スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうさやめる

橘センセイがみっともなく背を丸めて熟読しているのは間違いなく「ローアングル探偵団※」です。
(※家庭用ゲーム「アマガミ」中に本当に登場するお宝本の誌名)

しかしすごいな、橘さん……。
ギャルゲの主人公が表紙を飾るだけでも快挙なのに、それがエロ本に没頭している後ろ姿なんて
知的生命体であれば例外なく自刎して果てたくなるほどの屈辱なんですけど。

そんな橘さんにアコガレを抱きつつえろまんが購入。
そう、あかざわRED先生の新作「じぇらしっくぱぁ」ですな。
もう「くぱぁ」を自然に介入させたタイトルはねぇべと思っていたが、あかざわ先生の神度は俺ごときの
脳では計りえない境地に達していたようです。見事。

内容もますます見事。ほんと、激しいイチャラブがアタマ悪そうなほど白熱してるんだよなー。
先生のスタイルで独特なのは「イチャラブ風味の特定の性行為」ではなく
「イチャラブが昂じて普通のセックスが激しくなる」という点をしっかり焦点に入れている点だと思います。
まんこに入れながらケツの穴に入れられて…っていうヘドロな関係をここまでライトに激しく描いて下すって
石川さんは感謝感激のあまり一緒に餓狼伝の最新刊を買ってきてしまいました
(お察しの通り、くぱぁと松尾象山先生は最悪の読み合わせでした)

えろまんがの後に紹介するのもなんですが当然紅蓮篇はセル限定版を買ったよ!
面白かったけどやっぱりシモンの覚醒はテレビ版の方がかっこいいね!
スポンサーサイト

貴女は輝日東のパピヨン

ふかふかクリアしてきました。かわいかった。
ところどころ某あきら様の影がチラつくのは自分が悪いのでもう諦めました(笑)
プレイ連打でのめり込むのは2周までで、あとはみっちりゆったりやろうと思います。
会話の制御法もだいぶ掴めたので、攻略にかけて残しているのはルート制御くらいでしょうか。

ああぁアマガミのエロ同人作りたくなってきた。いいのかなぁこんなんで俺。
続きの方にふかふかの感想を。感想くらい同人誌で書いて出版しろよと思うけどさ。

前にも書きましたが、最近食中りならぬ「萌え中り」気味で困っています。
なんつうか、最近は新規の漫画購読を開拓しようにも「萌え」「ゆる系」「脱力」「日常系」の名の元に
作家の研鑚が見られなくなっている気がして、本屋に行くたび手ぶらゲンナリで帰ってきちゃう事が多くて。

萌えメインである事や美少女ばかりである事を否定しているわけではありません。
問題なのはそれらが「それさえあれば他はどうでもいいんでしょ?」という気質が
作品の面白みより先にガスガス感じられちゃうところにあるんです。しかもそれらの客ナメな気概は
作家の実力より先に作品自体の掲載企画を通した編集・出版部に感じられるというか。
こう書いちゃうと一部のメディアミックス系雑誌ばかり槍玉に挙げちゃう言いぶんにとられそうですが…
なんていえばいいのかなぁ、歯に衣着せず言っちゃうと
「あらゆる意味で他人から金をもらって原稿を描いていいレベルじゃない作家が商業市場に
吸い上げられている」と言うと一番しっくり来ます。要するに商業市場に素人が流入してる事が
酷く不愉快なんですかね?(聞くな

商業スタンダードで頑張る事はいいことです。大規模の作品が描けるし、見てもらう人も増える。
ただそのための下準備をするのは業界に対する作家の礼儀じゃないのかなーと。
そして、出版サイドの役目の中にはそういう気概を理解している有望な新人を囲うだけでなく
長期的に使い物になるように育てる事もあるんじゃないかなぁ。
まぁメディアミックス系の雑誌にとっての作家は目に見えて質より量を要求してるし、そうでないと
間に合わないのもわかるけど、だからってほっぽりっぱなしだと俺みたいなロクデナシ購読者が飽和して
最悪の不況に陥るような気がする。正直、俺自身の目が肥えているとは思ってもいない。
むしろもっといろんな物を見れるように助けて欲しいくらい。

そこへきて今はエロ漫画のほうが優れてると思ってしまうのは、もはや市場が底辺過ぎて生存競争に
必死であり、その必死さ尽くすには作家としての研鑚以外ありえないという窮境がなせているのかも
しれません。もちろんエロマンガだから衣装どころか背景すら描かれる事が少なく…って作家も
多いけれど、その分エロに対する頑張りは、すごい人は純粋にすごいからなぁ。

んなわけで最近ずっと読んでるのは蒼天航路、ヴィンランドサガ、シグルイだけ。
漫画は絵が命であり、その絵の力が各作とも半端じゃないです。
まだ連載中とはいえ、特に幸村先生のキチガイじみた画力の進化は留まるところを知らない。
アシェラッドの顔つきがどんどんとんでもない事になって行ってて見ごたえが尽きない。

そんなわけで、アマガミの同人誌でふかふかとふかふかしてぇなぁと思いつつも
描く側としてはそろそろ萌えを捨ててバトル一色にしてみようかなぁとか考えている
分裂思考気味の石川さんなのでした。久々になるかなの絵を描きたくなってきた。
(えっ、現在進行で同人誌描いてるんじゃないの?)

more...

ふかふかさんが○○○作りを始めるようです 【第一回】

アマガミファーストプレイ、無事里穂子のスキルートをベストクリア。ふにゃふにゃしてて可愛かった。
TLSから今までは良くも悪くもおままごとのような男女関係を表現してきてたんだけど、アマガミは
けっこう色っぽいというかあざといというか、流行りの漫画のような媚びがあって面白いです。
とっつきにくそうなシステムだけどわりとサクサク進めましたし。
でも運任せの要素が全くなさそうだから神風起きなかったりするのかも。

次のターゲットは河岸を変えて中多さんに。ワケあり。
そのワケは続きの方に。ネタバレ含みますので最低でも一周終えてる方だけどうぞ。

more...

目覚める変態紳士の魂

というわけで、色々悶着しましたがアマガミ、無事ドラマCD付きで購入しました!
今日ばかりはトゥルー長男の肩書きもかなぐり捨てて
今日という日に限って心がきれいなトゥルー姉妹筆頭の綿雪なのは皮肉か?)
一人くらいはクリアするまでどっぷりアマガもうと思います。
というわけで1週間くらい進めてきたので、続きの方に各方面の第一印象などを。
今までろくすっぽ情報を入れなったおかげで新鮮で楽しい!

more...

簡潔に。

何度か長文書いて全部消えたから簡素にファミ通の事だけ書く。
アマガミのことなので続きの方に。

more...

プロフィール

石川蔵人

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。