スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらいました、その愛。

ハートキャッチプリキュア、最後まで俺のハートをキャッチしたまま終わってくれました…。
シリーズ初の外部チームメインの作品にして、最ッッッ高のプリキュアだったと思います。
細かく振り返るのも蛇足なので、シリーズ通して好きだった点をいくつかピックアップ。

・えりか可愛いよえりか
これはもうどうしようもないと思います。ぶっちゃけ、作品としてのハトプリの主人公はつぼみだけれど、
チームであるハートキャッチプリキュアのリーダーは間違いなくえりかだったと思います。
アホだけど裏表なく相手の心情を察し求め、悩み苦しみを解決してあげる姿はたくましく、
微妙にガキ臭さが抜けない中学一年生っぷりが最高に可愛かった。
最終回の顔芸がみんなに伝染している所もすばらしい。きっとゆりさんだってムーンってなってたはず。
いずれにせよ、過去ここまでアホな顔・ダメな姿を連発させられたにも拘らず、お笑いキャラに甘んじず
むしろ愛らしさを加速させていった姿は本当に偉大。

・アクションシーンがガチ
石川さんは早くもマックスハートあたりからプリキュアを捨てていたのですが、その理由がバトルのぬるさ。
なんか適当に取っ組み合いして、ちょっとドジっぽいところ見せて子供の心を掴んで、
最後はマーブルドーン!でおしまい……みたいな印象がずっと続きました。
しかしハトプリの場合、プリキュアに変身した時点で明らかに常人より強くなってる事がよく見て取れ、
しかもそのプリキュアがガチンコの打ち合い蹴りあいをハイスピードで繰り出す姿が普通にカッコイイ。
女の子が戦うんだからエレガントさや愛嬌がいるとか、それは時と場合によるのです。
ではハトプリにはどういう時と場合があったのか。それは次の項に。

・プリキュアに自主的な目的がある
なにげにシリーズ通すと希有な特異点だったりしますね、これ。
今までのプリキュアはどちらかというと巻き込まれ型の戦いを勝ち抜いていき、その中で
敵や味方と通じて生まれたドラマを見せる手法だったように感じますが、ハトプリの場合
こころの種とデザトリアンの存在が、プリキュアに成さねばならぬ目的意識を与えていました。
街のどこかで見知らぬ誰かがピンチに陥っているから助ける、というのはある種「しかたなく」という側面を
含みますが、ハトプリではほぼ全員、つぼみたちが見知っている人たちがデザトリアンにされてしまう。
放っておけない人間だから助ける。それを繰り返すうちに人の尊さを解し、それを護るため自主的に戦う。
そういう「みんなのヒーロー」的側面を持っていたせいか、ハトプリ世界ではわりと街の人々が
プリキュアの存在を知っているという描写が見られました。こういう、居なくならずに愛されるヒーローって
最近珍しいからなお好きでした。

・キャラが活き活きしている
これは特に主観が強い、というかもう好みの問題に近いですが、キャラの個性・活気・生命力が
例年より高かったと思います。
今までのプリキュア人物はなんというか、とりあえず女の子というテンプレートの中に
役割を持たせている
とでも言えばいいのか、立場や役割優先でキャラの性格が弱かった。
しかしつぼみやえりかは役割より性格が優先して描写されており、その感情のためには
時にダメな姿を見せたり、勢いのよさについていくために描画を崩しまくったり(例:大爆発)と
「アニメの中で人物を動かさなければいけない制約」よりも
「中身のある人間をアニメならではの切り口で見せる」感じが強く、見飽きませんでした。
プリキュアといえば途中でメンバーが仲違いして、ピンチを経て仲直りするという百合百合しい
定番エピソードがあったそうですが、今回そういうのがなくてもプリキュアとして成立していたのは
定番など経ずともキャラの完成度が高かった点に根拠があるんじゃないかと。

とまぁ、こんな感じです。
なんか今年からはまたいつもの絵面のプリキュアに見えたので数回見て終わっちゃう気が。
スポンサーサイト

ハイハイ夏休み夏休み

そんなもんにゃあここ10年近く世話んなった覚えはないね。

そんなわけで今週のプリキュアは思いっきり夏休み戒め系の話でした。
ダメ度の高い夏休みの子供達を一斉にデザトリアンにして侵略するという、なかなかスリル溢れる作戦でしたが
プリキュア達の正義の力はそれすらも押さえ込んでみせました~……的なはなしでした。が。



夏休みにかまけて自分のポリシーを
完全に見失ってるえりかマジ可愛い。




そびえるアホ毛と身にまとうは普段以下の普段着のコラボによる圧倒的ヒキニート系ビジュアル。
空腹でもアイス程度しか受け付けないほど弱った胃腸。
砂漠の使徒たちの邪悪な作戦にもうっかり同意しかけるほど腐った性根。
すべてが最低であり、それゆえに最高のネタ回でした。こんなダメな正義の味方見た事ないよ!

最後、学校の必要性を訴えかけるくだりはちょっと力技でしたが、まぁ子供向けの程度で扱うには難関すぎる
ジレンマ問題ですしね。こういう時事に沿った話題を教育的に取り扱えるだけでもたいしたものです。

more...

イージス(笑)

連続してちゃんとプリキュアの記事とか珍しいな俺。

さて今週もアバン無しで始まるという気を持たせる展開でドキドキが止まらないプリキュア。
消化試合のように倒されたデザトリお兄様はともかくとして、一週間に同じ必殺技を二回とか
タンバリン売る気マンマンで微笑ましいです。先んじて実物見てきましたけど出来は激しく微妙
こういうオモチャはたとえ作品が終わってもガチのタンバリンとして使えるとかの方が売れるんだぜ。

しかしバンクシーンの際、お尻でキュートにタンバリンを叩くサンシャインを見て
それにしてもこの生徒会長ノリノリであると言わざるを得なかった。
ちなみに中の人の桑島さんは先週のRAINBOWにも出ていましたが、ものの見事に
男性教師にレイプされた美人女生徒というストロングスタイルすぎる役でした。
桑島さんの役者魂には尊敬すら覚えます。核が落ちてきても声優やってそうだ……。

オモチャの話はさておき、なんだかいきなりこころの大樹が接近するという事態に。
ていうかシプコフにポプリまで、普通にマントになれたんかよ…。
まさか私服に纏うとは思いませんでしたが、スーパーマン飛びするえりかは見ものなのでよし。

襲来したダークさんはさすがに、ひたすら強い。この圧倒的な巨壁感は、ゆるい敵が多めのハトプリでは
状況を大きく引き締める重要人物。デザインも退廃的で好きデスヨー。
変身バンクはサンシャインからブロッサムたちにつなぐ豪華仕様。そしてついに三人用のポーズも。

この回で何気に、サンシャインの加入によって何がもたらされるのかが早くも見えてきた気がします。
まず単純な戦闘力。いつきの武術に加え、ポプリが力の強い妖精である事もあってか攻守多彩で非常に強い。
だがそれよりもっと重要なのは戦闘への積極性に見えます。
いつきは武道家であり、生徒会長という役職もある。そのせいか戦いにおいて視野の広さを感じさせました。
自分がダークさんに打たれてもブロッサムたちに余計な気遣いをさせず、隙も生ませない。
無論ただやられているほど弱くもなければ犠牲の精神に富んでもいない。ほんとに大丈夫だと信じさせて迷わせない。
今までのようにやられそうになったら守り合ってかばい合って、ギリギリで切り抜けるのではなく
長続きし、激しくなる戦いに不安を残さない、安定感のある戦闘スタイルが萌芽しつつあるように見えました。

でも最後に
「アレ? 結局こころの大樹がフラフラ飛んで来なければ、ダークさんに蕾を吹っ飛ばされて
 ポプリが泣く事もなかったんじゃあ……」

って考えちゃう俺はワルイ子。
サンシャイン! 俺のケツをタンバリンでおしおきして! 
大丈夫、それくらいなら入るから!
(なんだと)

逆十字に咲く一輪の花! キュアほりえつみこ!!(ドロローン☆)

若先生がキュアサンシャインを描いてくださるのなら5万は出していい。でもサイバーだけは勘弁な!
こんばんわ、いしかわくらんどです。そう言えばアニメシグルイの三重って桑島さんだっけね。

さてさて、ついに登場しましたよキュアサンシャイン!
界隈でも大ブームになっているようですが、石川さんもご多分に漏れずフィーバーしております。

総作画数5000枚級という狂った所業には確かに頭が下がると同時に、心の中では
「いくらなんでもそこまで描くのは無駄な気が…」と思ってしまうヒネクレ者だったのですが、
実物を見るともうどうでもよくなりますね。
線の一本一本が、太さ細さのレベルでヌニヌニ動きまくる様相は、入魂を感じさせつつも
ある種のキモさすら覚えます。パヤオやディズニーに類する、作画に対する妄執のようなものがある。

しかし細かい技術論はすっ飛ばして、やはりこの変身バンクは凶悪に可愛い!
今まではまだ可愛いもの好きな自分に戸惑いや自重があったいつきが全開(全壊?)になっている様子や
満面の笑みを見るだけでもうお腹がいっぱいで胃がワンナップですよ。

また、今週は新規変身シーンだけに留まらず全体も面白いのが良かったと思う。
これで全体がショボかったらスタッフの限界を感じずにはいられなかったでしょうが、おかげさまで
プリキュアスタッフは新世界の神々で構成されているという事実がよく分かりました。

手術への恐怖から強烈に心を弱らせるさつき。
もともと心の器の大きい人だけに、彼がデザトリアンになってしまえばその強さは恐るべきものになる。
いつもの面々が比較にならないほどの多彩で圧倒的な能力に叩き伏せられるプリキュア。
知り合いが被害者になるケースが当たり前のプリキュアですが、今回は特に熱い展開です。

憧れのプリキュアが自分の家族のために必死に戦っている。
可愛くか弱いポプリがみんなのために力を振り絞っている。
そんな彼女たちのために、そして優しい心の隙を衝かれて苦しめられているお兄様を救うために
たとえプリキュアの夢の記憶が継承されていなくても、自身の心の強さ一つを資格としてプリキュアに覚醒する!!

なんだろうこの少年漫画。そりゃあ島本先生のツイッターも爆発するわ。

そして初変身でも凄まじく強いサンシャイン。
これはいつき本人が武道をたしなんでいたからという説が大きいですが、個人的には
誰かを守りたいという意志の力が最初からバーストしていたからじゃないかと思います。
マリンも最初からけっこう立ち回りましたが、これもブロッサムのピンチを見ていたからであり、
さらにはブロッサムも虐げられた草花を見て決意を固めてから覚醒していますし、プリキュアは
肉体的な素養より心の力に依る所が大きいんでしょう。

さてそしてスパッツですよ
みなさんはヒャッホイしてるようですが、石川さんはやはり不満です。



そこはアンスコだろ、常識的に考えて!!!!!!!!!!!!!!!!
(劇場版ドラゴンボールばりのエクスクラメーションで吼える石川さん)



スパッツでなければ困る理由は分かる。大人のクレームは確かに怖い。
しかしよく考えて欲しい。スパッツである事でプリキュアが面白くなっているわけじゃない
それなのに、ヘソ出しプリプリのルックスがスパッツという微妙なアイテムで
かわいさを押さえ込まれなければならない理由なんて本来どこにも無いのです!
ここまでやるならアンダースコート、しかもフリフリ付き! そう思うだろう、アンタも!?
(戸田泰成作画で迫る石川さん)

服の構造的にレオタードではおかしな事になるのでまぁいいとして、やはりスパッツは変なんですよ…。
ブロッサムやマリンだって、アレは本来レオタードのラインじゃないですか。納得行かないんだよ……。
本当に残念です。大人の事情のせいでデザインを追及できないとかひどすぎます。
そこまで執着するならまずファッションショーモデルのチクビ全員分むしって来いよと本気で思います。
あれこそ大人の事情でモザイク入れるべきだろうに、アレは美だからよいのか。
ちっとも嬉しくねえよあんないい加減な見せ方でドス黒くてありがたみのかけらもない改造チクビ。

そんなわけで狂喜しつつも心の中についたミソが拭いきれないまま終わり
デザトリアン化が期待される石川さんでしたとさ。
フッ、俺がデザトリアンになったら登場から倒されるまで全編モザイクだぜ?

いっ つっ きっ ちゃあァ~~ン!!!

相変わらず毎週、皮膚すら剥ぎ取る勢いの全裸待機で楽しみにしているプリキュアですが、
今週はまぁー素晴らしい明堂院いつき生徒会長の販促回でした。

女の子遊びに開眼していく会長がかわいすぎる!
カワイイ服のデザインをと提案されて、心得もないのについつい描いちゃったり
(当然のようにデキがビミョーなのもベタだがイイ!)
そのスケッチがしっかり褒められて喜んだり
素材屋でしっかり好みを押し出しつつ、集まる素材に胸をときめかせたり
お爺様の手前やっぱり服はいいよと断りつつも最終的に自分で作っちゃったり
しかもその服がめちゃめちゃ似合っててつぼみが再アップを始めたり
後ほど登場したプリキュアのコスチュームにワクテカしたりとか



白状します!
今週初めてえりかよりカワイイ生き物を発見しました!




まぁーこれもある程度放送側の戦略ではあるのかもしれません。
色んな所でネタバレしちゃってるけど、どうも会長が3人目のプリキュアのようなので
一気にかわいい女の子らしくしていかないと色々マズイですものね。
テコイレと言えばそれまでですがあえて言おう。いいねえ、どんどんやってくれたまえ!

話は変わって、最近ヴァイスの影響で遡って禁書目録のアニメを見てたりします。
原作はもう言い回しがアレだったりそもそも文章がどうかしてるので諦めたんですけど、アニメは
その辺りのデメリットがキレイサッパリ殺ぎ落とされているため、ファンの心を掴んだ部分だけを
虚心に観る事ができて、けっこう楽しんでたりします。
犯罪臭の漂うような、色々と幼い女子ばかり寄って来る上条さんのフラグっぷりがおそろしい。

原作のどこをどう捨てて構成してるのかはもちろん知りませんが、少なくともアニメとしては
非常によく出来てて、ラノベ特有の身勝手な作品ルールに視聴者を蹴躓かせることなくすいすい見せてくれる。
そりゃまあ、多分にご都合主義なところはあるんだけど。
プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。