するのをやめて絵の練習します。

……あと、19princessの申し込みを、今からします。

すいませんすいませんすいません!
ちゃんとサークルカットに「fallout3にはまりすぎて申し込み遅刻しました」って書くくらいスイマセン!
うーん、TmFんときも遅刻したなー。ていうかオンリー系で申し込み間に合わせたことないなぁ俺。
実は申し込みたくないんじゃないだろうか。うそうそ、やる気だけは超あります。
ていうかやる気しかない。技術と時間が全く足りてないから。

まぁそれはそれとしてfallout3は面白い(戻すな)
特に、次第に慣れてきた戦闘を渇望している自分の怖さが面白い。
普通のRPGだったら間違いなく萎えるくらい広大な荒野を歩くだけでも十分なプレイになる。
なんせこちとら金もないし武器も限られてる上に寝床もなければ健康もない。
ないない尽くしを打開するためにはそこらをうろついているブタネズミやら巨大アリやら変質者やら
ボルキャンサーもどきやらコーンボーイくずれやらを積極的にブチ殺して、屍肉や武器や衣服を
剥ぎ取って換金しないと生きていけない。この貧乏さが極まりすぎて、ついに敵を捜し求めて
歩くようになりました。石川さんもすっかりヌカ度が高すぎる領域の人です。
特にコーンボーイことスーパーミュータントは色々極まっており、生肉や臓物で作ったその名も
「ゴアバッグ」
を携行して旅するという蛮勇を誇ります。これがテレビゲームに出て良いことがすげえ。

ちなみに石川さんはコマンド式戦闘のVATSと難易度EASYを併用しているチキン野郎です。
慣れてくるとマニュアルで連射するだけでも相当当たるんですけど、やっぱりVATSのガイド付きだと
丁寧に人間の四肢やミュータントの頭蓋を吹き飛ばせるのが魅力ですから(同意求むな)

ああもう回顧しているだけで楽しくなってきた。
よーしきょうもさっそくウェイストランドにダーイカチビーン

ドグワッッ

アアォッフ!
(自戒のために設置しておいた対人地雷に引っかかり散華する石川さん)

…さて、絵を描こう描こう。 アレ? 右手ドコいった?

未体験ゾーンという意味ではふたつのゲームは同じもの

ヌカコーラの付け合せ、もといFallout3のハシ休めに、積んでいた「プリマ☆ステラ」開始。
”挫折から再起する”という、好みのタイプの主人公であり、性格も上々のサッパリ君なので
オンナノコに対してウジウジ気後れたり低レベルの妄想に幼稚なドギマギもしないようで
わりと安心してプレイしています。

何より、エロシーンの初出が速い。萌えラブコメなのに開始一時間でメインヒロインが手コキ→フェラの
二連戦はさすがかぐやだなーと感心します。
このところエロゲーをプレイするたびに言ってますが、やっぱりエロゲーならエロが前提でなくては
プレイする気力もダレる。この辺に対する「待たせないアトリエかぐや」の配慮はすばらしい。
かぐや作品はエロゲ初心者向け・マンネリ声優というイメージが付きまといますが、それでも売れるのは
エロを軽視してないところ。自分たちがメーカーとして一番売り出していかないといけないのは
エロなんだ
と理解した上で作っている点にはなんのてらいもなく高い評価を下したいです。
choco_chipさんもまぁ、一線級の抜きゲ絵師に比べれば色々アレだけど、顔の作りはかわいいし
(最近ミョーに七尾奈留的な角張り方をしてるのが気になるけど)
ちゃんとでっかいモザイクがかかるようなエロ構図も考えて描いてるし、頑張ってますよね。
このぷり☆すてやダンクル2の作りこみもあり、かぐやはそろそろ純一抜きゲは卒業したいんじゃないかという
危惧もありますが、でも現状、艶女医や夏神を挟むなど、エロを主にした作品を挟みつつの活動なので
それでいいんじゃないかと思います。どっちもできるならそれでいい、本文を捨てさえしなければ。

小難しい話はこの辺で、珍しくメインヒロインの静歌が好きなんだぜ。
CVみるの忠犬キャラはやはりたまらん。表情パターンにまんまはちゅねミク顔があるのはいささか
ネットに冒されすぎだとは思うけど。涙目で窓にベターっと張り付いてる姿がかわいい。
くすねえも良し。かぐやさんは草柳ボイスをおっとり系に使いたがるけど、そこそこ古参のエロゲオタになった
身としては、やはり「草柳順子=アホキャラ」はテンプレを超えた物理法則になっているわけで。
そこへいくとこのくすねえのようにエンジンかかってネジ外れた人は大変好ましい。

なにより、こういった素直にかわいいと思わせるヒロインが節度や都合を押しのけてまで濃厚なエロを
展開してくれるのが一番嬉しい。盲目的に追いかけるほど執心ではないけど、欲しい時に買うと嬉しい。
まさに「業界のオカズメーカー」を地でいくアトリエかぐやは、これからも適度なマンネリで商売ペースを支え、
「たまに抜くならこんなエロゲ」としてライトユーザーや衝動買い層を支えて欲しい。
あとできればチョコさんにはさらに絵が上達して欲しい(笑)

さーて寝よ寝よ。
2時間くらいしたらまたウェイストランドで荒廃生活じゃい。
それにしてもこの難易度は本当に危険だ。中途半端にどうしていいか分からなくなるもんだから、
ついうっかりお店屋さんを後ろからサブマシンガンで撃ったりキャラバンの荷物にそっとグレネードを
忍ばせたく
なってしまう。誰か俺を修正してくれ。このままだとアレフの街をマフィアより先に
滅ぼしてしまいそうだ。

あとこのゲーム、うっかり高すぎるところから落ちると即死するんですけど、その際の浮遊感と
即死までの微妙な間合いが本気できもちわるいから困る。
「やっちゃった! あー死ぬ死ぬ死ぬ落下中はFTもセーブもできないから生存確率ゼロで
 ヤッベ拾った武器とかどこに置いてあったかわかんないから取り戻しようが

ドカペキュリグシャ(足から落ちたために腰から下が砕けつつスローで地面に叩きつけられる音)」
と、絶妙にパニりと後悔を取り混ぜた感情爆発を落下中に体験できる。
気が抜けねえ。ミュータントよりレイダーとの戦いの方が怖い。殺す気マンマンの野次にびびる。

いわく名状しがたいゼロサムゲーム

そんなわけでFallout3、絶賛核ってまーす。

正直なところ、ゲラゲラのオモシロさはほとんどないです。本気でシビア。だけどバイオのように
油断>>>即死ではなく、どうしていいか分かりにくすぎるというシビアなので
石川さんのような反応が反射に負ける人でもなんとかやれます。
VATSのおかげでFPSやらなくて済むしー。相手のドタマ目がけてバット振りかぶる時に
スローモーションになるのは面白い。バラエティ番組のノリだな、本気で殺すのに。

で、このゲーム。
本気で自由度が高いというか何をしていいかよく分からないけれど、日々を生き残るために色々
しなければならないので、既存のRPGのように「どこまで進んだ」が言えない。
例えば一番最初に貰うクエストが親父の消息を探るものなんだけど、最初に情報を買うカネを渋ると
次に三倍まで釣り上げられてしまう。
そうですね。ドラクエで言うならアリアハンでどうのつるぎ買うのにいきなりくさりがまと同格まで
インフレかました
とお考え頂きたい。どうよこのカネ貯める気なくす沙汰の限り。
そんで、意外と最初の街の回りは敵が出てこない。仕方なく街の中に落ちているゴミや生活用品を
売りさばきつつ、たまにふらふらしているイモムシみたいなブタのようなうさぎやら
強化外骨格のようなアリをバットとピストルでブチ殺してそのお肉を抉り取って食ったり売ったりして
生計を立てるというまさに新世紀末。とてもガンダム00より後の世界の話とは思えません(笑)

体力回復の行為として飲み食いすれば食いものは全部汚染されているのでガンガン放射能が
蓄積されていき、元気なまま死に近付いていくという仕打ち。
それを避けるために睡眠という行為があるのですが、そのために誰にも見つからない荒野の廃屋で
敵襲にビビリながら仮眠を取ったり、できたてホヤホヤの死体が転がってるベッドから死体を
引き摺り下ろしてオヤスミナサイしなければならない。まこと悩ましきかなこの世界。

だが正直に言おう。面白いわ、このゲーム
上記のことが酷く殺伐としててめんどくさそうに見えるけど、その実「なかなか死なない」というバランス一つで
かなり快適にプレイできる。また、建物を出入りするだけでオートセーブが働くのでうっかり横合いから
蜂の巣にされてもさほど問題なし。変な意味で安心してプレイできるのは強み。

セーブして一回試してみた人殺しもえらいことになります。
街の保安官の後ろからライフルでヘッドショットぶっ放すと、階段を転げ落ちていく元・保安官の肉塊を
蹴り飛ばす勢いでそこらじゅうから銃やら武器を抱えた街人たちが襲い掛かってくる。勝てねえよ
こんなの。とか思ってたらミサイルランチャー拾った。なんだろうこの、そこはかとなく
「やっちまえよ。お前はできるやつだろう?」と耳元で囁かれてる感じのゲームバランス。

そんなわけで年末を世紀末に置き換えてムップシプレイしようと思います。
やべー、レイダーの頭レーザーガンで撃ち抜いて火だるまにしてぇー(笑)

ラジウマー

久々に銭湯行ってきた。気持ちよかった。
老いも若きもチンポ丸出しでくつろいでる姿が妙に面白かった。また行こう。
そんな湯上り気分でフワフワと街をうろついていたらつい衝動買いを。



……Fallout3



というわけで温泉の次はちょっくら放射能浴びてきます。

ジャンルとしては苦手なんですけど、
・XBOXでプレイしたいゲームがない
・人に勧められたヴェスペリアが面白かった
・最近自分の中でゲームそのものがマンネリだった
というわけで、じゃあ絶賛されてるコレを買うべかと思って買っちゃいました。

しかしこのゲーム、雑誌やwebのレビュー記事が面白い。
「本当にフリーダムなんだなぁ」という感じがビシバシ伝わってきます。
核で滅んだ世界なのにクルマの動力に核を積んでるから爆破するとキノコ雲が上がる~とか
頭がおかしいとしか言いようがありません(ホメてます
そういうゲームであると同時に、その強烈な個性がオモシロ方面にインテリジェンスのある方々を
ひきつけてやまないのかもしれませんなぁ。

ファミコンでウルティマ4やってた時も余裕で盲目の薬屋からアイテムチョバってたし、
悪人プレイはわりと楽しいのでゲームに慣れたら「たまに殺るならこんなジェノ」的感覚で
街を滅ぼしたりしてみようと思います。

絵も描かずにごめんなさい。
一通りプレイしたらなんか描きます。

血も流れないうわべのヤンデレ満タンdays

きのうマンガをアップしたので今日はご勘弁ー。休日出勤だったんだよ…。
それはそうと忙しい時に限ってどうでもいい考察に脳髄のよこっちょを割くのが意外と得意な石川さん。
昨日はまた久々に「ヤンデレ」について考えていました。

やみツキ!」というゲームが「血の流れないヤンデレAVG」と宣伝されていたものの、
思い返してみればヤンデレという性質に流血が付きまとうようになったのはエロゲとコアなギャルゲの
中だけで、一般には全然浸透してないんですよね。だから一般人にとってエロゲ的ヤンデレは
「意味わかんねーキチガイ女」くらいに取られるんじゃないかと思います。それはさておき。

もともと「その女の子の強すぎる愛情に反し、心根の弱さがバランスを崩して精神を破綻させてしまう」
というのが大体のヤンデレでしたが、エロゲでは君望、スクイズという強烈な作品が出て以降
「好きな人の自由を奪う、傷つける、殺すのが普通の愛情表現になってしまう」と、妙に極端化してきてる。
ヤンデレに愛されて眠れないCDはこんな感じでした。
そもそもかような破壊衝動は「愛しているのに愛してくれないアナタは許されない」という建前を持って
「アタシが愛されたいから愛してあげてるのになびかないアナタは許せない」という本音を押し通す
ゆえに出るものなのですが、そろそろ「この逆」は出ないものでしょうかね。つまり、本当に、いっそ
神を愛するがごとく主人公を絶対視し、
「彼のような素敵な人の傍にいられるのにまともに愛を尽くされないような自分は
 本当にダメでくだらないウジ虫だから彼の目を汚さないところでひっそり死んでしまおう

みたいな屈折自爆型のヤンデレ。ヒロインはヒロインで本当にとんがったところのないイイ子なのに、
主人公の愛情を神聖視しすぎて逆に自分の愛情もろとも信じられないような弱ぁぁぁい心の持ち主。
暴力は嫌いだけど、こういう依存の極致みたいのはなかなか好みです。
主人公が他のヒロインを好きになってもその恋敵を殺すことなど全く考えず、逆に
「彼が生涯清く正しくその子を愛して幸せに暮らせるように、私が責任持って
 他の女どもを皆殺しにして最後に私が死んで締めくくろう

みたいな。すげえなぁ、なんか戦国武将みたいな忠節すら感じるヤンデレだ。
外見は萌えキャラなのに中身は血魂煮えたぎる烈士って感じだね。
主人公は前提としてそんなヒロインの心を頑張って癒して矯正して、ようやく色恋に立ち戻れる。
その過程で癒し相手を好きになるのもよし。
ヤンデレというと恐怖を伴う受愛を楽しむのが一般的ですが、逆にその病みを看病するゲームですよ。
絶対売れないだろうけど俺だったら買う。
人間的魅力があるようには到底見えない空気男より、誰かを愛することに頑張れる男の方が
よっぽど感情移入のしがいがある。

そもそも、ツンデレに対しての造語であるなら順序的にこれこそが本当のヤンデレなんだけどな。
スクイズみたいのは言わばデレヤンであり、愛に壊された心がその反動で暴力的になるわけであり、
元来心の弱い子が愛に対する頑張り方を間違えて暴走するのとは違う気がする。

常日頃から不良やヤクザの持つ「力さえあれば何を押し通してもいい」という考え方が大嫌いなので、
むしろ「理性が絶対的すぎて、押さえきれない想いに本気で自壊してしまう」という姿を見てみたいです。
理性をアッサリ捨てる事にはなんの面白みもない。むしろ極限まで保持しようとするあまりに
その保持の仕方がいつしか理性を捨てたものになってると気付きもしない…みたいのの方がよっぽど
ドラマティックで官能的。
主人公にめんどくさい女だと思われないように、自分で処女幕を破いてからデートに臨むくらいの
媚びへつらった女の子とか見てみたいですねー。

というわけで「血の流れないヤンデレAVG」ではなく
主人公は心身ともに絶対無傷のヤンデレAVG」がやりたい。

馬車馬「よりは」働くハメに。

ウチの職場のクズがサボリグセがついた上に音信不通の常習犯になってしまい、その穴を
残るメンバーで埋めんとするがため、恐ろしいことにこれから少なくとも年明けまでは
実質丸一日の休みをもらえない様相が見えてきた。俺は生きて年を越せるのか。
このクズは死ねばいいのにとマジで思う。しかもこういうクズに限って「自分は仕事ができる」
「できるからある程度サボったって許してくれる」と考えているから世の中タチが悪い。
俺はこういうのは、どんなに人員が苦しくなってもちゃんとクビにするべきだと思うんだけどね。
まじめにしか生きられない人がバカを見る事だけは、絶対に社会が許してはいけないと思うから。
(手前味噌ですが石川さんは仕事に関しては人一倍クソマジメです)

そんな腐りきった世の中から目を背けた先には僕らのパラダイス、トゥルー家族が待っています。
と綺麗に繋いだところでまた4コマを。
20081208_s.jpg
例によって先日の続きです。
0歳児の赤ん坊がこんな激しく暴れられたらうつぶせ寝で事故死なんてありえないのですが、
あさひことあーさんは既にお菓子の木に登れるほどの身体能力をお持ちなので問題なし。
むしろ満一歳くらいならこういう子犬の変形みたいな珍獣っぷりが味わえそうです。
んで、次回このシリーズはラスト。次は夕凪さんを挟んでまたあさひかなー。どんだけ乳児好きか俺。

だもんだから先週のブログは内臓がはちきれんばかりに萌えましたよ!
「もーにゃ、もーにゃ」「食べれ!」とかマジ可愛すぎなんですけど。
ひょうちゅうちゃんやヒカル、チャオあたりが人気上位を占めているベビプリですが、ゴッドの筆の
ノリがイイのは年少組っぽいです。年長組は悪く言えばギャルゲテンプレみたいなところありますしね。
もちろんかまぼこあさひもそのうち描くでしょう。ああ、時間が欲しい…。

にしても、振り返るとすごい企画だなーベビプリ。
企画のメインが無償のデイリーブログだったり、しかもそれが日一日と道を間違えることなく進化し、
雑誌紙面だけでなく時事とも連動している。下手したらゴッドの最終作品になってしまうのでは
ないかと思うほど肩に力が入りまくり。やっぱ石川さんはこういう肩を壊すような全力投球作品が好き。

ヴェスペリアをクリアしてこっち、自分のやりたい時間つぶしがよく分からなくなっている。
とりあえずゲームをやりたい気がするのだが、ただでさえ日々時間のなさとストレスに蝕まれているのに
ダメージ感やプレイに追われる感のあるSTGやACTは気が乗らない。
でも360のゲームってみんなそんなんばっかなんだよな。Fallout3が出たいまだからこそオブリって
みようかなぁとも。アセリア以降、オツムの中のファンタジー世界もあまり更新されてないし。
DSでいぬねこでも飼うかいっそ(笑)
でもいぬねこならむしろペットショップで見るだけでも十分だし、ぬいぐるみだってよい。おお、
このウスラハゲ気持ち悪いことに美少女フィギアだけでなくぬいぐるみスキーのケまでありますよ。

困ったことにエロゲーも今ちょっと飽きている。いっそこれを機にグラボ買い換えてなるかなやクルくるを
快適にプレイできるようにしようかしら。

続きの方にブログ拍手レスー。

more...

そろそろG'sの話をするよ。

20081205_s.jpg

というわけで、先日のTRANSLATIONです。
うーん、最近マイあさひの絵柄に知恵が付き始めちゃって、描き始めの頃の無垢な感じが失せてしまった。
そろそろ習作しなおして、リセットかけておこうかなぁ。
今のままの大怪獣あさひでも面白いとは思うけど、自分勝手にキャラ換えしていくのも悪いですからねー。
ちなみにこのネタはあと2本ほど続きます。
ダイジョウブか石川さん。もっと人気とか考慮してヒカルとか氷柱とか麗とか描かなくていいのかよ!
いいよ! だって彼女たちはみんなエロ要員だから!!(それでいいのか)

それはそうと、ただでさえ人手が底割れしてて忙しい我がシフトからさらにクビが出るという笑える事態に。
その心労からか店長が日を追うごとに、植物の成長動画の逆回しのような勢いで弱っていってるのが
店の状況に対して生々しすぎて心配でもあったり。
これは本格的に向こう半年くらい同人には集中できないかもしれません。
同人だけで食うなんて不遜な事は言わないけれど、せめて以前のぬるいシフトを補って今の生活が
安定するくらいに同人収入が安定すればなぁ…。
んーでも石川さんはオタク活動に対して思ったよりバイタリティのない人間なんで、本気で好きではない
作品をリキ入れて描くことができないし、ヌイたペースで刊行数を上げるなんて事もできなんだよねー。
完全に泣き言だけど。でもヌイてる同人誌って結局読まなくなるじゃないですか。
石川さんはもうすっごく読んで欲しい人です。イベントでも端から端まで半笑いで読んで帰ってしまう人とか
いっぱいいるけど、大好きですもんそういう人たち。

続きの方に、表題どおりG'sについて。

more...

もう年末どころか新年号なのにまだこんな事をやっている。

20081203_s.jpg

―――クイズっ!

上のマンガであさひがなんて喋ってるかTRANSLATIONするの。

正解しても特になにもないわ。―――本当よっ!


と、いつぞやの麗っぽく紹介してみました。回答は後日。特に意味はありません。
笑えるかどうかの保証なんてしません。そんなんできればとっくに売れとるわい。

あときょうはもう一つ
某所に投下したブツの見やすい版。久々にこんなん描いた。ちょっと楽しかった。
んー、やっぱアセリアは手に馴染んでるなー。髪型をある程度いい加減にしても取り戻せるほど
雰囲気をつかんでるのは、さすが4年以上同人で描いてきただけの事はあるわ。

ちょっと古くなっちゃったけど続きの方にブログ拍手レス。

more...

大人の階段爆走中。

この頃職場がヒドイ。
・ただでさえ必要最低限の人数でギリギリ回してるのに欠勤の常習犯が出始める
・その埋め合わせのために毎日休日出勤前提で休みを迎える
・冬場の夜間スーパーということで相当寒いのだが暖の取れる場所が一切ない
・社員の指示が極端に異なるため、限られた時間の中でなすべき事の優先順位が日によってバラバラ
・挙句の果てに先月と今月で10万近い給料未払いが発覚

今DVD見ているカイジでもあるまいし、こんなんでやる気が出る奴がいたらマゾもいいとこ。
みんな知ってるか、心が圧迫されるとマンガ一冊読むのも億劫になるんだぜ!
だもんで水飲んだりごはん食べたりしながら適当にテレビやDVDを垂れ流していい加減に
メディアを享受しているこの頃。こうやってオタク離れしてただの社会人になっていくのかなぁ。
なんか涙出そうだ。

もちろんマンガも描けてない。ごめんね、あさひマンガアップするって言ってたけど
まだペン入れ後のスキャンすらしてないのよ。どうやらきょうは出勤せずにすんだので
これから取り込んでトーン張ってってします。
こんなだからか最近浪費癖がまた激しくなってる。給料全然足りないのにアルターはやて買っちゃったしな。

あと、最近絵やマンガを描くことに対して自分がどうしたいのかが混乱し始めている。
落書きをしたいのか、ちゃんと本になるマンガを描きたいのか、単に筆を走らせたいだけなのかが
自分の頭の中で絡まってまるでほどけない。疲労よりもそれが筆を止める原因になってます。
リフレッシュしてないってことなのか。こういう時、人は旅行に行きたくなるのか。
物理的に現実から遠ざかる事で、ホームグラウンドの中で磨り減った余裕を取り戻したくなるのかなー。

結局最近は、がんばるということに苦手意識が芽吹いてしまってます。
もう「がんばる=むだ」がココロの反射として刷り込まれてる気がする。
ところで「ガンバル=ムダ」ってカタカナで書くとイデオンのロボットみたいだよね!
ほらウィットに富んだジョークもスベリまくりだし(それは関係ねえ)

漫画描きつつエロゲやってよう。

あさひマンガ続編執筆中。

あああベビプリのマンガをもっと描きたい。
やっぱなるかなとかうっちゃっちゃっていいですか。

それはさておきこの数日の買い物。

・バカとテストと召喚獣(5)
4巻はちょっとテンション下がったんだけど復帰。表紙のおねーさんがステキ極まる。
嬉しいのは、本シリーズの学園ラブコメとして最大の魅力であるところの「暴行」
俺を魅了した際のレベルまでガッツリ戻っているところ。
開始30ページでバスローブ姿の美女にマウントポジションで暴力を振るわれる主人公とか
井上先生の文章上じゃないと存在が許されないと思うんだ。最高だよ。

お笑いの部分は程ほどにして、ラブの部分も結構多角的に進展を見せています。
前巻のこともあり美波のフラグが揺るがなくなったものの、まだ姫路さんも猛追しており、
しかも工藤さんとよりにもよってムッツリーニがなにやら微妙な空気を出している上に
あの久保利光くんが本気を出し始めたり、ついには秀吉が明久と一緒に風呂に入るとか
言い出したりと、明久くんは男女に秀吉と人類が含有する全ての性別から愛されすぎて
死亡フラグがバキバキです。まぁ実際に死亡回数が多いのは愛がセメントすぎる霧島さんに見初められた
雄二であるわけですけど。

血筋ゆえに明久と玲さんは似てるなー。思考回路がだいぶアレなのは当然として、
異性から好かれるモテモテ外見でもあり、自覚なき他人への思いやりに溢れている。
こういう、モテてしかるべき人物こそラブコメの主人公に相応しい。
エロゲの主人公は大仰な生い立ちや、こんがらがったトラウマ抱え込まされたりするせいで
モテてはいけないようなひんまがりキャラに成り下がるのがイヤなんだよねー。
世の萌えゲ主人公は吉井明久を見習うべきだと思う。
「手首関節の一本や二本外されもしないくせにモテるな!」と言いたい。

・コラボアンソロジー2「"文学少女"はガーゴイルとバカの階段を昇る」
いくらバカテス関連でも、参加作家の半分を知らないなら読むのは難しい、やめようと思ってたけれど、店頭で葉賀ユイさんのイラストを見ていたらそんなんどうでもよくなってきて購入。
まだ読んでません。野村美月の文章読むなんて卓球場シリーズ以来ですけどねー。

・天元突破グレンラガン(3)
モリコタ先生のグレンラガンでも、ついに兄貴が召されました…。
ストデビ時代より画面作りが簡素だという評判もあるそうですが、実は原作のグレンラガンも
部が進むにつれて描きこみを増していく構成なので、今のところはこれで合ってたりします。
先生のスペックに対しこれくらいの画面がいつまで続くかで、手を抜いてるか否かを判断しましょう。
マンガ版グレンラガンのいいところは書評で中島かずきさんも触れてましたが、既に展開したエピソードや
派生作品からネタを拾うスタイルの、そのチョイスと整頓が上手いところ。
すでにキヨウに一目惚れかましてるダヤッカとか、負傷したグレンのモニターを見て青ざめるリーロンとか
うまいなーと思います。
そして連載から大幅に手直しされたギガドリルブレイクの流れは圧巻。
紙面はトーンレスでもすごくてワザとやってんだなーと思ったんだけど。

余談だけど、最近「単行本で手直しとか卑怯じゃね?」って評判を目にした事がありますが、
今現在の連載マンガ執筆密度と単行本商売の連携においては、むしろ単行本作業での手直しすら
セールスポイントにしないとワリに合わないと思います。
週刊連載だと直す時間すら惜しいから一気に仕上げちゃう作家が普通のようですけど、月刊連載、まして
大王のようなライトメディア系の雑誌は現場スタッフさんも少なそうですしねー。

・アイマスベスト「マスターオブマスター」
メリーが聞けるのが嬉しいけど、やっぱベストだから既存版コンプしてる人はいらないのかもー。
後発ユーザーでCDリスト穴だらけの俺には嬉しいアイテム。

・ユニティマリアージュ
2話でさっそくマリエがフェラ、柚乃とベランダで合体してくれたりと嬉しい展開。
エロゲは基本的にこうでいい。行為が即物的である事は作家やブランド個々のスタイルではなく
エロゲの前提であるべきで、「それでも泣ける(萌える)」「だから抜ける」はあとからついて来るべきだと思う。
受け手にとって面白いかどうか、最後まで読まないと分からない紙芝居のご褒美にするには、
最近の業界のエロシーンはあまりにも抜けないんだし。
最近は「話やギャグが面白いのにエロも濃い」ことが作家の好評を生む要素になりつつありますが
本来は逆で、おちんぽに優しい上に他にも楽しませてくれるってのが本道ではないかと。
実質的なエロはないものの、バカテスの井上先生なんかはちゃんとこういう楽しませ方をしてくれますしね。
ギャグが笑えるのを前提に、人物があり、舞台があり、恋愛がある。
メインに据えられているものが作家の持ち味と合致してるから全ての要素が引き立つんだと思う。

話は戻るが、ユニティのお話自体はだいぶぬるいです。残念。
人妻戦隊アイサイガーみたいなもんで、燃えていいのか抜くべきなのか萌えとけばいいのかよくわからん(笑)

・超像クイーンズブレイドVol.2
てのひらサイズのエロフィギアシリーズ。前はノワとリスティしか揃わなかったけど、今回は運良く
3キャラコンプできました。お嬢がエロすぎる…正面から見るだけで乳首丸出しはおかしいだろ。
しかし相変わらずよくできてるなぁ。
エロフィギアは「おっぱいやはいてないが完備されてればあとはどうでもいい」みたいな粗悪品もあるけど
QBの立体は全部いい仕事してますよね。こういう信念で製作できる人を尊敬します。

そんなかんじで。マンガはまた夕方くらいにアップできればいいなぁ。
あぁ湯楽の里いきてえ。明日の仕事明け行ってみようかなぁ。
んーでも石川さんはウスラハゲの粗チンで体型もややブヨっているという人類の汚物なので
公共の場でスッパダカになるのは銭湯でもきついんだよなー。
ゴンゾさん、ストライクウィッチーズ放送中に一騎当千の活躍を果たした湯気さんを貸して下さい(笑)
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。