スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカンこれ ~角川、コレヨリ危険な領域ニ突入ス!~

またまた唐突に。

角川が艦これを題材にした投稿作品を「艦これ大賞」を立てて公募していたが、なんだかの理由で休止したらしい。
正直なところそもそもそんな事をやっていた事自体ほとんど知られていなかったでしょーが、まぁ集まらないにもそれなりに理由ってもんがあるだろうと思い、記事を立ち上げてみました。

角川というと少年エース。少年エースといえば涼宮ハルヒだかで同人作家がやらかした雑誌です。
いまだ頑張っているツガノガク先生やぷよ。先生ではなく、かなり昔の話なのでひとつ解説を入れておくと、ツガノ先生のいわゆる「原作コミカライズ」より先に、とある同人作家を起用し公式作品としてのハルヒが描かれていたのですが、この作家さんが連載中にハルヒのエロ同人を出してしまい連載自体が途中でなかった事にされたという経緯がありました。
後日譚として、また別のエロマンガ家&エロ同人描きさんにオファーが行ったものの
「活動の自由が制限される仕事はお断りしたい」という話もあったらしいです。
ともあれ、公式作品とエロ同人のダブルスタンダードはまぁさすがにアウトでしょう。
矢吹健太朗先生がコミケでモモやヤミちゃんにちんぽ突っ込む漫画を描くようなモンですから。
そんなんより本編の方がもっとエロいしな!

それが今回のなにと関係があるかと言うと、まぁ角川に限った判断ではないと思いますが
「商業でコミカライズを担当すると完全自由な同人活動ができなくなる」という一つの職業倫理的な常識を改めて浮き彫りにした事件だったのは間違いないと思います。
で、「艦これ大賞」が維持できるほどのペースと質で作品が集まらなかったのもこの辺に理由があるかなーと思ったりするわけで。もしかしたら大賞の募集要綱にその辺の記述が既にあったかもしれませんがそこまでは知りませんし調べようとも思いません。ていうかコミカライズ業の常識だと思ってました。

ぼくは艦これはヴァイスシュヴァルツ程度しか知りませんが、おそらく世の中で提督業と同人活動を並行している作家さんたちにとって、少なくとも艦これはそういう戒めをかけられたくない作品なのだろうなーと思いました。言い換えれば、遊んで楽しむ作品として艦これは多くの人にとって現在トップすぎるのでしょう。
それだけ人気と認知があるだけに角川さんも公募に乗り出してみたんでしょうが、世間は商業が思う以上に同人的な楽しみを求めていたというところでしょうか。察するに大賞で作家を募集して、艦これを題材にした、今で言う「学園チャイカ」や「まんがタイムきららマギカ」、まさに「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」のような『公式同人』を立ち上げたかったんでしょうね。
艦これもPSvitaに移植されるらしいですし、そうしてまた間口が広がる前に「艦これの漫画と言えば角川雑誌」みたいな門戸を開いておきたかったのかもしれません。ケロケロAという冒険雑誌をブシロードに食い取られた、じつに角川らしい企業戦略です。
こういう作品の場合はなまじ腕の立つ漫画家さんよりも、たった今ネット等で集中的な人気を集めているアマチュアや同人屋さんを引き立てた方が支持が付き易く、人気は後からついて来れば良いというのは既に実例がいくつもあり理解できますが、まぁ今時そんな守株みたいな小賢しいマネをするくらいなら今連載を持っていない漫画家さんに艦これを与えた方が手っ取り早くて手堅い気もします。

そもそも同人屋を同人屋のまま引き上げて使うのは商業市場が不健全・努力不全に見え、並べて読者からはいい感情を持たれにくいものだと感じますが、まぁクールジャパン産業(草)なんて売れれば何でもいいのでしょう。そんなしんどい市場で何年、十年と生き残っていく作家さんが即売性を殺ぎ落とし、本物の技量とセンスでナショナルなクリエイターになって「日本のオタクエンタメはこんなにすごい」みたいな感じになってるんだと思います。

この件とは別に最近、とある作家さんが
「企画会議も通った作品を納得いかない経緯でボツにされたのでネットユーザーの皆さん評価して下さい」
みたいな感じで自作を公開していましたが、ぼくはそれよりも
わずか12作品しか集まらなかったという艦これ大賞の応募作
が見てみたいです。応募した作家さん、大賞が完全に白紙になったら同人誌にしてくれませんかね?
スポンサーサイト

やっぱこの形式いいな

ブログって意外と落ち着く。
どうでもいいけどブログをよく「ブゴル」って打ち間違えるのは俺だけではないはず。

それはさておき「アウトブレイク・カンパニー」のアニメ見ました。
原作既読組的にはおおむね満足です。でも流行らないだろうな(笑)

映像も大体キレイ。ファンタジー感を出すために線がライトブラウンだったりするのにちょいと違和感ありますが
元のキャラデザのゆーげん師が結構クセのある画風なのでリファインも一癖あった方が映えるんじゃないかと。
個人的には背景ビジュアルが特筆でした。いい雰囲気出してる。

巷でよく言われるのは「主人公が寒い・ウザイ」という感想。
まぁ本作の主人公・慎一は良くも悪くもオタクの凝集した奴なので今はこれでいいんです。
映像中では語られませんでしたが、父が現役ラノベ作家(おそらく榊一郎先生本人がモデル)で
母親が元エロゲンガーというサブカル一家で、単に作品を嗜好するだけでなく、実際にそれを作っている人間が
どういう考えを持ち、創り、悩んでいるかというのも少々知っている身。
慎一は誰にもない才能で問題を解決する主人公ではなく、どっちかというと裸一貫体当たりで解決していく
タイプの少年なのでまぁ問題発生するまでは生暖かく見守ってあげて下さい。

もひとつよく言われるのは「小さく仕込んであったパロネタが寒い」ということ。
これはもうしょうがないです。
慎一はアニメからエロゲまで見境なく摂取する雑食オタクなので、特定の何かを強くアピールすると
慎一の性格はおろか、作品の方向性自体に関わってくるのかなーと思います。

ヒロイン群ですがペドラルカさんが可愛くて何よりです。
幼女にして真性包茎、もとい神聖皇帝の彼女ですが、彼女の立ち位置は
「異世界人に取って未知の、オタク文化を教える」という行為に対する”成果”を端的に見せてくれる
重要な一人なので、強烈にキャラが立っててくれないと困る。
ミュセルも程よくかわいいですね。三森さんの演技がはまっていて、生来ではなく
被差別対象であるがゆえの気の小ささ、性格の弱さが感じられます。

OPでやたらアニメ用の新キャラが目立ってましたが、これはあれかね、ロイクとよく喧嘩してるドワーフかな。
それなら原作的にも準レギュラーの頻度で登場するのでそんなに話は曲がらないかな。

つよくてクソゲーム

日常的な事は、ある時にピクシブのスタックフィードで済ませるようになって早数年。
そこではちょっと書ききれない、ないし憚られるような内容を含むのでこっちを再始動。
最近読んでるラノベのことで、興味深い対比体験になったなーと思って。

■「アウトブレイク・カンパニー ~萌える侵略者~」(榊一郎・講談社ラノベ文庫)
最近アニメ化も決定した大ベテランの直近シリーズ。
ベテランだけあって文章はとっつきやすい反面、ノリが若干古い感じ。

■「竜殺しの過ごす日々」(赤雪トナ・ヒーロー文庫)
これまた最近の作品。ぶっちゃけ今回ズタズタにするのはこっちの方

more...

サーベルタイガーの悲哀

モバマスが絶好調で頭打ちになってきてつまんなくなってきたため、衝動に耐え切れず
「スクライドALTERATION -Quan-」購入。その結果………

more...

ホライゾンII-2薀蓄(いいタイトル思いつかなかった)

そんなわけで3話を前夜に控えた今更自己確認も含めた薀蓄を。
より詳細なのはwikiとかニコ動見ればいいんだよ!ここ俺ルールだから!

more...

プロフィール

Author:石川蔵人
基本的に何もやってません。消費者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。